ママブログCheerful Mother!

札幌/アラフォーママの、子育て、美容、暮らしのブログ。 ”ちあふる” は「陽気な」という意味。

ポピー夏休み増刊号「なつドリるん」(年長向け)をやってみた

幼児ポピーのなつドリるん

幼児ポピーの年長さん向け夏休み増刊号「なつドリるん」を買ってやらせてみました。

 

「なつドリるん」は毎月の幼児ポピー(あおどり)の総まとめレベルですが、いつも解いてる幼児ポピーとは出題形式がちがうものが多く、問題に慣れていないこともあり、娘には少し難しく感じたようです。

 

また、毎月のポピーに比べると文字を書かせる問題が多めで、書き練習がたくさんできます。

 

小学校入学に向け、もう一段レベルアップした問題をやらせたいと考えている方に「なつドリるん」おすすめですよ!

 

この記事では「なつドリるん」の内容を詳しくレビューしているので、気になっている方はぜひ最後まで読んで参考にしてください。

 

なお、毎年人気で完売になっているので、気になる方は在庫があるうちに購入するのをおすすめします↓

「なつドリるん」公式ページはこちら

【なつドリるん 購入方法】

公式ページの「無料おためし見本申込」で月刊ポピーあおどり(5〜6歳)の見本を申し込み、教材見本に記載の窓口(担当支部)に問い合わせると購入できます。

なつドリるん内容

なつドリるんは年長向けの夏休み増刊号で、単品購入することができます。

 

・1日1枚のドリルで楽しく学べる「まいにち!ドリるん」

・心と体を大きく育てる「からだであそぼ!」

・楽しい発見で好奇心や意欲を育てる「はっけんたい!」

 

の3冊がセットで、料金は1,132円(税込)です。

 

詳しい内容は「なつドリるん」公式ページも合わせてご覧ください。

まいにち!ドリるん

幼児ポピーのなつドリるん

メイン教材はこちらの「まいにち!ドリるん」

1枚1枚ハギトリ式になっており、全部で32シートあります。

ワーク用のシール、親向けのガイド(回答)も付いてます。

 

娘は毎月の幼児ポピー(あおどり)は1人でサクサク解いてますが、「まいにち!ドリるん」は見慣れない問題も多いせいかサポートしないと解けないものもあり、毎月のポピーより難しく感じたようです。

 

とはいえ、毎月の幼児ポピーの総まとめレベルなので、少し解説すれば解けるレベル。

 

毎月のポピーだけだと出題形式がワンパターン化するので、いろんな種類の問題に挑戦でき応用力の訓練になるのがいいと思いました。

 

ドリルの中身を少し紹介しますね。

 

まずは「文字」

毎月のポピーでは文字を書く練習が少なめで物足りないと感じてましたが、「まいにち!ドリるん」では文字を書く問題が多め。

しかも、下書き無しで書く問題が多めなので、文字を書く訓練になります↓

 

「数字」の問題では数字を書く練習はもちろん、法則を見つけて空欄にあてはまる数字を考える問題なんかもありました。

この問題、娘はなかなか苦戦していましたよ↓

 

数の合成では、あわせて10になる組み合わせを線で結びます↓

これは毎月のポピーでもよくやっているのでサクサク解いてました。

 

暗記問題もあります。まずは数字を覚えて・・・

 

覚えた数字を思い出して書く、という問題です↓

子どもは記憶力がいいので意外と楽勝。

大人の方が難しく感じてしまう問題でした(苦笑)

 

「上から○番目、右から○番目」という問題もあります↓

1軸だけなら簡単にできても、”上下”と”左右”の2軸になると途端に混乱するやつです(笑)

 

これは数字別に色をぬるワーク↓

一見すると単純なワークですが、「5より1小さい数に青をぬりましょう」と設問がひねってあり、日本語の意味を理解し計算する力を問うようになってました。

 

「知恵」では、仲間はずれを探す問題などがありました。

こちらの仲間はずれを探す問題、大人でもちょっと考えないと分からないレベル。

親向けのガイドをチラ見してしまいましたよ(笑)

 

断面図がどの形なのかを紐付けるような問題もありました↓

 

最後は絵日記を書くワークもあり、幼児にはなかなかハイレベル↓

 

このように、1冊で「文字」「数字」「知恵」「作文」など幅広く学習できるドリルで、内容も普段のポピーに比べると全体的にひとひねりしてあります。

 

毎月のポピーでつけた力を試したい、小学校入学に向けてもう1歩ふみこんで勉強したい子にはおすすめできる教材だと感じました。

「なつドリるん」公式ページはこちら

からだであそぼ!

「からだであそぼ」は、小学校の体育(なわとびや跳び箱、側転など)につながる基礎的な体の動かし方を習得するブックです。

 

幼児の体操教室で定番の「くまさん歩き」「かえるジャンプ」など、簡単な動きから始まり、じょじょにレベルアップして側転や跳び箱、なわとびにつながる動きを体得していく流れになってます。

 

側転↓

 

跳び箱↓

 

親としても、こうやって体を使って子どもと遊ぶといいんだ!と色々なヒントがもらえる1冊になってます。

 

「からだであそぼ」は、毎月の幼児ポピー「わぁくん」に掲載されている内容とかぶる感じでした。

「なつドリるん」公式ページはこちら

はっけんたい!

「はっけんたい」は動植物を見つけたり、身近なものを使った遊びを提案するワークブックです。

 

夏の虫やお花を探してみたり↓

 

石や貝がらなど海で拾えるものを使って形を作ってみたり↓

 

野菜スタンプで遊んでみたり↓

 

親子で夏をたのしく過ごすヒントとなる遊びがたくさんありました。

 

前述の「からだであそぼ」とこちらの「はっけんたい」は、毎月の幼児ポピー「わぁくん」の内容に近いものでした。

「なつドリるん」公式ページはこちら

まとめ:完売に注意!年長さんの夏の学習は「なつドリるん」!!

月刊ポピーの支部の調べ方

ということで、「なつドリるん」の紹介でした。

 

時間に余裕のある夏休みは、学習習慣をつけ、小学校入学に向けた勉強を始めるのにベストな時期ですよね。

 

「そろそろ勉強もやらせなきゃ・・・」とお考えの方には、レベル・ボリューム(問題量)・価格など、総合的にみて「なつドリるん」はちょうどいい教材だと思います。

 

夏休み中に終わらせなくても、入学するまでにのんびり取り組む教材としてもかなり使えますよ!

 

毎年人気で時期を逃すと売り切れてしまうので、興味のある方は在庫があるうちに購入しましょう↓

幼児ポピー「なつドリるん」の公式ページはこちら

 

なお、在庫があれば夏が過ぎても購入できるとのことなので、いまからでも欲しいなという方は一度ポピーに問い合わせしてみるといいですよ↓

幼児ポピー「なつドリるん」の問い合わせはこちら

【なつドリるん 購入方法】

公式ページの「無料おためし見本申込」で月刊ポピーあおどり(5〜6歳)の見本を申し込み、教材見本に記載の窓口(担当支部)に問い合わせると購入できます。

 

園生活最後の夏。たのしくお過ごしくださいね!

 

▼幼児ポピー年長向け「あおどり」の教材レビューはこちら↓

 

▼幼児ポピーを3年間つづけた効果・感想はこちら↓

▼フォローしてね!twitterで札幌子育てライフをつぶやいてます

adsense


スポンサーリンク

adsense関連記事



リンクユニット




リンクユニット




-幼児ポピー, 通信教育