ママブログCheerful Mother!

札幌/アラフォー年子ママの、子育て、お出かけ、ライフハックブログ

コラム

幼稚園の夏休み何する?親子笑顔で長い休みを乗り切るアイディア

2018/08/23

もうすぐ私の自由が奪われる夏休みがやってくる・・・

 

幼稚園児を持つお母さんにとって、夏休みを子どもとどう過ごすかって悩みますよね。

 

私も幼稚園児を持つ母として、夏休み問題はひとごとではありません(笑)

 

長い夏休み、旅行やお祭りなど特別なイベントがある日はいいですが、予定が無い日もたくさんありますよね

それに、お出かけばかりだとお金もかかるし、ママの体力面の問題もあります。

 

この記事では、自宅でできる習慣的なことから”お祭り””旅行”など特別感のあるものまで、夏休みを子どもと笑顔で過ごすアイディアをまとめました。

最後まで読んで「ママ、夏休み楽しかったよ!」と子どもが言ってくれる楽しい夏をプロデュースしましょう!

夏休みに習慣的に取り組みたいこと

夏休みは「お手伝い」「家庭学習」など、今後習慣化させたいことを始めるのにベストなタイミングですよね。

慣れるまでは面倒ですが、親子でいる時間が長いからこそじっくり子どもと向きって良い習慣を身につけさせるチャンスです。

お手伝い

上の子(年中)には、夕飯前にテーブルに家族分のお箸を並べる、ご飯を茶碗によそう、食洗機から洗い終わった食器を出す、洗濯物をたたんでしまう、をお願いしてました。

 

下の子(年少)には、脱いだものを洗濯カゴに入れる、食べ終わった食器をキッチンまで運ぶなど、使ったものを使いっぱなしにしない(放置しない)を教えました。

 

お手伝いは内容によって「子どもと一緒にやるより一人でやったほうが早い・・・」とストレスになりがちですよね。

 

ただでさえ疲れやすい夏休みに余計なことでストレスをためては元も子もないので、ママが子どもにやってもらってもストレスにならない事をお願いしましょう。

家庭学習

夏休みは勉強習慣をつけるチャンス!

 

年少さんは数をかぞえる、ひらがなを一緒に読む。

年中さんは簡単な足し算や引き算、ひらがなの読み書き。

年長さんは入学準備もかねて、足し算、引き算、ひらがなの読み書き、書き順など。

 

勉強方法は市販ドリルもいいですが、個人的には必要な学習が網羅できる通信教育がおすすめ。

 

市販ドリルだと、どうしても学習ジャンルがかたよりませんか?

「数字は好きだからたくさんやるけど、ひらがなは嫌い」なんて、育児あるあるですよね?!

 

その点、通信教育だと、抜け漏れなくその年齢で身につけるべき学習内容が自動で届くのでかたよりなくいろんなことを身につけられます。

 

幼児向け通信教育については「目的・タイプ別にみる幼児のおすすめ通信教育(フローチャート診断あり)」の記事に書いたので読んでください。

 

夏といえば!

お手伝い、家庭学習とあんまり楽しくないネタが続きましたので、次は子どもと一緒にやりたい夏だからこそできることです。

水遊び・プール

涼めるし、体力も消耗するし、夏の遊びの王道はやっぱり水遊びですよね。

今年ブームになった一度に大量の水風船ができるやつもとってもオススメですよ(100均で売ってます)。

焦げたくりさん(@b1ackuri)がシェアした投稿 -

お祭り・花火大会

大きいお祭りや花火大会は夏の大イベントですが、混雑してる、帰りが夜遅くなる等、小さい子どもを連れて行くにはハードルが高いものも多いですよね。

そこで、おすすめなのが、地域の子育て支援センターなどでやってる子ども向け夏祭り

居住地の広報誌やホームページ、回覧板などで開催情報を調べてみましょう。

商業施設のイベント

最近では多くの商業施設、ショッピングモールで子ども向けイベントをやっています。

物を作る、体験する、遊ぶなど、さまざまなアトラクションを用意しているところもあるので、ぜひお近くの商業施設をチェックしてみてください。

 

また、マクドナルドでやっている職業体験「マックアドベンチャー」もおすすめ!

マックアドベンチャーについては「マクドナルドの職業体験「マックアドベンチャー」はキッザニア以上にリアルな体験ができる」に書いたので読んでください。

スタンプラリー

夏といえばスタンプラリー!

ローソンでは毎年、戦隊モノとプリキュアのスタンプラリーをやってます。

また、JR東日本は毎年ポケモンスタンプラリーを開催。

正直、スタンプラリーって親はとっても疲れるのですが、かなり時間つぶしになります(笑)

虫とり

虫好きな男の子をお持ちなら、ぜひ虫取りを!

セミ、カブトムシ、クワガタ、お盆明けにはトンボなど。

ちなみに、虫かご、虫取り網は100均で売ってます。

長い休みだからこそ思い切って

続いて、ちょっとハードルが高いけどいつかはやってみたいアレコレ。

母子旅行

パパ抜きで夏休みに母子旅行はいかが?

近場で1泊2日でも新しい発見があることでしょう。

旅行は家事から解放されるので、ママも嬉しいですよね。

ママキャンプ・ママBBQ

仲がいい友達親子とママキャンプ、ママBBQもとっても盛り上がります!

テントが面倒ならバンガローを借りるのもよし。

子どもは子ども同士で勝手に遊ぶし、ママたちは焼肉しながら昼間から飲める。

サイコーですな。

子どもだけでジジババ宅にお泊まり

ジジババとの関係にもよりますが、ジジババが許すなら子どもだけ実家・義実家に送り込むという手もあります。

ママ無しで泊まると、子どもはすごく自立します。

ジジババならではの教育やしつけをしてくれるのも、ありがたいです。

習い事の体験

水泳や英語など、夏休み期間中に短期で習い事をやっている教室があります。

そういうのに行って子どもの反応を見るのもいいでしょう。

ものによってはあっという間に満員になるそうなので、夏休みが始まる前に早めに情報をチェックしましょう。

天気が悪い日は

夏だからと言って天気がいい日ばかりではありません。

市営プール・区民プール

市営プールや区民プールは屋内なので天候関係なく楽しめます。

着替えもいれたら軽く2時間はかかるし、体力も消耗するし、値段もそこまで高くないのでおすすめです!

うちは回数券買って、ヒマな日は区民プールに駆け込む日々でした(笑)

料理を一緒にやる

クッキー作りやパン作り、ゼリー作りなど、料理を一緒にやるのはいかが?

計量の作業は数感覚を身につける勉強にもなります。

カードゲーム・ボードゲーム

年中さんぐらいだと大人と対等にトランプやカードゲームができるようになります。

トランプは数字の勉強にもなるし、カードゲームは頭を使うので知育にもなります。

それに、カードゲーム、ボードゲームって家族団欒って感じがして良いですよね。

TV・動画を見る

たまにはテレビざんまいもあり!

雨の日だと、どうせ外で遊べないから、おかし食べながらゴロゴロしてても罪悪感を感じにくいですしね。

まとめ:夏休み前に情報収集することが大事

最後に。

長い夏休みを楽しく過ごすには、休み前の情報収集が大切です。

 

習い事(短期教室)や体験系のイベントは定員が決まってるので早い者勝ちです。

また、通信教育を始めるなら下調べが必要ですよね。

 

「あんなイベントがあったんだ〜、やりたかったな。」とあとで後悔しないよう、早め早めに動きましょう!

 

adsense


スポンサーリンク

adsense関連記事



adsense関連記事

-コラム