ママブログCheerful Mother!

札幌/アラフォーママの、子育て、美容、暮らしのブログ。 ”ちあふる” は「陽気な」という意味。

-,

年少から英語教室に2年通わせた感想・効果、幼児から通わせる必要性について

子ども 習い事 英語

幼児の習い事で「英語教室」に通わせるのって意味ある?

週1回のレッスンで英語しゃべれるようになるの?

 

2020年には小学校3年生から英語が必修になることが決まり、幼児期から英語をやらせようか悩む保護者も多いのではないでしょうか。

 

我が家では年少の4月から英語教室に通わせ、そろそろ2年になります。

 

この記事では、幼児を英語教室に2年通わせてみた効果・感想を素直にお話ししたいと思います。

 

ちなみに、私自身は受験英語は得意でしたが、英会話はぜんぜんダメ。

「英語が話せるようになりたい」とか「外国人とコミュニケーションしたい」なんて一度も思ったことがないタイプです。

 

子どもがどうしたら英語を嫌いにならないか、英語を話せるようになるにはどうしたらいいか思い悩んだ結果、自分で教えられないし、ディズニー英語のような自宅学習教材を使いこなす自信もなかったので、先生に丸投げしようと英語教室に入れるという選択をしたクチです(笑)

 

特に、私と同じように英語が苦手なタイプの方には参考になると思うので、ぜひ最後まで読んでください。

通っている英語教室について

全国展開している大手の子ども向け英語教室で、週1回45分のレッスンです。

幼児クラスは年少〜年長の子がおり、各クラスの定員は6名。

外国人の先生が隔週できてくれます。

 

月謝は約9,000円で、それ以外に教材費が年1回20,000円ぐらいかかります。

幼児向け英語教室に通っている効果・感想

年少の4月から2年通っていて感じていること、効果はこちらです。

発音がいい

子どもは耳で英語を覚えるし、まだ恥ずかしさがないので話す練習も積極的にやり、きれいな発音を習得できると感じてます。

 

発音はすでに私よりぜんぜん上手でうらやましいです。

 

英語の発音が苦手だった私は授業でいつも小声でしたが、これだけきれいに発音できれば学校の授業でも堂々と英語をしゃべれるだろうと期待しています。

 

大きくなると、上手に発音できない自分が恥ずかしくて英語を話したくない(発音練習をしたくない)と言う人も多いですが、幼児だと下手とか上手とかそんなの気にせず先生のマネをしてしゃべるんですよね。

 

一生懸命マネをするので発音がきれいになる!

 

これが子どもを英語教室に入れて良かったと思ういちばんの効果です。

英語に親しみ、外国・外国人に興味を持つようになった

私が英語教室にいちばん期待していたのが「英語に親しみ、外国や外国人に興味を持つこと」

 

ぶっちゃけ週1回のレッスンで英語がペラペラになるなんて無理に決まってます。

それは私も最初から分かっていました。

 

とはいえ、やっぱり外国人とのコミュニケーションに困らない程度に英語がしゃべれるようになってほしい。

そうなるために必要なのは「英語に苦手意識を持たないこと」「外国・外国人に興味を持ちコミュニケーションしたいと思うこと」だと考えました。

 

苦手じゃなければ興味を持ちやすいし、興味を持てば自発的に努力するだろうと考えたわけです。

 

いまのところ英語教室には楽しく通っており、ネイティブの先生とも楽しく遊びながら触れあっています。

「英語に親しむ」という意味では効果はまずまずあるなと感じています。

 

また、TVでオリンピックやW杯などを見ていると「○○先生の国だ!」と言うことがあり、”外国” というのをなんとなく理解しているのかなと感じることがありました。

 

これからもっと興味を持ってもらえたらと思っています。

英語教室独自の英検に合格した

通っている英語教室では毎年1回、英語教室独自の英語検定があります。

1年間で習ったことの総復習として、アルファベットや単語、フレーズの聞き取り、外国人講師との会話をするテストです。

 

娘は年少と年中で1回ずつ受けましたが、どちらも合格でした。

 

問題レベルは高くなくレッスンをきちんと受けていれば合格するレベルなので物足りなさもありますが、レッスン内容がどの程度身についているのか確認できる機会があるのは助かってます。

 

答案用紙を見ると、レッスンでやったことは理解して身についているんだと安心できました。

 

英語は学習効果が分かりづらいですが、それなりに身についていて通っている効果があるんだなと実感してます。

でも、ペラペラにはほど遠い・・・

英語教室に望むことといえば「ペラペラになってほしい」だと思いますが、そこは英語教室だけではムリがあると思います。

 

幼児ということもあり教室で習う英語の内容はとってもカンタンだし、週1回のレッスンでは扱える量もそんなに多くありません。

 

How are you? とか What's this? 、Do you like? とか。

そんなカンタンなやりとりを繰り返しているだけ。

 

しかも、せっかく習っても繰り返しやらないとすぐに忘れてしまうんですよね。

 

なので、ペラペラを求めるなら「英語で生活する環境」にいれないとまず無理だと思います。

やめたらゼロになる?!一度始めたらやめられないジレンマ

英語教室に通わせていて悩むのが「いつまで通わせ続けるか?」ということ。

 

英語教室をやめてしまったら今まで習ったこともすぐに忘れてゼロになってしまうと思うので、ここまでに払った金額を考えるとやめる勇気が出ません(苦笑)

 

水泳のように一度覚えてしまえば忘れない習い事ならやめても無駄にならないし、「ここまでできるようになったらやめよう」と線引きもしやすいですが、英語はやめ時が難しいです。

 

そもそも語学の習得に「やめ時」なんてものは存在しないのかもしれません。

 

理想を言えば、子どもが自発的に英語を勉強するようになり英語教室が不要になってくれたらいいのですが・・・。

 

自発的に取り組むなんてまだまだ先だし、それまでは子どもが嫌がらないうちは通わせようと考えています。

 

もしこれから英語を習わせるなら、長期に渡って通わせ続ける覚悟をしておくのをお勧めします。

幼児から英語を勉強させる必要はあるか?

英語教室に通わせてみて感じるのは「小さいうちから習わせなくても追いつくことはできる」ということ。

 

焦って幼児のうちから通わせなくても、英語教室で週1回やってる程度のことなんて大きくなってから始めてもあっという間に追いつけるレベルです。

 

実際に私たちの周りにも中学になって初めて英語を勉強し、そこから努力して英語がしゃべれるようになった人っていっぱいいますよね?

もっと言えば、社会人になって仕事で必要に迫られてから何とかしている人もいます。

 

なので、早くから学ばせなくても本人の努力次第でどうとでもなる、というのは事実だと思います。

 

ただ、大きくなればなるほど苦手意識を持ちやすいですよね。

みんなの前で下手くそな発音で話すのが恥ずかしいとか・・・。

 

そういう意味では、幼児期なら抵抗なく英語をはじめることができるので、恥ずかしさがないうちに英語に親しんでおくことで「英語に苦手意識を持たない」というメリットはあると思います。

 

まとめると、

 

・英語がしゃべれるようになるかどうかは何歳から始めるかではなく本人次第

・ただ、幼児期から英語に親しんでおけば苦手意識を持たずに済むので自発的に勉強する可能性が高くなり、英語がしゃべれるようになる確率が上がるのではないか?

 

というのが私の考えです。

幼児の英語教室、こんな人におすすめ

以下のような人は英語教室を選択する価値があると思うので、前向きに検討してみるといいと思います。

 

  • 英語に親しませたいが、親が英語を教えられない
  • 英語に親しませたいが、英語の家庭学習教材(ディズニー英語など)を使いこなす自信がない
  • あるていど長い期間、英語教室に通わせ続けることができる
  • 集団で楽しく学ぶのが好き

 

最後の「集団で楽しく学ぶのが好き」というのは、幼児のグループレッスンの場合、英語を使ってゲームやクイズ、ダンスなどをしながら学ぶスクールが多いからです。真面目にお勉強というより、遊びながら学ぶのが好きな子の方が合っていると思います。

 

なお、「(英語教室だけで)ペラペラになってほしい」「短期間で効果を求める」というのであれば、英語教室では無理だと思うので他の英語学習方法を模索した方がいいでしょう。

まとめ:子どもの英語学習は悩ましい・・・

私たち親世代が子どもだった時と現在とでは英語の重要性や環境が全然ちがうので、親世代の私たちは経験値が少なく、子どもにどう英語を学ばせたらいいか悩む人が多いと思います。

 

(私もまさにそのひとり)

 

幼児レベルの内容ならそれほど難しくないので、家庭学習教材を使って親が子どもに教えるのが経済的にもベストかもしれません。

 

ただ、私の場合、他の科目ならまだしも英語だけは教えられないので教室にお世話になるという選択をしました。。。

 

英語教室は安くないので通わせ続けるのは大変だし、効果も分かりづらいので悩ましいところではありますが、現状、英語教室に通わせる以外に良い勉強方法がないのでしばらくは継続しようと思っています。

 

ちなみに、もし手軽に英語を学ばせたいなら英語の通信教育「ポピーキッズイングリッシュ 」がおすすめです。

毎月1680円で小学校3・4年生で学ぶ英単語、フレーズをすべて学ぶことができますよ!

詳しくは「2019年4月に月刊ポピーで英語教材がスタート【ポピー Kids English】で「聞く」「話す」の基礎を養おう」を読んでください。

adsense


スポンサーリンク

adsense関連記事



リンクユニット




リンクユニット




-子育て
-,