ママブログCheerful Mother!

札幌/アラフォー年子ママの、子育て、お出かけ、ライフハックブログ

知育・教育

ポピーキッズイングリッシュどのレベルを選べばいい?教材、カリキュラムを詳しく解説!お試し音声もあります

ポピーキッズイングリッシュ

先日「2019年4月に月刊ポピーで英語教材がスタート【ポピー Kids English】で「聞く」「話す」の基礎を養おう」でお知らせしました通り、2019年4月より月刊ポピーで年長〜小学校2年生向けの英語の通信教育が始まります!

 

教材名は「ポピーキッズイングリッシュ(ポピー Kids English)」

 

ポピーキッズイングリッシュは小学校3年生から始まる英語の授業にスムーズに取り組めるよう、年長〜小2の時期に家庭で楽しく英語の準備ができる教材です。

教材には小4までに習う単語や表現がすべて収録されています。

 

ちなみに、我が家は年少の時から週1で英語教室に通ってますが、ポピーキッズイングリッシュのカリキュラム内容(単語、表現)はその英語教室でやっている内容とすごく似てます!

 

英語教室は月1万円ぐらいするのですが、ポピーキッズイングリッシュなら毎月1680円で済むのでリーズナブルでいいなぁと心が揺れています(笑)

 

この記事ではポピーキッズイングリッシュの教材内容とカリキュラムをレベル別にご紹介

 

レベル選びにお悩みの方は、この記事を最後まで読んでどこからスタートするのがベストか見極めてくださいね。

 

また、いますぐスマホやPCで聞けるおためし音声もありますのでぜひ最後まで読んでください。

→「ポピー Kids English」の公式ページ&おためし見本申し込みはこちら(無料)

ポピーキッズイングリッシュの目的

2020年より小学校3年生から英語教育が始まり、すべての小学校で必修化することが予定されています。

 

これは現在小5で行われている外国語活動を小3に前倒してスタートするということです。

 

教科ではないので成績はつきませんが、アルファベットを書いたり、身近な色や動物の鳴き声などを英語で表現したりします。

 

ポピーキッズイングリッシュはこのような背景をふまえ、小3からスタートする英語の授業にスムーズに取り組めるよう家庭で準備するための教材です。

 

年長〜小2の時期にポピーキッズイングリッシュで家庭学習をすることで、小3、小4にならう単語や表現を先取りして身につけることができます。

→「ポピー Kids English」の公式ページ&おためし見本申し込みはこちら(無料)

レベルと推奨年齢

ポピーキッズイングリッシュの教材はレベル1、レベル2、レベル3の3段階あり、主に年長〜小2の子を対象としている教材です。

 

年長→レベル1

小1→レベル2

小2→レベル3

 

からの受講を推奨しています。

 

この推奨年齢は小3から始まる英語の授業の準備をしておくための目安となりますが、前後1学年の子にも使えるということです。

 

(前後2学年以上の子でも申し込めるのか気になりますね。。。)

 

下のレベルで出てきた単語や表現は次のレベルでもくりかえし出てくるので、レベル3から始めてもレベル1や2の単語や表現をまったく学べないわけではありません。

 

推奨年齢を設定していますが、

 

「英語にまったく触れたことがないから無理なく取り組むために前のレベルから」

「すでに英語学習をしていて英語に慣れているから1つ上のレベルから」

 

など、お子さまの状況に合わせてレベルを選ぶと良さそうです。

→「ポピー Kids English」の公式ページ&おためし見本申し込みはこちら(無料)

教材内容

ポピーキッズイングリッシュの教材内容を紹介します。

ポピペンBook(毎月)

ポピーキッズイングリッシュは「ポピペン」と言われるタッチペンを使って学習を進めていきます。

 

毎月届く教材「ポピペンBook」の絵や吹き出しをこのポピペンでタッチすると、単語や表現(フレーズ)を英語で読み上げてくれます。

 

なおポピペンは初回に購入する必要があり、税込3,300円です。

ポピペン

 

このポピペンに対応した教材「ポピペンBook」が毎月届きます。

 

ポピペンBookは「ストーリーページ」「ドリルページ」「絵じてんページ」「アルファベットページ」で構成。

 

「ストーリーページ」ではストーリーをとおして単語や表現に触れていきます。

ポピーキッズイングリッシュ

 

「ドリルページ」では迷路や絵の中からあてはまるものを見つける、クイズなどの知育をとおして英語を学んでいきます。

 

「絵じてんページ」ではその月の主要単語や表現をまとめているページです。

毎月の絵じてんページを切り取ってファイリングしていくと、オリジナルの絵じてんが完成します。

ポピペンの録音機能を使って自分の発音を聞いて確認することもできます。

 

 

「アルファベットページ」はレベル2とレベル3のみになりますが、レベル2ではアルファベットの大文字、レベル3では小文字を学んでいきます。

→「ポピー Kids English」の公式ページ&おためし見本申し込みはこちら(無料)

おはなしBook(毎月)

有名なおはなしの英語本で、CDで聞きながら読むことができます。

誌面には日本語もあるので、内容が理解できないという心配はありません。

CD(4月、8月、12月にお届け)

CDは4月、8月、12月に届きます。

ポピペンBookの歌やチャンツ、おはなしBookの朗読が収録されています。

 

ところで、4月、8月、12月以外に入会した場合にCDがもらえるのか気になりますね。。。

 

おそらく4月に届くCDに4月〜7月の内容が収録されていると思うのですが、5月〜7月に入会した場合この期間のCDは無しという扱いなんですかね?

 

私は英語ができないのでCDが無いのはとても困る!

 

4月、8月、12月以外に入会してもCDはもらえるようにして欲しいものです。

付録

ポスター(5月)、シール(6月、9月、1月)、カードゲーム(8月)、テーブルゲーム(10月)の付録があります。

 

うちの子たちは幼児ポピーに付いてくるカードゲームやすごろくが大好きなので、ポピーキッズイングリッシュのカードゲーム、テーブルゲームもとても気になります!

 

アナログなゲームって家族みんなでできて楽しめるので家族のだんらんにもってこい。

こういった付録は大歓迎です!!!

親用ガイド(毎月)

ポピーキッズイングリッシュは親が子どもに教える教材ではなく、子ども自身で楽しみながら英語に親しむように作られています。

なので、親が英語が苦手でも問題なし。

親用ガイドも毎月あるので、英語ができない親向けのフォローもバッチリです。

→「ポピー Kids English」の公式ページ&おためし見本申し込みはこちら(無料)

<レベル別>難易度と年間カリキュラム

次にレベル別の内容と年間カリキュラムを紹介します。

レベルによって難易度がかなりちがうので、年齢よりもお子さまの状況に合わせて教材を選んだ方が無難だと思います。

レベル1(推奨年齢:年長)

レベル1では、家庭生活を中心に身近な単語や表現に触れます。

単語では、「色」「10までの数」「衣類」「食べ物」など。

挨拶をはじめとした家族間でよく使われる基本的な短い表現(Let's〜. とか This is 〜.など)を学んでいきます。

ポピーキッズイングリッシュ

 

年間カリキュラムはこちら

レベル2(推奨年齢:小1)

レベル2では家庭から友達関係へとコミュニケーション範囲が広がります。

小3で学ぶ単語や表現がすべて収録されており、単語では「スポーツ」や「感情」なども出てきます。

表現は「やりとり」がスタートし、「Do you like〜?」「Yes,I do.」「No,I don't.」など質問と答えなども学んでいきます。

 

年間カリキュラムはこちら

レベル3(推奨年齢:小2)

学校や季節行事も扱い、さらに世界が広がります。

小4で学ぶ単語や表現がすべて収録されており、単語では曜日、月、日、日課などが出てきます。

表現ではさらに長いやりとり(What do you want?、How's the weather?など)が始まります。

 

年間カリキュラムはこちら

→「ポピー Kids English」の公式ページ&おためし見本申し込みはこちら(無料)

さいごに:スマホでいますぐお試し音声を聞いてみよう!

ポピーキッズイングリッシュで小学校4年生までの単語、表現が家庭で先取り学習できるのはとても魅力ですよね。

値段も毎月1,680円(別途、初回のみポピペン代3,300円必要)と、比較的安めなのも助かります。

 

なお、いますぐスマホやPCでポピーキッズイングリッシュの教材体験&視聴もできますよ!

ぜひ、下のリンクをクリックして「音声を聴いてみる」ボタンから教材体験&視聴をしてみてくださいね↓

ポピーキッズイングリッシュのお試し音声はこちら

 

我が家では週1で通っている英語教室の復習のために「ポピーキッズイングリッシュ」を取ろうかなと前向きに検討中です。

 

とても良さそうな教材なので気になるかたはおためし見本もチェックしてみてくださいね↓

「ポピー Kids English」のおためし見本を申し込む(無料)

子育てママにおすすめの記事
▼【幼児向け通信教育】おすすめをフローチャートで診断!お子さまにピッタリなのはどれ?
フローチャートでお子様にぴったりの通信教育を診断してみませんか?
目的別、タイプ別におすすめの教材をご紹介してます。 幼児のおすすめ通信教育診断 フローチャート
▼【RISUきっず】幼児が1人で遊びながら算数を先取り学習できるおすすめ教材!
小学校の算数を先取りできる幼児向けタブレット学習教材「RISUきっず」
遊び感覚で学習を進められ、自然と計算ができるようになったり時計が読めるようになります! RISUきっず
  ▼アアラフォー主婦ミュゼに行く!しつこい勧誘はある?100円脱毛のカラクリを暴きます/a>
100円で両ワキとVラインがツルツルになるまで脱毛通い放題のミュゼレポ。
100円だけで本当に済まされるの?と不安な方へ、ミュゼの勧誘具合、カラクリを教えます。 脱毛サロンミュゼ

adsense


スポンサーリンク

adsense関連記事



リンクユニット




リンクユニット




-知育・教育