ママブログCheerful Mother!

チアフルマザー|陽気な母さんの札幌子育てライフ

妊娠・出産

出産予定日超過で管理入院*41週で無事安産でした

日赤 出産入院

私は2013年4月に第1子を東京の広尾にある日本赤十字医療センターで出産しました。

 

36週頃から子宮口もひらき始め、赤ちゃんもおりてきていて、「いつ出産が始まってもおかしくない」と言われながら、待てど暮らせど陣痛は来ず・・・。

 

ついに予定日を1週間超過。41週0日になっても陣痛が来ず、管理入院となりました。

こちらの病院では予定日を1週間超過すると、自動的に管理入院になります。

 

この記事では41週になるまで陣痛がこず、ついに管理入院となった私の出産をレポートをします。

 

いま予定日超過でヤキモキしている方のお役に立てると幸いです。

管理入院までの流れ

40週の妊婦健診で

「このまま41週0日まで陣痛が来なければ、41週0日にあたる日に入院(管理入院)してもらいます」

と説明を受けました。

 

「41週になる前に陣痛がきて欲しい!」と願い、散歩したり、スクワットしたりがんばってはみたものの・・・。

陣痛どころか「前駆陣痛」すらないまま41週を迎えてしまい管理入院に。

 

陣痛がこない自分にいらだったり、悲しくなったり。

情緒が不安定すぎて病院に向かう前に自宅で泣いてしまいました。

 

病院に到着し1階で入院手続きを済ませ、産科病棟に。

 

ここの産科病棟は、産前と産後でエリアが分かれているので病室も別。

産前のナーバスな時に、新生児のお世話をしている産後の人を目にすることは無いので良い造りでした。

管理入院って何をするの?

病室についたら、まずは普段の妊婦健診と同じこと(尿検査、体重測定、血圧測定、内診)をしました。

ただ、このときはエコーはありませんでした。

 

内診ではかなり刺激されました。

本番の陣痛はきっとこんなもんでないだろうからと、我慢、我慢。

 

内診後びっくりするぐらいに出血。

これも陣痛を誘発するためと思って、ここは頑張りました。

 

私の場合、特に急いで赤ちゃんを出さないといけない状態でもなかったため「特に問題ないので、散歩でもして自由にして下さい」と言われました。

 

管理入院中は毎日朝と晩にNSTをとり、その結果に異常がなければ促進剤や誘発剤をいきなり使うことはせず、自然に陣痛を来るのを待つ方針の病院でした。

 

4日間ぐらいは誘発剤は使わずに自然に陣痛がくるのを待ち、それでも陣痛がこなければ薬を考えると医師に言われました。

 

って、朝晩のNSTだけのために入院って暇すぎじゃん!

それだけだったら家に帰してくれよ〜(涙)って感じ。

 

こちらは管理入院した日の夜のNSTの写真です。
日赤 出産入院

入院中の外出

基本禁止とのことでしたが、私の場合、土日は外出届けを出せば日中外出してもOKと言われました。

 

陣痛はいつ、どうやってきたか?

管理入院した直後の内診の刺激のおかげか、割とすぐに少しずつお腹が痛くなりました。

その日の消灯のころにはかなり規則的な痛みが。

 

「これが陣痛なのか?!」と思いながらも、まだ大丈夫だったので取りあえず寝てみる。

 

しかし、ドンドン痛くなり…

 

24時ごろに看護婦さんが巡回に来たので「お腹痛い」と言ったら、NSTをとることに。

 

「まだそこまで強くないからもう少し様子みましょう。我慢できなかったらナースコールしてね」と言われる。

 

看護婦さんが去ってしまい、また一人ベッドの上で痛みと戦う。

「このまま出産になったら眠くて大変!」と思い、がんばって寝ようとこころみるも、ドンドン痛くなり寝るどころでは無く・・・

 

ナースコールをどのタイミングで押したらいいか悩みながら痛みと戦う。

 

そして、2時過ぎにまた巡回が来たので「痛くて眠れない・・・」と伝える。

 

すると、「じゃあ分娩室に移動しましょう」と。

 

「やったー!やっと待ちに待った出産が始まるんだ」とホッとし、少し嬉しくなる私。

 

旦那に電話をし「飲み物と食料を買って病院に来て」と伝えました。

 

そして、歩いて病室から分娩室に移動。

消灯前に「もしかしたら今晩陣痛が来るかも?」と思い荷物をまとめておいたので、スムーズに移動できたのが良かったです。

 

そしていよいよ分娩室へ。

 

さいごに:予定日超過=難産ではない!41週でも安産でした。

分娩室に移動した夜中の2時ごろから本格的な陣痛が始まり、約10時間後に無事に出産しました。

お産は特にトラブルもなく安産でした。

 

予定日超過だからといって、陣痛時間が長くなる、難産になるわけではありません。

 

1回目は41週で出産だった私ですが、2回目は予定日前日(39週6日)でした。

2度の出産を振り返って思うのは「私は陣痛が予定日ギリギリまでこない体質」だということです。

 

切迫早産、早産で大変な思いをしている妊婦さんもいますが、私はその逆で体質的に予定日まで持つタイプなのではないかと感じました。

 

周りには予定日超過でも安産だった友人がたくさんいます。

 

なので、いま超過してヤキモキしている人は、必要以上に不安になったりせずになるべく穏やかに過ごしてくださいね。

良いお産になりますように。




Pick Up
日赤 出産入院
【日赤医療センターの口コミ】大病院なのにホテルのような分娩室でゆったりとしたお産ができるステキな病院

2013年に第一子、2015年に第二子を、東京の広尾にある日本赤十字医療センターで出産しました。   この記事 ...

続きを見る

Pick Up
日赤医療センター
フリースタイル出産レポ!会陰切開なしで産後も快適でした

先日フリースタイル分娩で第二子を出産しました。 病院は2年前の第一子出産でもお世話になった、広尾にある日赤医療センター。 ...

続きを見る









-妊娠・出産
-,

Copyright© ママブログCheerful Mother! , 2019 All Rights Reserved.