Cheerful Mother!

札幌で育児まっただなかの元気ママがおすすめする 便利グッズ・お出かけ情報

日赤医療センター(広尾)

日赤医療センター(広尾) 出産レポートブログ

2017/09/18

日赤 出産レポ

私は2013年4月に第1子を東京の広尾にある日本赤十字医療センターで出産しました。

予定日を1週間超過しても陣痛が来なかったので管理入院からのスタート。管理入院についてはこちらをご覧ください!

管理入院をした日の夜中に自然に陣痛が来て、夜中2時頃に産前フロアから分娩室に移動になった私。

分娩室〜出産、退院までのレポートです。

分娩スタイル|自然分娩のみで無痛は無し!

自然分娩を推奨している病院のため無痛(和痛)分娩はやっていません。母親学級でも説明があり、どうしても無痛を希望の人は他へ転院していただきますということでした。

予定日を超過してもすぐに促進剤を使わない点でも、自然なお産を推奨している病院なんだなと感じました。

この病院では、陣痛〜分娩〜出産後2時間程度の休息をずっと分娩室で過ごします。
陣痛室で子宮口が全開になってから分娩室へ移動という病院も多いですが、この病院のスタイルだと途中で移動しなくていいので楽チンでした。

しかも、分娩室はとても広くて綺麗。病院という感じはしなくホテルの1室のような雰囲気。
個室でソファもトイレも部屋の中にあるので、付き添いの家族も心地よく過ごせる空間でした。

陣痛の間はずっと助産師さんが付き添ってくれ放置されることはなかったです。

出産後はすぐにカンガルーケアをしてくれます♪
カンガルーケアの後、そのまま部屋の中で赤ちゃんの身長や体重測定を行います。産まれてから別室に赤ちゃんを連れて行かれてしまうこともなく、ずっと私のそばにおりました。

産後2時間ぐらいその部屋で休息し、問題なければ産後フロアの病室に移動します。
移動は元気な人なら歩いていくそうですが、私の場合、出血量が多く貧血ぎみになっていたので車いすで移動しました。

部屋

基本は4人部屋です。追加料金を払うと、広めで隣との仕切りが壁になっているタイプの4人部屋や個室もあります。

私は基本の4人部屋でしたが狭かったです・・・。

ベッドの横に赤ちゃんのコットを置いたら残りスペースはほとんどありません。

荷物はベッドの横に備え付けてある収納棚にしまいましたが、一部入りきらなかったので使わないものは家族に持って帰ってもらいました。
冷蔵庫は各自のベッド横についています。

トイレと洗面台は各部屋の入り口についているので、4人部屋ならその4人で共有することになります。

産後直後からの24時間母子同室

この病院は母乳育児に超熱心な病院なので、基本は産後直後から母子同室で頻回授乳を行います。

が、私は出血が多く貧血気味だったので出産当日の夜はナースステーションで赤ちゃんを預かってくれました。

預かってもらっている間も、きっちり3時間おきに看護婦さんが赤ちゃんをベッドまで連れて来るので授乳を行います。
(授乳が終わったらまたナースステーションに戻す)

母乳分泌が軌道にのるまでは最低1日10回、できれば12回以上吸わせて欲しいと言われました。
12回ってことは2時間おきに授乳となります。初めての授乳、産まれたてで吸うのが下手っぴな赤ちゃん。
1回の授乳(とオムツ替え)に1時間近くかかるのでほとんど寝る暇がありませんでした・・・。

さすがに寝れなさすぎて疲れきってしまい、見かねた看護婦さんが2時間預かるから寝なさいっと言ってくれた日もありました。

いま思えば、無理せず疲れてしまった時は赤ちゃんを預かってもらっても良かったなあって思います。

あまりにしんどくて、入院中は赤ちゃんをカワイイと思う余裕もありませんでした。

入院中の生活

ひたすら授乳練習です。ここの看護婦さんたちはみんな授乳指導のプロ。

毎日担当の看護婦さんが変わるのですが、毎日必ず授乳の仕方や授乳回数のチェックをされ、やり方を教えてくれます。
オッパイ事情ってママと赤ちゃんによって全然違うので、その母子にあった形で指導してくれます。

私の場合なかなか分泌しなかったので、オッパイマッサージ(痛くなかった)や全身オイルマッサージ(血流を良くするため)もしてくれました!
どの看護婦さんもすごく親身になって一生懸命教えて下さるので、なんとしてでもオッパイで育てたいなという気持ちになりました。

入院中の食事や入浴については産前フロアと同内容でしたので、こちらをご確認ください!

出産費用

費用についてはこちらに記事をアップしましたのでご確認ください!

最後に

けっきょく看護婦さんたちの熱心な努力にも関わらず、入院中はほとんど母乳が出ませんでした。
出産と入院生活で疲れきってしまい食欲も減退、しかも貧血ぎみだったので、しっかり休んで体力回復しないことにはオッパイ出ないだろうなぁという気が自分でもしてました。

でも、入院中に頻回授乳をしていたおかげで、退院し実家に帰ってゆっくり休んだらオッパイもたくさん出るようになり完母となりました。
授乳方法もしっかり教えてもらったので、退院してからオッパイのあげ方で悩むこともありませんでした。

多分、私はもともと出が良い方ではなさそう。それでも完母になったのはこの病院だったからです。

入院生活は大変ですが、母乳で育てたい人にはとってもオススメの病院です!

※2015年3月に第二子をふたたび日赤医療センターで出産しました!第二子の出産レポはこちら

チアマザおすすめ記事

adsense

スポンサーリンク

twitter

このブログが気に入ったらフォローしてね↓

関連記事(adsense)


【あなたへのオススメ記事(*^^*)】

-日赤医療センター(広尾)