ママブログCheerful Mother!

札幌/アラフォーママの、子育て、美容、暮らしのブログ。 ”ちあふる” は「陽気な」という意味。

土屋鞄のランドセル出張店舗(札幌)に行ってきた!

土屋鞄ランドセル

ゴールデンウィークに札幌プリンスホテルであった土屋鞄のランドセル出張店舗に行ってきました!

土屋鞄のランドセル出張店舗とは?

土屋鞄のランドセル出張店舗

北海道には土屋鞄のランドセルを取り扱っているお店が無いため、実物を見るにはこの出張店舗に足を運ぶしかありません。

 

土屋鞄のランドセル出張店舗は毎年4月下旬〜5月上旬の土日またはゴールデンウィークに全国各地で開催されています。

 

札幌は2日間の開催でしたが、他の都市では1日しか開催していないところもあります。

 

入学までまだ1年ちかくある時期なので、正直、ランドセル選びと言われてもピンときてませんでしたが、以前よりなんとなく土屋鞄が良さそうだなと思っていたので軽い気持ちで行ってきました。

 

結論からいうと、少しでも土屋鞄のランドセルが気になっていて、でも近くに店舗が無い人は、この出張店舗に足を運んでおいた方がいいと思います。

 

理由は、カタログと実物ではかなり印象がちがうから。

 

カタログだけでは色や質感はそこまで分かりませんよね。

カタログではイマイチだと思っていたものが実際はすごくいい風合いだったり、逆に、カタログで良いなと思っていたものが実物はそこまででもなかったり。

 

値段も値段だけに実物を見ないで決めるのはかなりリスキーだと思います。

 

ですので、気になる人はひとまず見に行っておいた方がいいですよ。

 

予約もいらないし、受付や年齢確認もありません。

ふらーっと気軽に入れる雰囲気でした。

 

出張店舗では来春入学用のランドセルがすべて出そろっており、実際に手に取り、背負ってみることができます。

 

特にセールスされることもなく、好きに触って、好きに背負って、サクッと帰ることができます。

 

購入手続きは後日ネットからすればOKで「この場で決めてください」という脅迫感もなく、「ゆっくり考えて、気に入ったらネットで申し込んでくださいね。」と言われたぐらいです。

 

年少・年中の子が見に行っても問題ない雰囲気でした。

土屋鞄のランドセル出張店舗 開催日時はこちら

カタログで見た印象と実物ではだいぶちがう!

出張店舗に行く前にカタログで見た感じだと、「赤」「キャメル」のどちらかがいいなと思ってました。

素材は牛皮、コードバーン、クラリーノなど何種類かありますが、正直カタログで見ただけではそれぞれの質感・色の感じはわからない・・・。

 

しかし娘が選んだのは、フタをあけた内側に作家のイラストが描かれた「アトリエ」シリーズのパープル。

土屋鞄のランドセル アトリエシリーズのパープル

カタログの印象だと小さい女の子が好きなピカピカ系のパープルに見えたので「これはできればやめたい・・・」と思っていたやつでした。

 

でも、実際に見たらカタログの印象と全然ちがう!

少しグレーが入っていて落ち着いた感じのパープルで、このパープルなら大きくなっても恥ずかしくない、素敵なニュアンスの色でした。

 

フタを開けると内側には菊池留美子さんのかわいいイラストが描かれています。

 

娘はこの内側のデザインのかわいさにひとめぼれで、「絶対にこれがいい!」と断固としてゆずりませんでした(苦笑)

土屋鞄のランドセル出張店舗で即決!

ということで、結局、土屋鞄のランドセルしか見ていませんが、アトリエシリーズのパープルで決定しました。

 

娘もとても気に入っていたし、土屋鞄のランドセルの品の良さ、シンプルさに私も夫も惹かれ即決できました。

 

ほんと、どのランドセルも素敵で私が欲しいぐらいでしたよ。

5月14日までの購入なら売り切れの心配なし!

土屋鞄のランドセル、2020年度入学分は2019年5月14日までなら売り切れを気にせずネットから全商品選んで注文できる仕組みになっています。

 

購入手続きは出張店舗でもできましたが、その場で手続きしている人は少なかったです。

 

ネットで申し込み手続きをして届くのは来年1月の予定。

 

支払いはクレジットカードまたは代引きが選べました。

代引きでも手数料は無料です。

 

あっという間に終わったランドセル選び(笑)

入学準備が1つ終わってホッとしました。

adsense


スポンサーリンク

adsense関連記事



リンクユニット




リンクユニット




-子育て