教える

計算が早くなる!繰り上がりのある1桁の足し算【36パターン】は暗記しよう

ゆっこ

高学歴な専業主婦。小学生の娘と幼稚園の息子がいます。「子供の可能性をグーンと引き出したい!」をモットーにゆるくたのしく勉強や習い事をさせてます。

計算が早くなるには1桁どうしの足し算は暗記しよう

計算が遅い・・・

いつまでも指を使って計算している・・・

 

そんなお悩みありませんか?

 

計算が早くなるには計算練習を重ね「数字に慣れる」が大事ですよね。

 

数字に慣れるとは、例えば、「6+7はいくつ?」と聞いたらすぐに「13!」と答えられることです。

 

指折り数えたり、「6+7ってことは6+4+3だから答えは13」と考えるのではなく、

「6+7」と聞いたら条件反射で「13」と答えられる。

 

具体的には「7+6」とか「8+7」など、繰り上がりのある1桁どうしの足し算【36パターン】を九九のように覚え即答できるレベルにするといいです。

 

繰り上がりのある1桁どうしの足し算【36パターン】を覚えるだけで、かなり計算が早くなりますよ。

 

この記事では、36パターン覚えると計算が早くなるよ!ということを書いてます。

 

お子さんの計算が遅くてお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

「さくらんぼ計算」は時間がかかる

1年生では繰り上がりのある計算を解く方法として「さくらんぼ計算」を習いますよね。

 

こういうやつです↓さくらんぼ計算のやり方

さくらんぼ計算で「6+7」を解く

  1. 6に4を足せば10になるので、7を4と3に分ける
  2. 6+4=10、残った3を足して、答えは13

 

大人でも頭の中でさくらんぼ計算をしている人は多いと思います(私はたまにやってます、笑)。

 

さくらんぼ計算を覚えれば応用がきくので、解き方の1つとしてこのやり方を教えるのはごく自然ですよね。

 

ただ、さくらんぼ計算は答えが出るまでに時間がかかります。

 

1桁どうしの計算ならまだいいですが、2桁以上の足し算や筆算になったとき、1桁どうしの計算がスムーズにできないと計算にすごく時間がかかってしまうんですよね。

 

例えば「28+17」の筆算を解くとき、1の位の「8+7」が即答できない子は遅くなります。

筆算では1桁どうしの計算がスムーズにできることが重要

 

計算が早い子は「8+7=15」と瞬時に出てくるので、スムーズに「28+17」が解けます。

 

そこで計算が遅くてお悩みの子にオススメの方法が繰り上がりのある1桁どうしの足し算を暗記してしまうことです。

繰り上がりのある1桁の足し算は36パターンだけ!暗記しよう

繰り上がりのある足し算36パターン

繰り上がりのある1桁どうしの足し算36パターン PDFダウンロードはこちら

 

繰り上がりのある1桁どうしの足し算はたった36パターンしかありません。

 

九九を覚えるように、この36パターンも暗記して瞬時に答えられるようにしておくと、ケアレスミスが防げるし計算も早くなるというわけです。

 

この方法は、AERA with Kids(2020年 夏号)でも紹介されていました↓

aera-with kids

Aera with kids 2020年 夏号

 

我が家ではこの表を印刷し、机に貼ってます。

 

すると、それまで指折り数えて計算していた娘も、「7+6=?」と聞いたらすぐに答えられるようになってきました。

 

小学校教員のための教育情報メディア「みんなの教育技術」でも、さくらんぼ計算を繰り返しても、この延長線上に「7+8=?」を瞬時に答える子供の姿を想定することができないとあり、36パターンを覚えてしまおうと提案しています。

参考記事新学期の学力格差は「さかのぼり指導」で解決【先生のための学校】

まとめ:計算が早くなる!繰り上がりのある1桁の足し算を暗記しよう

1桁どうしのうちは指おり数えたり、さくらんぼ計算をすれば解くことができますよね。

 

なので、わざわざ暗記しなくても小学校1年生のうちは大して困らないかもしれません。

 

ただ、その後もっと大きな数の計算になったとき、1桁どうしの足し算が即答できるかどうかは計算スピードに大きく関わります。

 

1桁どうしの足し算の答えが即答できる子は、計算が早いです。

 

計算ドリルを繰り返すうちに自然と覚えてしまう子も多いと思うので、計算練習を繰り返すのがいいかもしれませんね。

 

計算が苦手な子、計算が遅い子は、意識して1桁どうしの足し算を暗記するように心がけるといいと思います。

お子さんが学校の授業をちゃんと理解しているか、時々不安になりませんか?

低学年は勉強の基礎を作る大切な時期ですよね。

 

学校の授業をしっかり理解しきちんと自分のものにしていかないと、今後の学業がとても心配です。

 

我が家では現在「小学ポピー」と「進研ゼミ小学講座」を両方受講してますが、子供がどのぐらい学校の勉強を理解できてるかチェックできてかなり助かってます。

 

ゆっこ
テストが返却されて初めて子供の実力を知ってからだと取り返すのが大変!

手遅れにならないよう日々チェックするのが大事!

 

学校の授業についていってるか不安な方は「小学ポピー」「進研ゼミ小学講座」など、教科書準拠の通信教育 おすすめです♪

 

どちらの教材も無料でボリュームたっぷりのおためし教材がもらえるので、ぜひ資料だけでも請求してみてください!

小学ポピー:

学校でお使いの教科書にそってきっちり学べる教材で、予習&復習、学校のテスト対策をしっかりやってテストで高得点を取りたい方に向いてます。

小学ポピーの公式ページを見る(無料おためし教材プレゼント中☆)

こちらもCHECK

小学ポピーの口コミ
【小学ポピー1年生】受講者のリアルな口コミ感想/いいとこ悪いとこぜんぶ正直に教えます

小学ポピーっていいのかな?   この記事ではこんな悩みに、幼児期からポピーを愛用している私がきっちり答えます。 ...

続きを見る

 

進研ゼミ小学講座(チャレンジ):

ベネッセオリジナル編集で分かりやすく学べる教材です。分かりやすい教材、モチベーションがアップする豪華な付録や景品で、親が言わなくても子供が自立的に勉強に取り組んで欲しい人におすすめです。

進研ゼミ小学講座(チャレンジ)の公式ページを見る

こちらもCHECK

小学ポピーとチャレンジ1年生の比較
小学ポピーとチャレンジ1年生(紙教材)を比較!実際に併用してわかった違いと選ぶポイントを解説

小学ポピーとチャレンジ(進研ゼミ)、どっちがいいの?   この記事では、実際に小学ポピーとチャレンジ1年生(紙 ...

続きを見る




同じカテゴリの記事

計算が早くなるには1桁どうしの足し算は暗記しよう

2020/7/2

計算が早くなる!繰り上がりのある1桁の足し算【36パターン】は暗記しよう

計算が遅い・・・ いつまでも指を使って計算している・・・   そんなお悩みありませんか?   計算が早くなるには計算練習を重ね「数字に慣れる」が大事ですよね。   数字に慣れるとは、例えば、「6+7はいくつ?」と聞いたらすぐに「13!」と答えられることです。   指折り数えたり、「6+7ってことは6+4+3だから答えは13」と考えるのではなく、 「6+7」と聞いたら条件反射で「13」と答えられる。   具体的には「7+6」とか「8+7」など、繰り上がりのあ ...

ReadMore

なんばんめ、何人いるでしょう?の解き方

2020/6/19

【小1・小2算数】なんばんめ、何人いるでしょう?の解き方を教えるコツ

小学1年生、2年生の算数 Aさんは前から5番目です。Aさんの前に何人いるでしょう? Aさんは後ろから3番目です。Aさんの後ろに何人いるでしょう? Aさんは前から5番目、後ろから3番目です。全部で何人いるでしょう?   本記事では、上のような問題が解けなくて困っている子に、どう教えたらいいか分かりやすく解説します。   こういった問題は文章だけ読むと難しく感じますが、絵に書いてみれば答えがすぐに分かりますよね。   ポイントは、 自分(1)を引けば、自分の前(後ろ)にいる人数が ...

ReadMore

ひらがなの書き方の教え方

2020/6/12

幼児にひらがなの書き方を教えるときは「運筆を声に出す」といい!

  うちの子、まだひらがなが上手に書けない・・・   そんな焦りをかかえていませんか?   最近は小学校入学までにひらがなの読み書きをマスターしてる子が多いので、入学が近づくと「このままで大丈夫かな?」と不安になりますよね。   我が家の息子(年長)も文字を書くのが嫌いで、まだ自分の名前しか書けません。   読みは完璧だし、なぞるのはできますが、白紙に書くとなると鉛筆の運び方が分からなくなり筆が止まります。   いろいろ試行錯誤した結果、「運筆を ...

ReadMore

小学校1年生の算数「何個」「何個目」の教え方

2020/6/19

【小学1年生の算数】「何個」「何個目」のちがいを教えるコツ

小学校1年生の5月ごろに習う「なんこ」と「なんこめ」。   例えば、白丸が並んでて、 左から2個ぬりましょう 左から2個目をぬりましょう といった問題です。   何個→量を表す 何個目→順序を表す の違いを理解してるかがポイントですが、混乱してる子も多いですよね。   この記事では「なんこ」「なんこめ」の違いを子供に分かりやすく教える方法を書きました。   違いが分からなくてつまずいている子がいましたら、ぜひ参考にしてください。 「なんこ」「なんこめ」は身近なもので ...

ReadMore

小1算数「いくつといくつ」の教え方

2020/6/8

【どこよりも分かりやすい!】小1算数「いくつといくつ」の教え方

「5と2でいくつ?」「5は2といくつ?」が混乱して答えが分からない   この記事では、上のような問題につまずいてる子どもに、どう教えれば問題が解けるようになるかを教えます。   上の問題、小学校に入学してわりとすぐに出てきますが、うちの子はさっそくつまずいてました(汗)   「5+2=7」「5-2=3」のように式で書かれた足し算や引き算はできるけど、   「5は2といくつ?」のような文章になると「5-2」なのか「5+2」なのか分からなくなるようです。   ...

ReadMore

小学校1年の算数の教え方「なんばんめ」

2020/6/8

【小1算数の教え方】上から2ばんめで 左から3ばんめ はだれ?

すみっコが大好きな娘に、すみっコの小1算数ドリルをやらせてみました。 すみっコぐらし学習ドリル 小学1年のたしざん ひきざん posted with カエレバ 鈴木 二正 主婦と生活社 2016-11-25 Amazon 楽天市場 Yahooショッピング   まだ始めたばかりですが、さっそくつまづいたのが   「上から2ばんめで 左から3ばんめ にいるのはだれですか?」   という手の問題。 ”上下”と”左右”の2軸で考える「なんばんめ」の問題例   「左からなんば ...

ReadMore

赤ちゃん 絵本

2020/6/8

赤ちゃんの絵本は処分せずとっておこう!ひらがなが読めるようになると自分で読むようになりますよ

赤ちゃんの時に買った絵本、処分しようとしてませんか?   私は断捨離が大好きなので使わなくなったらすぐに処分する派。 絵本やおもちゃ、子ども服などバンバン処分しており、赤ちゃんのときに買った絵本もほとんど古本屋に売ってしまいました。   ところが最近、3歳と5歳になった子どもたちが赤ちゃんのときの絵本を自分で読むように。 「もっと取っておけばよかった〜」と大反省中です。。。   この記事は、赤ちゃんのときに買った絵本が今になって大活躍してるよ、という話です。 4歳ぐらいになる ...

ReadMore

2020/6/8

ひらがなの学習に!「ハローキティのマジカルあいうえお」ビデオマーケットで初月無料

娘が2〜3歳のとき、Amazonプライムの動画見放題でよく見ていた「ハローキティのマジカルあいうえお」 親しみやすい音楽と絵で、自然と50音が覚えられてとても良かったんです。   娘がいつも「あ、い、う、え、お〜♪」と楽しく歌ってました。   あれから数年たち、下の子がひらがなに興味を持ち始めたので久しぶりに見せようとAmazonプライムビデオで探してみたら、、、   有料に変わってる!!!   ショック・・・( ;∀;) 代わりに、他にひらがな学習ができる動画が無 ...

ReadMore

幼児の鉛筆はトンボの三角鉛筆がおすすめ

2020/6/8

【幼児におすすめの鉛筆】くもんより「トンボの三角鉛筆」が持ち方が分かりやすくていい!

我が家ではお勉強の時、6Bの三角鉛筆を使っています。   これまではくもんの三角鉛筆を使っていました。 こどもえんぴつ6B posted with カエレバ くもん出版(KUMON PUBLISHING) 2006-04-25 Amazonで探す 楽天市場で探す Yahooショッピングで探す   ところが、幼稚園で使っているトンボの三角鉛筆を買ってみたところ、こちらの方が持ち方を教えやすくていいかも。 トンボ鉛筆 鉛筆 Yo-i おけいこセット 6B MY-PBE-6B posted ...

ReadMore

2020/6/8

【調査結果シェア】入学前のひらがな読み書き、どこまでできたらいい?

ようやく、4歳10ヶ月(年少)の娘がひらがなで自分の名前を書けるようになりました。   幼稚園のお友達には年少の早い時期から自分の名前が書ける子がいたので「うちの子はまだ書けないのか・・・」とひそかに気になっていました。   個人差があるとはいえ、早い子を見ると焦りますよね。   実際問題、入学までにどのぐらい読み書きできるようにしておけばいいか疑問を持つママも多いのではないでしょうか?   就学前のお勉強について、ベネッセの調査結果を見つけたのでシェアします。 & ...

ReadMore

▼▼▼見逃し厳禁情報▼▼▼

教材無料プレゼント情報

 

▼タメになるブログがたくさん▼
ーーーーーー




おすすめコンテンツ

  • この記事を書いた人

ゆっこ

高学歴な専業主婦。小学生の娘と幼稚園の息子がいます。「子供の可能性をグーンと引き出したい!」をモットーにゆるくたのしく勉強や習い事をさせてます。

-教える

© 2020 ママベン