通信教育

【RISUきっずを使った感想&口コミ】幼児が1人で遊びながら算数を先取り学習できるおすすめ教材!

RISUきっずを使ってみた感想

子どもってスマホやタブレットが大好きですよね。

スマホやタブレットを使って遊び感覚でお勉強できたら、子どもの能力がグングン伸びると思いませんか?

 

「RISUきっず」は小学生向けタブレット教材「RISU算数」の幼児版

幼児向けのタブレット教材はまだまだ少ないですが、「RISUきっず」は小学校1年生の前半までの算数を先取り学習できる本格的なタブレット学習教材です。

 

この記事では3歳と5歳がRISUきっずをやってみた感想、メリット、デメリットを口コミします。

 

ぶっちゃけ、子どもにタブレットを利用させることに対して抵抗がある人も多いと思います。

「勉強は紙と鉛筆でやるべき!」と考える保護者も多いでしょう。(私もそうでした)

 

けど実際に使わせてみると、親が付きっきりで見てなくても自分一人でどんどん進めていきいつの間にか難しい問題を解いている姿にビックリ

 

算数は「計算問題などの基礎を繰り返し、演習をたくさんこなすことで、誰でもできるようになる」と言われています。

 

RISUは足し算ひとつとってもよく練られており、幅広くいろんな出題形式でたくさんの問題をこなし習得していきます。

しかも、タブレットだと1度解いたあとも繰り返し学習することができ、学習内容の定着が図れます。

 

RISUきっずで幼児期から算数に取り組めば、小学校に入学してからつまずくことを防げ、算数を得意にすることができるでしょう。

 

また、当サイトでは「RISUおためし無料キャンペーン」を実施してます。

通常は即申し込みになるところ当サイトより申し込むと1週間無料で教材をためしてみることができるので、最後まで読んでぜひRISUをためしてみてください。

*無料キャンペーン申し込みにはクーポンコードを入力してください。

*クーポンコード: che07a

RISUきっず とは?

RISUきっずとは?

RISUきっずは幼児向け通信教育教材はタブレットになります。

契約するとRISU専用のタブレットが送られてくるのでそれを用いて学習を進めていきます。

 

科目は算数に特化しており、国語や英語等の他科目はありません。

また、一般的な通信教育は月単位の契約が多いですが、RISUは年単位の契約となります。

 

RISUきっずの対象年齢は「年中後半〜年長」となっていますが、3歳でも解けるような簡単な問題から始まり最終的には小学校1年生の前半までの算数を学ぶことができます。

 

RISUきっずの詳細は下の記事にまとめているので詳しく知りたい方は読んでください。

参考
RISUきっず RISU算数
算数のタブレット教材「RISUきっず」とは?カリキュラムや特徴を徹底紹介

幼児向けのタブレット教材「RISUきっず」をご存知ですか?   「RISUきっず」は小学校1年生前半までの算数 ...

続きを見る

RISUきっずを使ってみた感想・口コミ(メリット編)

RISUきっずの問題例

実際に使ってみて「いいな」と感じた点は以下です。

ゲーム感覚で小学校1年生の前半まで先取りできる

内容は本格的な算数の勉強なのに、それをゲーム感覚で取り組めます。

 

正解すると「チャラチャラチャラーン」と気分が盛り上がる効果音が鳴り、子どもはその音に「やったー!できた!!」と自信をつけてました。

 

次々現れる敵を倒していく感覚でどんどん新しい問題に取り組み、徐々にステップアップ。

RISUきっずで小学校1年生の前半まで先取りできるので、幼児の教材レベルとしても十分な内容です。

外出先でもできる

タブレットだと紙製のドリルと比較し、外出先でもやりやすいのがメリットです。

おとなしく待ってて欲しい時にタブレットを渡せば、RISUに夢中になり静かにしてくれます(笑)

スマホを渡すと動画の見過ぎやゲームのやり過ぎが心配になりますが、RISUならお勉強なので親としても罪悪感がありません。

RISUの利用にはWi-Fiが必要です。

繰り返しできる

紙のドリルだと1度やったらおしまいで、繰り返しやることって少ないですよね。

苦手を克服するには繰り返しやることが大事ですが、そのために同じレベルの新しいドリルを買うのってお金がもったいないと思いませんか?

その点、タブレットは前の問題に戻って何度も繰り返しやることができるので、反復学習が簡単で苦手を克服できます。

子どものペースに合わせて進められる

一般的な通信教育は、毎月のカリキュラムに沿って毎月教材が送られてきますよね。

これだと教材をやり終えたらその月はおしまいで先に進むことはできません。

 

一方、RISUは毎月教材が送られるのでなく現段階のステージをクリアすると次のステージに取り組めます(公文式のイメージ)。

ホーム画面がこのように↓なっており、1つのステージ(全25問)をクリアすると次のステージがオープンに。

RISUきっずのステージ

子どものペースでどんどん先に進むことができるし、反対に理解が不十分なままでは次に行けません。

子どものペースに合わせて簡単な問題から難しい問題へと、徐々に学力を身につけていけます。

ブルーライトを少なく抑えている

タブレットを使わせていて心配になるのが視力の低下。

RISUタブレットでは、不必要に派手な色使いやアニメーションを押さえ、ブルーライトを一般の教材より少なく抑えてあります。

ただし、やはり長時間やっていると目が疲れるのは事実です。あまり長くやり過ぎないように気をつけましょう。

RISUきっずを使ってみた感想・口コミ(デメリット編)

続いてRISUきっずのデメリットをご紹介します。

タブレットの感度が悪い

ASUS製のタブレットなのですがiPhone、iPadと比べると感度がいまいちです。

慣れれば問題ありませんが、ちょっと使い勝手が悪いなぁと感じました。

解答欄が小さい

RISUきっずの問題例

解答の入力は解答欄(上の写真だとイコール記号の後ろの白い四角)をタップするとキーボードが出てきて解答を入力するのですが、幼児にはちょっと解答欄が小さいです。

 

画面は十分な大きさなので、もう少し全体的に文字や解答欄を大きくしてもいいのにな・・・と感じました。

年契約になる

RISUの契約は年単位です。

申し込み時に1年分の基本料を支払い、途中で解約しても返金されません。

子どもに向くかどうか分からない段階で年契約をするのはやっぱり抵抗がありますよね。

料金が高い?!

RISUきっずの利用料は年額29,760円です。

タブレット代金は上の料金に含まれており、入会金は不要。

 

故障等のケースを除けば、上記以外にお金はかかりません。

 

12ヶ月で割ると毎月2,480円と他の通信教育と同じぐらいですが、続くかどうかも分からない教材に1年契約で29,760円払うのは心理的抵抗がありますよね。

 

ただ、RISU解約後もタブレットは返却不要。

しかも、サービス契約中に解いた問題は解約したあとも繰り返し解くことができるので、29,760円で小1前半までの内容を繰り返し学習できるタブレット教材を買うと考えれば、決して高くないかもしれません。

 

約3万円で算数が先取りでき、それで算数が好きになれるならむしろお得かもしれません!

 

小学生向けのRISU算数は、学習進度によって上記以外に利用料がかかる場合があります。

RISU算数の料金は「【クーポンあり】RISUきっず・RISU算数の料金を分かりやすく解説」を読んでください。

参考
RISUきっず RISU算数
【クーポンあり】RISU算数の料金をやさしく解説!利用料を安くするコツとは?

RISU算数の料金が複雑で分からない。 利用状況に応じて毎月お金がかかるようだけど、毎月の支払いを安く済ませる方法を知り ...

続きを見る

当サイト限定!RISU1週間おためしキャンペーン!!

RISU無料お試しキャンペーン

通常はRISUに申し込むと即契約となり料金を請求されますが、当サイト限定で無料おためしキャンペーンを実施中です。

 

下のリンクより申し込んでいただくと、1週間無料でRISUを使ってみることができます。

無料おためしはRISUきっずだけでなく、小学生向けのRISU算数でもOK!

 

ぜひこの機会にRISUをためしてみてくださいね↓

*クーポンコード: che07a

クーポンコードを入れ忘れると無料にならないのでご注意ください。

まとめ:RISUで反復学習すれば、算数は誰でも得意になる!

算数はひらめきで解くもので、得意・不得意は生まれつき決まってると考える人も多いかもしれません。

 

でも、実際は生まれつきの問題でなく計算問題などの基礎を繰り返し、演習をたくさんこなすことで、誰でも算数ができるようになる」と言われています。

算数が得意な子は、問題を解いたとき「(この問題)知っている!」と言います。

決して「ひらめいた!」とは言いません。

なぜなら、彼らは、基礎をしっかり身につけ、演習を多くこなす中で、いくつもの思考パターンを持っているからです。

何もないところから「ひらめく」なんてことはないのです。

引用元:https://www.sankeibiz.jp/econome/news/170603/ecc1706031607002-n1.htm

つまり、算数を得意にするのは反復学習を行い、たくさんの問題をこなすことが大切だそうです。

 

RISUきっずなら遊び感覚で算数の勉強を進めていくことができるし、タブレット教材なので1度解いたあとも何度も繰り返すことができ、算数を好きにさせるのにとってもいい教材だと感じました。

 

気になる方は、ぜひ、1週間おためしキャンペーンでRISUを実際に使ってみてくださいね。

 

おためしキャンペーンの申し込みは下のリンクをクリックし、サービス申し込み画面でクーポンコード「che07a」を入力してくださいね。

*クーポンコード: che07a

クーポンコードを入れ忘れると無料にならないのでご注意ください。






 

同じカテゴリの記事

がんばる舎すてっぷの感想と口コミ

通信教育

2019/12/27

【がんばる舎すてっぷ 口コミ・感想】毎月700円!子どもに合えば安くてとてもいい教材!!

我が家では2歳の時から幼児ポピーで家庭学習を続けていますが(幼児ポピーの感想はこちら)、ポピーだけだと学習量が物足りなくなってきたので、月額700円のプリント教材「がんばる舎 すてっぷ」を試してみました。   この記事ではすてっぷをやってみた感想を紹介します。   結論から言うと、上の子は食いつきが悪く積極的にやってくれませんでした。 一方、下の子はすてっぷの教材が気に入ったようで楽しく勉強しています。   幼児ポピーやこどもちゃれんじ等の通信教育だとカラフルでキャラクターが ...

ReadMore

スマイルゼミ幼児コースの資料

通信教育

2019/12/27

【スマイルゼミ幼児コース 感想】やっぱり勉強はタブレットより紙教材でしょ!?

先日、近所のデパートでやっていた「スマイルゼミ体験会」に行ってきました。 *スマイルゼミ体験会の開催情報はこちら   この記事では「スマイルゼミ幼児コース」を実際にやってみた感想をお話ししたいと思います。   率直に言うと、昭和生まれな私としては「やっぱり勉強は紙教材のほうがいいな・・・」と感じました。   とはいえ、スマイルゼミには「子どもが一人で勉強を進められる」「動画やアニメーションの解説があるので難しいことも理解しやすい」など、紙教材にはないタブレットならではの魅力も ...

ReadMore

まなびwithの感想

通信教育

2019/12/27

【まなびwithの感想・口コミ】幼児ポピーとのちがいを比較してみた!

我が家では2歳のときから幼児ポピーを取っていますが、ほかの教材にも興味があったのでまなびwithのサンプルを取り寄せてみました。 参考幼児ポピーの感想・口コミはこちら   ゆっこまなびwithをやってみた感想、幼児ポピーとのちがいを教えるわ!   まなびwithはドラゼミ終了に伴い2019年4月に刊行された小学館の通信教育です   まなびwithはこのような人に向いてます。 「まなびwith」こんな方におすすめ 幼児向けのおさない雰囲気が嫌い。真面目なテイストの教材を探してい ...

ReadMore

まなびwith

通信教育

2019/12/27

ドラゼミが終了し「まなびwith」に!思考力系の教材とタブレットが特徴

2019年3月でドラゼミが終了し、2019年4月より新しく小学館の通信教育「まなびwith」が始まりました。 *対象年齢は年少〜小学校6年   この記事では新しく始まる「まなびwith」の教材を調べたので、教材内容を詳しく紹介します。   なお「まなびwith」ではただいま無料教材セットを配布しているので、気になる方はこちらから申し込んでくださいね↓ 「まなびwith」の無料教材セットを申し込む   まなびwithと幼児ポピーの比較はこちら パッと読むための見出し1 「まなび ...

ReadMore

RISUきっず RISU算数

通信教育

2019/12/27

算数のタブレット教材「RISUきっず」とは?カリキュラムや特徴を徹底紹介

幼児向けのタブレット教材「RISUきっず」をご存知ですか?   「RISUきっず」は小学校1年生前半までの算数を幼児のうちに先取り学習できる、本格的なタブレット教材です。   この記事では「RISUきっず」のサービス内容や特徴、料金などを詳しく解説。 また、1週間無料でRISUきっずと使ってみることができるおためし申し込みについてもご紹介してますので、ぜひ最後まで読んでRISUを体験してみてくださいね。 >>いますぐ無料おためしキャンペーンに申し込む<< *無料キャンペーン申し込みには ...

ReadMore

RISUきっず RISU算数

通信教育

2019/12/27

【クーポンあり】RISU算数の料金をやさしく解説!利用料を安くするコツとは?

RISU算数の料金が複雑で分からない。 利用状況に応じて毎月お金がかかるようだけど、毎月の支払いを安く済ませる方法を知りたい。 RISUに興味はあるけど基本料を12ヶ月分必ず払わないといけないのがネック・・・   算数のタブレット教材「RISU算数」は毎月の利用状況に応じて料金が変わるので、どのぐらいお金がかかるか不安ではありませんか? また、基本料が年額一括払いな点に抵抗を感じませんか?   この記事ではRISU算数の料金を分かりやすく解説し、安くおさえるためのポイントをご紹介します ...

ReadMore

RISU算数 RISUきっず プライムサービス

通信教育

2019/12/27

タブレット教材 RISUの新サービス!オーディオブックが3ヶ月無料

算数のタブレット学習教材「RISUきっず」「RISU算数」の会員向けに、さまざまなサービスがお得に利用できるプライムサービスが始まりました。   RISUのプライムサービスは、子育てのすきま時間に本が音で聞けるオーディオブックが3ヶ月無料になったり、RISU会員限定のOisixトライアルキットが試せるなど、会員家族の学び・食・健康・探求に役立つサービスがお得に利用できます。   RISUきっず・RISU算数で子どもの算数力がアップするだけでなく、家族に役立つ各種サービスがお得に利用でき ...

ReadMore

通信教育

2019/12/27

【幼児の通信教育】先取りが目的なら「七田式」「すてっぷ」「RISU」がおすすめ!

実学年の通信教育をやっているけど内容が優しすぎる。 いまの年齢(学年)に関係なくどんどん先取りして勉強させたい。   そんなお悩みはありませんか? 通信教育を始めるにあたり、実学年の教材だと内容が優しいので1つ上の学年を取ろうと考えている方もいると思います。   ただ、学年制の通信教育は生活(上の子は下の子の面倒をみる等)や行事(入園式、卒園式等)の要素も含まれており、学年にあったストーリー性を持たせているので、実際の学年の教材を使うのがベストだと感じています。   そこで、 ...

ReadMore

通信教育

2019/12/27

2歳向け通信教育の内容と特徴を比較(ポピー、すてっぷ、こどもちゃれんじ、福音館)

我が家の下の子は2歳(年年少)の時から通信教育の幼児ポピーをやっています。   多くの通信教育は3歳児(年少)からですが、この記事では就園前から何かやりたいと探している方のために2歳からできる通信教育を紹介。 各社の教材内容と特徴を解説します。   ざっくり言うと、 生活習慣や基本的なことを身につける →幼児ポピー たのしく知育 →こどもちゃれんじ お勉強 →がんばる舎 絵本や読み聞かせが好き →福音館 がオススメ。   2歳だとまだ出来ることも少ないし「勉強、勉強!」という ...

ReadMore

幼児 お勉強

通信教育

2019/12/27

幼児の通信教育はやったほうがいい?やらなくてもいい??必要性の見きわめ方

周りの子は通信教育や塾などやってるのに我が家だけ何もしてなくて不安・・・ 通信教育ぐらいやった方がいいのかなと思うけど、効果がよく分からない。 幼児期にそこまでお勉強させる必要があるのか疑問。   そんなモヤモヤを抱えていませんか?   周りに教育熱心な家庭があったり、通信教育などの教材紹介資料に「幼児期からのお勉強が大事!」と書いてあるのを見ると、ついつい焦ってしまいますよね。   ベネッセの2015年調査では習い事をしている幼児の比率は48.6%と約半数。 習い事の種類で ...

ReadMore

通信教育

2019/12/27

幼児向けタブレット通信教育まとめ!4社の特徴、メリットデメリットを比較

小学生・中学生向けだと従来の紙でのお勉強に代わり、スマイルゼミやチャレンジタッチ等、タブレットの通信教育がどんどん出てますね。   ただ、未就学児(幼児)向けのタブレット教材はまだ本格的なものが少なく、タブレットといえばおもちゃのトイパッドやスマホアプリが主流ですよね。   この記事では、未就学児(幼児)を対象にしたタブレット通信教育をまとめました。   幼児にタブレットを使わせることには賛否両論あると思います。 タブレットで育っていない私たち親世代からすると「勉強は紙と鉛筆 ...

ReadMore

通信教育

2019/12/27

【サービス終了】学研ゼミの幼児向けデジタル教材「キッズクラス」で有意義なスマホタイムを!

学研ゼミは2019年3月20日をもってサービスの提供を終了しています。 ーーーー 静かにして欲しいからついYouTubeを見せてしまう 子どもがスマホのゲームにハマってる   幼児を持つママなら誰もがそんな葛藤をお持ちだと思います。 良くないと分かっていても、ついついスマホやタブレット等のデジタルデバイスに頼ってしまう時ってありますよね。   デジタルデバイスの利用を完全に無くすのが厳しいなら、「本当はスマホを触らせたくないけど仕方ないから・・・」と葛藤しながら使わせるのでなく、有意義 ...

ReadMore

幼児 タブレット学習

通信教育

2019/12/27

【RISUきっずを使った感想&口コミ】幼児が1人で遊びながら算数を先取り学習できるおすすめ教材!

子どもってスマホやタブレットが大好きですよね。 スマホやタブレットを使って遊び感覚でお勉強できたら、子どもの能力がグングン伸びると思いませんか?   「RISUきっず」は小学生向けタブレット教材「RISU算数」の幼児版。 幼児向けのタブレット教材はまだまだ少ないですが、「RISUきっず」は小学校1年生の前半までの算数を先取り学習できる本格的なタブレット学習教材です。   この記事では3歳と5歳がRISUきっずをやってみた感想、メリット、デメリットを口コミします。   ぶっちゃ ...

ReadMore

幼児むけ通信教育の比較・おすすめ

Pick Up 通信教育

2020/1/6

【幼児 通信教育8社 レベル比較】年長終了までに習得できるレベル別におすすめ教材を紹介!

幼児向け通信教育ってたくさんあるけど、どれがおすすめ? うちの子のレベルに合う教材ってどれ?   そんなお悩みありませんか?   通信教育をとる目的には、例えばこのようなものがあると思います。   ひらがなの読み書き、数字の基礎を身につけさせたい 小学校に入って困らない程度の学力を身につけておきたい 知識の詰めこみでなく「思考力」「洞察力」を育てたい 小学校の内容をどんどん先取りさせたい   幼児向け通信教育はたくさんありますが、年長終了までに子どもにどこまで習得さ ...

ReadMore

Z会 幼児コース お試し

通信教育

2019/12/27

【Z会 幼児の口コミ】幼児ポピーとどうちがう?比較しながらZ会の特徴を紹介

我が家では2歳のときから幼児ポピーをやっていますが、ほかの教材も気になるので「Z会幼児コース」の無料おためしを取りよせてみました。 参考幼児ポピーの感想・口コミはこちら   高校受験講座、大学受験講座のイメージからZ会は難しいと思っていましたが、実際にやってみると「Z会の幼児コースは難しくない」と感じました。   ゆっこひらがなや数字のワークは幼児ポピーと同じぐらいのレベルよ   ただ、「ぺあぜっと」という体験教材はZ会独特の教材で、難易度も親の負担も高いです。   ...

ReadMore

ぷちドラゼミ 年少

通信教育

2019/12/27

通信教育「ぷちドラゼミ」と「幼児ポピー」を比べてみた

※重要※ ドラゼミは2019年3月末で終了し、2019年4月より「まなびwith」という新しい通信教育に生まれ変わります。 詳しくは「ドラゼミが終了し「まなびwith」に!思考力系の教材とタブレットが特徴」をお読みください。 幼児教材「ぷちドラゼミ」の年少さん無料見本を取りよせてみました。   我が家では年少の4月から「幼児ポピー」を継続してとっていますが、「ポピーは他社と比べてカンタンだ」という口コミを耳にしたのでそれが本当なのか確認するために「ぷちドラゼミ」の見本を申し込んだのです。 &nb ...

ReadMore




おすすめコンテンツ

-通信教育

Copyright© ママブログCheerful Mother , 2020 All Rights Reserved.