ママブログCheerful Mother!

札幌/アラフォー年子ママの、子育て、美容、暮らしのブログ。 ”ちあふる” は「陽気な」という意味。

これさえ読めばすべて分かる!月刊幼児ポピーまとめ

2019/01/07

幼児ポピーまとめ

我が家では2歳のときから幼児ポピーをとり家庭学習をつづけています。

 

この記事では「月刊幼児ポピー」に関する情報をまとめました。

 

幼児ポピーの基本情報、教材、割引、特典、効果などひととおり情報がそろっていますので、疑問や知りたいことがある方は参考にしてください。

→月刊ポピー公式サイトはこちら

幼児ポピーとは?40年以上の歴史がある家庭学習教材

月刊幼児ポピーは「株式会社新学社」が編集・出版を行う幼児向け通信教育で、2歳児、年少、年中、年長さんがあります。

(幼児ポピーが修了すると、小学ポピー、中学ポピーと続きます)

 

新学社は全国の小・中学校で使われているテスト、ドリル、資料集などの副教材を発刊する教育出版社です。

 

ポピーは40年以上続く歴史ある家庭学習教材で親世代の私たちのなかにも子どもの時にやっていた方がいるかもしれませんね。

 教材のお届け、顧客対応は「支部」が行っている

月刊ポピーは通信教育では珍しく代理店制度をとっており、教材のお届けや顧客対応は「支部」と呼ばれる代理店が行っています。

 

ポピーの申し込みは「公式サイト」「各支部」のどちらでも受け付けてますが、「公式サイト」で申し込んだ場合はお住いの地域の支部があなたの担当となり、その支部から教材が届きます。

 

公式サイトで申し込んだケースを図解するとこんな感じ↓

月刊ポピーの仕組み

支部では支部独自のサービスをポピー会員に提供しており、お勉強会や学習サポートサービスの提供、補足プリントの配布など支部によってさまざまなサービスを実施しています。

 

また、特典や割引、支払い方法も支部によって異なります。

 

お住まいの地域のサービス内容やキャンペーンを知りたい方は「公式サイト」より資料請求をすると担当の支部から資料がもらえるので確認してみてくださいね。

→月刊ポピー公式サイトはこちら

全国対応のポピー公認支部「さんけん社」

ポピー公認支部の中には全国に教材を配達する支部もあり、その中でも支払い方法やサービスが充実していて有名なのが「さんけん社」です。

 

さんけん社では独自サービスとして「一括払い割引」「クレジットカード払い」「有料のお試し購読」などをやっています。

 

「公式サイト(地域支部)」と「さんけん社」のちがい、それぞれのメリット・デメリットが知りたい方は下の記事を参考にしてください。

「ポピー公式」と「全家研公認さんけん社」のちがいは?各々のメリットを理解して申込先を選ぼう!

料金、支払い方法、割引

幼児ポピー年中の教材

料金や支払い方法、割引の説明をします。

学年別の月会費

月刊幼児ポピーの料金(月会費)は下記となります。(2019年4月号以降の料金)

2歳児ももちゃん 毎月980円

年少きいどり 毎月980円

年中あかどり 毎月1100円(2019年3月号までは980円)

年長あおどり 毎月1100円(2019年3月号までは980円)

支払い方法は支部によって異なる

月刊ポピーの支払い方法は各支部で決めており、支部によって「教材と引き換えに現金払い」「郵便振込み」「コンビニ振込み」「口座自動引落」「クレジットカード」など様々です。

 

お住いの地域で取り扱っている支払い方法を知りたい方は、「ポピー公式サイト」で資料請求をすると担当の支部から詳しい資料が届くのでそちらで確認できます。

→月刊ポピー公式サイトはこちら

割引サービスの有無も支部によって異なる

月刊ポピーでやっている割引は「一括払い割引」のみです。

そのほかの割引サービス(兄弟割引など)はありません。

 

ただし、一括払い割引は支部によって対応していないところもあります。

お住まいの地域の支部で一括払い割引をやっているか確認したい方は、公式サイトより資料請求をし担当支部にご確認ください。

→月刊ポピー公式サイトはこちら

 

なお、お住いの地域で一括払い割引がなくても、全国に教材配達をしているポピー公認支部「さんけん社」で申し込めばどこにお住いの方でも一括払い割引が利用できます。

一括払い割引を希望する方はさんけん社での申し込みも検討してみるといいですよ!

→さんけん社の公式ページはこちら

難易度

幼児ポピーの難易度は「こどもチャレンジ」「Z会幼児コース」「ぷちドラゼミ」と同レベル。

成長が早い子には比較的優しめと感じるレベルです。

 

*各社の教材特徴については下の記事を読んでください。

幼児の通信教育に求めるレベルは?おすすめをフローチャートで診断しよう!

 

4月生まれの上の子は毎回サクサクポピーをこなしてます。

 

ポピーをはじめとした大手の通信教育は先取り学習が目的ではなく

 

・標準的な進度で必要な学力を身につけること

・勉強の習慣化

 

が目的。

 

難しい問題にチャレンジするより、「分かる!」「できた!」という達成感を感じて自信をつけることを重視しているんですよね。

 

親としては、子どもがサクサク解く姿を見ると年齢相応のことが身についてるんだと安心して見守ることができるのでいいと感じています。

 

ちなみに、下の子は3月生まれなのでちょうどいいレベル。

これより難しいと「なんでこんなことも分からないの?!」とイライラし、親子で衝突が増えそうなのでこのレベル感で満足です。

教材内容

学年別に教材内容をご紹介します。

2歳児「ももちゃん」

幼児ポピー2歳児(ももちゃん)の教材

幼児ポピーは2歳児(年年少)の教材もあります。

ももちゃんは、シールを貼りながら生活や挨拶を身につけていく内容で、2歳になったばかりの子でも楽しめる内容です。

詳しくは下の記事を読んでください。

2歳児「ももちゃん」を1年間継続した効果

年少「きいどり」

幼児ポピー年少(きいどり)4月号

年少の教材は、全66ページのワークブックが毎月1冊です。

そのほかに、4月、7月、9月、11月の年4回、紙製の特別教材(付録)がつきます。

また、季節ごとに花や植物・虫のポスターが届く月があります。

 

ワークブックはカラフルな厚手の紙でできており、「お勉強!」という感じではなく、ストーリーを読み進めながら楽しく学んでいく形です。

 

年少では50音を読めるようになることが1つの目標(書きのワークは無し)。

幼児ポピー年少の内容

 

運筆練習として線を引くワークやめいろも多めです。

幼児ポピー年少の内容

その他に、数字、はさみ&のり(工作)、まちがい探し、読み物、季節行事など、ポピー1冊でいろんなことが学べます。

 

年少教材の詳細は下の記事を読んでください。

3歳児(年少)「きいどり」の教材は、親しみやすいストーリー形式で楽しく学べるのが特徴

年中「あかどり」

幼児ポピー年中(あかどり)の教材

年中になると、シール貼りなどのワークブック(わあくん)と、ひらがな等の学習をするドリル(ドリるん)の2冊となり、量も内容もレベルアップします。

 

いよいよ、ひらがなの読み書きや数字など、本格的な勉強がスタート。

 

幼児ポピーの年少教材はお勉強色が弱かったので「これで大丈夫なのかな?」と少し心配でしたが、年中になり「ドリるん」が始まるといよいよ本格的に勉強させる時期がきたんだと気が引き締まりました。

 

年中教材の詳細は下の記事を読んでください。

年中「あかどり」は運筆、ひらがな、数字が学べる本格的なドリルで1100円!

会員サービス

ポピーは会員向けサービスがとても充実しています。

ポピー教室

ポピー教室は各地域の支部でやっているお勉強会で、無料(または安価な料金)で受けられる学習塾のような学習サポートサービスです。

 

なかには「定期試験対策」「英検対策」といった塾に負けないサービスを提供している地域もあります。

 

下の記事では、実際にポピー教室に行ってみたときの様子、全国の支部で行われている学習サポートサービス内容を書いているので詳しく知りたい方は読んでください。

「ポピー教室(寺子屋)」に行ってきました*他支部のポピー教室情報

教育相談サービス

個人的にポピーの中でいちばんおすすめのサービスです。

 

例えば、

「お友達の中にうまく入れない」

「文字に興味を示さない」

「園に行きたがらない」

「いつ頃何を教えたらいいの?」

 

といった子育ての悩みを専門家に無料で相談できます。

 

実際に子育ての悩みを教育相談サービスに相談したときのことを下の記事にまとめていますので、興味がある方は下の記事を読んでください。

教育相談サービスで、運動会で人前に出たがらない娘のことを相談したら回答に涙した話

ポピーを2年利用してみた感想と効果

実際にポピーを継続してみた感想、学習効果は下の記事にまとめていますのでぜひ読んでみてください!

【幼児ポピーを口コミ】くもん不要。ひらがな、数字の勉強はポピーで十分!

入会特典・お友だち紹介キャンペーン

ポピーの新規入会特典、お友だち紹介キャンペーンについては下の記事にまとめています。

プレゼント内容や特典のもらい方を知りたい人は参考にしてくださいね。

「入会特典」「友だち紹介キャンペーン」の内容ともらい方を解説

「無料おためし見本」と「おためし購読」のちがい

「月刊ポピーの教材を見てみたい」「教材を実際にやってみたい」という人向けに、「無料おためし見本」「おためし購読」というものがあります。

 

無料おためし見本、おためし購読の詳しい内容は下の記事で解説しているので読んでください。

「無料見本」と「お試し購読」のちがい、申し込み方法を解説

申し込み

月刊ポピーの申し込みは、「公式サイト」「各支部(さんけん社など)」のどちらでも受け付けています。

 

申し込み先によって受けられるサービスがちがいますので、各支部から資料を取り寄せ内容を比較してから申し込み先を決めるといいですよ!

 

月刊ポピーをお得に申し込む方法は下の記事にまとめているので参考にしてください。

月刊ポピーをお得に申し込む4つの方法*知らないと損しますよ!

最新情報

月刊ポピーに関する最新情報です。

2019年4月号より年中、年長教材が値上げに

これまで幼児ポピーは学年が上がっても料金は980円のままでしたが、2019年4月号より教材リニューアルに伴い年中と年長教材が値上がりすることになりました。

詳しくは下の記事をご覧ください。

2019年4月に教材リニューアル!年中・年長は1100円に値上げです

英語教材「ポピー Kids English」が2019年4月にスタート!

小学校3年生から始まる英語の授業に備えるための英語教材「ポピー Kids English」2019年4月からスタートします。

 

この教材は主に年長〜小学校2年生を対象としており、小3・小4で学ぶ英単語や表現をすべて収録

小3で始まる英語の授業にスムーズにはいっていく準備ができる家庭学習教材です。

 

幼児ポピーと同じく月刊の通信教育で、専用のタッチペンを使いながら英語をたのしく学びます。

 

英語教材の無料おためしも配布中ですので、英語の通信教育に興味がある方は下の記事をご覧ください。

2019年4月に英語教材がスタート【ポピー Kids English】で「聞く」「話す」の基礎を養おう

まとめ:引き続き月刊幼児ポピーの情報をまとめていきます!

我が家ではやればやるほど幼児ポピーの良さを実感しており、親も子もポピーの大ファンです。

これからも引き続き月刊ポピーの情報を発信していきますので、ポピーについて知りたいことがある方はぜひまた読みに来てくださいね。

→月刊ポピー公式サイトはこちら

adsense


スポンサーリンク

adsense関連記事



リンクユニット




リンクユニット




-幼児ポピー, 通信教育