妊娠・出産 日赤医療センター

【日赤医療センターの出産費用】2回出産したのでそれぞれの金額を公開

15838768818_5b1555cb16_b

私は2013年に第一子、2015年に第二子を、東京の広尾にある日本赤十字医療センターで出産しました。

 

※その時の出産入院の様子は「【日赤医療センターの口コミ】大病院なのにホテルのような分娩室でゆったりとしたお産ができるステキな病院です」をお読みください!

参考
日赤 出産入院
【日赤医療センターの口コミ】大病院なのにホテルのような分娩室でゆったりとしたお産ができるステキな病院

2013年に第一子、2015年に第二子を、東京の広尾にある日本赤十字医療センターで出産しました。   この記事 ...

続きを見る

この記事では日赤の出産費用を公開します。

これから日赤での出産を控えている方、検討している方のお役に立てると幸いです!

妊婦健診費用

住民票が東京都外にあったため「妊婦健診費用助成券」が使用できず、日赤での支払いは毎回全額自費で支払っていました。

(全額自費で支払ったあと、出産後に地元の役所で費用を返金してもらいました)

 

また、日赤のセミオープンシステムを利用していたため、日赤で健診を受けたのは妊娠初期に1回、あとは34週以降です。

 

妊婦健診でかかった費用はこちらです(すべて助成券無しの金額)↓

初診(初期) 13,620円

34週 13,910円

35週 8,500円

36週 8,500円

37週 ※助産師外来のため支払無し

38週 8,500円

39週 ※助産師外来のため支払無し

40週 8,500円

初期と34週は血液検査があったので13,000円超えでした。

 

日赤では特に問題の無い妊婦の場合、医師外来と助産師外来(エコー無し)が交互に行われますが、助産師外来の日は支払いがありませんでした。

助産師外来が無料なわけではなく、医師外来の日にまとめて請求されました。

 

助成券を使った場合は上記金額から助成額が差し引かれるはずですが、全額助成券でカバーできるのかな?

もしかしたら足が出て、多少の自己負担も発生するかもしれません。

第一子の出産費用(自然分娩&入院7日間)

初産で自然分娩の場合、入院日数は基本6日間です。

が、私は予定日超過で管理入院からスタートしたので入院日数は7日間になりました。

 

追加料金無しの大部屋(4人部屋)で出産費用は合計64万円

 

ここから出産育児一時金(42万円)を差し引いた「22万円」を退院時に支払いました。

支払いはクレジットカードが使えます。

 

ちなみに、「ハイリスク出産」に該当する場合は6日間で74万円〜80万円程度だそうです。

日赤のハイリスクとは「妊娠32週未満の早産」「多胎」「40歳以上初産」「持病がある」等をいいます。

第二子の出産費用(自然分娩&入院5日間)

経産婦は入院日数が基本5日間です。

 

平日昼間に入院しその日のうちに出産。

4泊5日の入院で59万円でした。

 

上記金額から出産育児一時金(42万円)が差し引かれ、17万円を退院時に支払いました。

 

「自然分娩&経産婦&平日昼間の出産」という入院日数がいちばん短く、分娩費用が最も安いパターンでこの金額でした。

個室料金

個室は5種類あり1日あたりの追加料金は、1番高い部屋が15万円1番安い部屋で2万5千円です。

 

この料金は1日あたりの金額で「宿泊日数」ではありません。

つまり、入院日や退院日も個室料金がかかります。

 

1番安い個室で5泊6日間の入院だった場合、2万5千円×6日間で15万円の追加料金ということです。

1番安くてもこの金額なので、けっこうなお値段ですね・・・・

 

また4人部屋ですが隣との仕切りがカーテンではなく家具になっている広めの部屋を選ぶこともできます。

この部屋は1日あたり1万5千円の追加料金がかかります。

まとめ

以上、気になる日赤の出産費用でした。

 

やはり都内は高いですね・・・。

 

とはいえ、日赤はとても綺麗だし、スタッフは多くて安心できるし、設備も整っています。トータルで考えると、都内でこの値段は安いぐらいだと感じました。

 

なかには100万円を超える病院もあるということなので、場所柄を考えると日赤はリーズナブルだと思いますよ!

 

日赤での出産の様子はこちら↓の記事に詳しく書いているので合わせて読んでくださいね。

参考
日赤 出産入院
【日赤医療センターの口コミ】大病院なのにホテルのような分娩室でゆったりとしたお産ができるステキな病院

2013年に第一子、2015年に第二子を、東京の広尾にある日本赤十字医療センターで出産しました。   この記事 ...

続きを見る

妊娠線にお悩みの方へ

Pick Up
妊娠線解消クリーム キラリボーテ ほほえみキラリ
妊娠線消える?キラリボーテを2ヶ月使った効果と感想(口コミ)ビフォーアフターあり

妊娠線を消す方法を知りたい・・・ 妊娠線が消えると話題のクリーム「キラリボーテ」って本当に効果あるの?   お ...

続きを見る





同じカテゴリの記事

日赤 食事

2019/12/26

【日赤医療センターの食事レポ】出産のお祝い膳はないけど味はGood!

日赤医療センターで2回出産を経験しました。   *日赤での出産入院の詳細は「【日赤医療センターの口コミ】大病院なのにホテルのような分娩室でゆったりとしたお産ができるステキな病院です」を読んでください。   こちらの記事では日赤に出産入院した時の食事レポをします! 日赤 出産入院時の食事 いわゆる ”病院食” で薄味&質素なメニューですが、素材やダシの味がきいて美味しかったです。 このぐらいの塩分に抑えると健康にいいのか〜と主婦として勉強にもなりました。 なお、昼食と夕食は2種類のメニュ ...

ReadMore

日赤 出産入院

2020/1/25

フリースタイル出産レポ!会陰切開なしで産後も快適でした

先日フリースタイル分娩で第二子を出産しました。 病院は2年前の第一子出産でもお世話になった、広尾にある日赤医療センター。   *日赤での出産については下の記事でも詳しく書いているので興味ある方はどうぞ↓   前回は仰臥位で分娩しましたが今回はフリースタイル出産となったのでその様子をレポートします。 陣痛〜入院まで その日は朝から10分間隔で痛みがきていました。 でも、まだまだ全然耐えられるレベル。出産にはほど遠い感じ。   ただ、前日の検診で子宮口もかなり開き、赤ちゃんもだい ...

ReadMore

2019/12/26

【日赤医療センターの出産費用】2回出産したのでそれぞれの金額を公開

私は2013年に第一子、2015年に第二子を、東京の広尾にある日本赤十字医療センターで出産しました。   ※その時の出産入院の様子は「【日赤医療センターの口コミ】大病院なのにホテルのような分娩室でゆったりとしたお産ができるステキな病院です」をお読みください! この記事では日赤の出産費用を公開します。 これから日赤での出産を控えている方、検討している方のお役に立てると幸いです! 妊婦健診費用 住民票が東京都外にあったため「妊婦健診費用助成券」が使用できず、日赤での支払いは毎回全額自費で支払っていま ...

ReadMore

2019/12/26

【日赤医療センター】里帰り出産する場合の分娩予約方法

私は現在札幌に住んでますが、2人目の出産も1人目を産んだ「日赤医療センター(東京都渋谷区)」にしようと決めていました。   この記事では里帰りで日赤医療センターでの出産を希望する場合の出産予約方法をご紹介します。   妊娠が分かったばかりの時ってまだまだ流産の可能性も高いし出産予約を取る気にならないかもしれません。 でも、人気の病院は早めに出産予約がいっぱいになるので妊娠がわかったら早めに動くのがベターですよ。 20週までに日赤で初診を済ませる 日赤で里帰り出産をしたい方は、20週まで ...

ReadMore

日赤 出産入院

2020/1/25

【日赤医療センターの口コミ】大病院なのにホテルのような分娩室でゆったりとしたお産ができるステキな病院

2013年に第一子、2015年に第二子を、東京の広尾にある日本赤十字医療センターで出産しました。   この記事では日赤での出産入院のこと、食事や費用、部屋、分娩などを口コミします。   これから日赤医療センターで出産をひかえている方のお役に立てるとうれしいです。 分娩スタイル|自然分娩のみ。無痛なし。フリースタイル分娩あり。 日赤では自然分娩を推奨しているため無痛(和痛)分娩はやっていません。 母親学級でも説明があり、どうしても無痛を希望の人は他へ転院していただきますということでした。 ...

ReadMore

日赤 出産入院

2020/1/25

出産予定日超過で管理入院*41週で無事安産でした

私は2013年4月に第1子を東京の広尾にある日本赤十字医療センターで出産しました。   36週頃から子宮口もひらき始め、赤ちゃんもおりてきていて、「いつ出産が始まってもおかしくない」と言われながら、待てど暮らせど陣痛は来ず・・・。   ついに予定日を1週間超過。41週0日になっても陣痛が来ず、管理入院となりました。 こちらの病院では予定日を1週間超過すると、自動的に管理入院になります。   この記事では41週になるまで陣痛がこず、ついに管理入院となった私の出産をレポートをしま ...

ReadMore




おすすめコンテンツ

-妊娠・出産, 日赤医療センター

© 2020 チアフルマザー