ママブログCheerful Mother!

札幌/アラフォー年子ママの、子育て、お出かけ、ライフハックブログ

コラム

ストライダーエンジョイカップに出たら息子の足がすごく速くなって驚いた話

ストライダーエンジョイカップ

息子が3歳2ヶ月のときに、ストライダーを買いました。

わりとすぐに乗れるようになり、調子に乗って(?)ストライダーの公式レース「ストライダーエンジョイカップ」に出場してみることに。

 

ストライダーエンジョイカップは全国各地で行われており、対象年齢は2歳から5歳。

同年齢で順位を競う、世界最年少のレースです。

ストライダーエンジョイカップの詳細はこちら

ストライダーを買って3ヶ月で大会に出場

ストライダーを買ってから大会までは約3ヶ月。

週末しか練習できなかったので、たいして練習してません。

 

足で蹴って「シューン、シューン」と進むことはできるけど、スピードは遅い。。。

 

ストライダーで速く走るには身体を前傾し、全力で地面を蹴ることが必要です。

 

でも息子は身体を前傾して地面を蹴ることができない、、、

垂直に座ったまま、ただなんとなく足を蹴っている感じでした。

大会は予選敗退

そんな調子だったので、大会は予想通り予選敗退。

始めたばかりだし上位を狙っていたわけではないので「こんなもんだよね」で終わったのですが・・・

大会後にまさかの変化が

大会の翌日、ストライダーで遊んでいたら、息子の走り方が変わってました。

 

身体を前傾して、力強く地面を蹴ってる!

それまでとは比べ物にならないほどスピードを出して走ってました。

 

この変化には親もビックリ。

 

大会で上手な子の走りを見て、どうしたらいいか観察していたんですね。

 

そして、さらに驚いたのが、この前傾して地面を力強く蹴るフォームを覚えてから走るのが格段に速くなりました。

 

それまでは、走る時も上半身は垂直のままで、足だけペタペタ動いている感じだったんですね。

”赤ちゃん走り” だったんです。

 

それが、ストライダーで前傾して力強く足を蹴るフォームを覚えてから、別人のようにかけっも速くなりました。

 

ストライダーの公式ページにストライダーとかけっこの関係性が書いてあり、ストライダーに乗ってる子はかけっこが速い子が多いとあります。

 

かけっこが速くなる秘訣は前傾姿勢蹴り出した足の引きつけなんだそうで、ストライダーで速く走るときのフォームが短距離走の理想的なフォームとそっくりなんですよね。

 

つまり、ストライダーを全力で速く走る練習をしていると、自然とかけっこの理想的なフォームが身につき、結果的に足が速くなるんです!

参考ストライダーに乗ると『かけっこ』が速くなる!?ストライダーとかけっこの関係性を、体育指導のプロにお聞きました。

まとめ: ストライダーを本気でやれば足が鍛えられ速くなる!

ストライダーエンジョイカップ

大会に出なければストライダーで全力で速く走ろうなんて考えず、自分のペースで乗るだけですよね。

 

それが、大会に出場することで全力で速く走ろうと努力し、足とフォームが鍛えられ、ついでにかけっこまで速くなるという思わぬメリットがあることが分かりました。

 

ストライダーって本当に面白い!

 

大会というと緊張するかもしれませんが、ストライダーエンジョイカップは楽しむことを主目的としていてそこまで固くありません。

ストライダー持っている方はぜひ大会にもチャレンジしてみましょう。

いい経験になるし、走りが上達することまちがいなしですよ。

子育てママにおすすめの記事
頭のいい子を育てるための、6歳までの子育てのポイント
頭のいい子は勉強が好き!
子どもが勉強好きになる親の関わり方を教えます。
目的・タイプ別にみる幼児のおすすめ通信教育(フローチャート診断あり)
フローチャートでお子様にぴったりの通信教育を診断してみませんか?
目的別、タイプ別におすすめの教材をご紹介してます。
アラフォー主婦ミュゼに行く!100円脱毛だけで済まされるのか?初回カウンセリングと施術1回目の様子
100円で両ワキとVラインがツルツルになるまで脱毛通い放題のミュゼに行ってきたレポ。
ムダ毛処理から解放されたい人はどうぞ!

adsense


スポンサーリンク

adsense関連記事



adsense関連記事

-コラム