ママブログCheerful Mother!

札幌/アラフォー年子ママの、子育て、美容、暮らしのブログ。 ”ちあふる” は「陽気な」という意味。

幼児ポピー年中「あかどり」は運筆、ひらがな、数字が学べる本格的なドリルで1100円!

2019/01/07

幼児ポピーの年中(あかどり)教材

幼児ポピーを始めて2年目に突入しました。

年中さんに進級し今月から年中教材「あかどり」がスタートです。

 

*幼児ポピーのメリット、デメリット、学習効果は下の記事を読んでください。

【幼児ポピーを口コミ】くもん不要。ひらがな、数字の勉強はポピーで十分!

 

この記事では「あかどり」の教材を詳しくご紹介します。

 

ひらがなの読み書きや数字など、本格的なお勉強がスタートする年中教材。

そろそろ小学校入学準備を始めたいと思っている方にもとてもオススメですので、最後まで読んでぜひポピーを体験してみてください。

いますぐ幼児ポピーの公式ページをみる!

「あかどり」教材内容

幼児ポピーの年中さんは行事や季節の草花などを学ぶ「わあくん」と、数字やひらがなの学習をする「ドリるん」の2本立てになります。

ワークブック「わあくん」

幼児ポピー年中(あかどり)わあくん

「わあくん」はシール貼りや季節の草花、行事、物語を学ぶワークブックです。

カラフルで厚手の紙で出来ており、お勉強というより親子で楽しみながら身の回りのことを学ぶための教材です。

 

ひらがなや数字の勉強も大事ですが、季節や行事、世の中のルールなどもきちんと身につけて欲しいですよね。

そういった内容が自然と学べる内容構成になってます。

 

4月号ではシール貼りをしてお花見弁当を作ったり↓

わあくんの内容

 

 

春の草花、虫などを学びます↓

幼児ポピー年中(あかどり)わあくんの内容

 

家でできる簡単な実験コーナーもあり「親子で遊びながら学ぶ」を促す教材です。

幼児ポピー年中(あかどり)わあくんの内容

 

最後は物語も付いてます。

今月は1本のわらしべを大事にしていたら最後にはお金持ちになったという「わらしべちょうじゃ」でした。

幼児ポピー年中(あかどり)わあくんの内容

 

また4月号は特別教材が付いてます(特別教材は年4回)。

今回の特別教材は「えあわせカード」。神経衰弱やババ抜きができるトランプのようなカードでした↓

幼児ポピー年中(あかどり)の特別教材

 

「わあくん」は年少教材「きいどり」と似た感じですね。

年少からポピーをやっている人には、なじみある感じで取り組みやすいと思います。

 

ひらがな、数字のお勉強「ドリるん」

幼児ポピー年中(あかどり)のドリル

「ドリるん」は運筆やひらがな、数字を学ぶ本格的な学習教材です。(おそらく”ドリル” をもじって「ドリるん」という名前にしたんだと思います)

 

ボリュームも結構あり、ページ数は42ページ。

週2〜3日のペースで習慣的にやらないと1ヶ月で終わらないです。

 

幼児ポピーの年少教材はお勉強色が弱かったので「これで大丈夫なのかな?」と少し心配でしたが、年中になり「ドリるん」が始まるといよいよ本格的に勉強させる時期がきたんだ・・・と親としても気が引き締まりました。

 

4月号の目次がこちらです↓

幼児ポピー年中(あかどり)のドリるん

 

 

左ページは同じもの同士を集める「グルーピング」。右は運筆練習です↓

幼児ポピー年中(あかどり)のドリル

 

言葉を作ったり、ひらがなの読み練習↓

幼児ポピー年中(あかどり)のドリル

 

めいろをしながら運筆の練習に↓

幼児ポピー年中(あかどり)のドリル

 

今月は「へ」と「く」を書く練習。

50音を12ヶ月で学んでいくスタイルなのかな?簡単なひらがなから練習していくようです。

幼児ポピー年中(あかどり)のドリル(ひらがな)

幼児ポピー年中(あかどり)のドリル(ひらがな)

 

4月号ということもあって、娘には比較的簡単なようですが、それでも苦手な「迷路」が出来なかったり、運筆が雑だったりと課題がたくさん見つかりました。

 

市販のドリルだと難しすぎてイヤになったり、逆に簡単すぎて一気にやって終わってしまったりと教材選びが難しいですが、通信教育だと簡単なところから順番に送られてくるので、毎月コツコツと段階的に身につけていける点がいいと感じます。

いますぐ幼児ポピーの公式ページをみる!

幼児ポピーでどんな効果が見こめるの?

この記事を読んでいる方が一番求めているのはきっと「お勉強ができるようになってほしい」だと思います。

 

ポピーをやっていれば勉強ができるようになるか?と聞かれたらその答えは「人それぞれ」でしょう。

毎月きた教材をただこなすだけでは正直「勉強ができるようになる!」とは言いきれません。

 

でも、

 

・ポピーを通して苦手なところを発見しフォローする

・親子で一緒にポピーをやって「勉強って楽しい!」と子どもに思わせる

・上手にできたら思いっきり褒めて成功体験を積ませる

 

上記のような取り組みをすれば子どもは勉強好きになり、勉強ができる子になると思います。

 

実際、うちの子たちは毎月ポピーが届くのをすごく楽しみにしていて「もっと勉強したい!」と言います。

ポピーを通して毎月繰り返し学習をすることで、苦手だった問題が解けるようになったり、読めなかった文字が読めるようになっていたりと子どもの成長をすごく感じます。

 

幼児ポピーのメリット、デメリット、学習効果については下の記事に詳しく書いているので気になる方は読んでみてくださいね。

【幼児ポピーを口コミ】くもん不要。ひらがな、数字の勉強はポピーで十分!

 

いますぐ幼児ポピーの公式ページをみる!

まずは無料おためし教材をやってみよう!

幼児ポピーの料金は2歳児と年少が月額980円。年中と年長は月額1100円です。

(2019年3月号までは年中、年長も980円)

 

年少の時から安くて質のいい教材だと思ってましたが、年中「あかどり」が始まりボリュームも増えますますコストパフォーマンスの良さを実感しています。

 

「おもちゃなどの付録はいらない」「ドリルとワークブックだけでいい」というご家庭には、他社よりも断然安い幼児ポピーはおすすめです。

 

手ごろな価格で続けやすく幼児の家庭学習にはとてもいい教材なので、ぜひおためし教材だけでも申し込んでみてくださいね。

幼児ポピーの無料おためし教材の申し込みはこちら↓ 

 

子育てママにおすすめの記事
▼スマイルゼミに「幼児コース」が新登場。本格的なタブレット学習がついに幼児でも!
タブレット通信教育で満足度No.1の「スマイルゼミ」で新しく幼児コースがスタート。
タブレット学習に興味がある方は必見ですよ!
スマイルゼミの幼児コース
▼【幼児向け通信教育】おすすめをフローチャートで診断!お子さまにピッタリなのはどれ?
フローチャートでお子様にぴったりの通信教育を診断してみませんか?
目的別、タイプ別におすすめの教材をご紹介してます。
幼児のおすすめ通信教育診断 フローチャート
▼オイシックスのミールキット「kit Oisix」を口コミ!夕飯作りの負担を減らしたい主婦にすごくおすすめです
包丁いらず!たった20分でメインと副菜の2品が作れるオイシックスのミールキットレビュー。
何かと忙しいママは必見です!
KitOisix キット オイシックス

adsense


スポンサーリンク

adsense関連記事



リンクユニット




リンクユニット




-幼児ポピー, 通信教育