ママブログCheerful Mother!

札幌/アラフォー年子ママの、子育て、お出かけ、ライフハックブログ

コラム

幼稚園のクラス替えで友だちと別々に。年中女子の仲良しグループの壁にぶち当たる。

2018/09/18

子どものクラス替えに親のあなたがザワザワしてませんか?

仲がいい子と離れてしまい、どう子どもをフォローしたらいいか悩んでませんか?

 

大人になってまでクラス替えに胸がざわつくことがあるんだと、子どもを産んで知りました。

クラス替えって、今も昔もほんとドキドキしますよね。

 

うちの娘の幼稚園は各学年50人弱の児童がいて3クラスに分かれており、クラス替えが毎年行われます。

 

年中のクラス替えで仲良しさんと離ればなれになった娘。

 

友だちと離ればなれになるだけならまだしも、新しいクラスは別の仲良し女子グループで固まっておりなかなか友だちができず、一時はメンタル不安定になってしまいました。

 

でも、その状況を乗り越え、いまは何の問題もなく楽しそうに登園してます。

 

子どものクラス替えにざわついてる方はこの記事を読むことで、少しは気がラクになっていただけると思いますので最後までぜひ読んでみて下さい。

年少の時の様子

娘は特に仲がいい女の子の友だちが5人いて、その子たちと遊んだりお弁当を食べたりすることが多かったようです。

 

この友人たちとは夏休みや冬休みにはお互いの家で遊んだり、プリキュアの映画を観に行ったりもしてます。

 

ちなみに、うちの娘を含むこの6人は年少の早い時期からプリキュアに目覚めており、洋服にもうるさく、どちらかといえばマセてる系なタイプです。

年中のクラス替えで友だちと別々に

5人も仲がいい子がいたので、さすがに誰かしら同じクラスになるだろうと思ってたのですが・・・

 

名簿を見ると、これまで娘と交流が無い子ばかりのクラス。。。

 

名簿を見て娘のことが心配になったのですが、あまり不安を与えるのもよくないと思い、私からは何も言わずに黙って様子を見ることにしました。

半ベソで幼稚園から帰宅。メンタル不安定な日々。

年中が始まって数日たったある日、幼稚園から帰ってきたら、

 

だれもペアになってくれない

クラスに友だちがいないからつまらない

 

と言いだしました。

 

上の発言は想定の範囲内でしたが、やはり親としてはとても心配。

娘は新しいクラスでどう立ち振る舞ったらいいか分からず悩んでるようでした。

 

クラス名簿を出してきて、同じクラスの女の子の交友関係を娘に聞いてみました。

娘の話を整理すると、、、

 

・女の子の仲良しグループがあり、そのグループに気が合いそうな子がいるけど、もうすでにグループで仲良くしてるから入れない

・そこのグループに所属してない子はポツポツと単独状態。でも、単独状態の子には気が合いそうな子がいない。

 

うーん!

これって大人の世界にもよくある話じゃん!!

女ってのは年中からこんな悩みに遭遇するのか!!!

 

悩みの内容が大人の世界と同じなので、驚きました。。。

新しい環境で自分のポジションを築く社会勉強だ!

「なんで友達と別々のクラスにしたんですか?!」と、たまに園に文句を言う保護者もいらっしゃるようですが。。。

 

私は幼稚園も先生方も信頼しており、園で決めたクラス替えに物申すなんてとんでもないという考えでした。

そりゃ「せめて誰か一人ぐらい同じクラスにしてくれたっていいのに・・・」とは思いましたよ。

 

でも、これから先、学校や社会で「仲良しが誰もいない」というシーンはたくさんある。

苦手な環境、慣れない環境で自分のポジションを確立していくスキルは社会で生きていくために絶対必要。

 

その練習だ。

この経験はきっといい人生経験になる、と前向きにこの状況をとらえることにしました。

 

まだ小さい娘に過酷ではありますが、娘の力を信じ、この状況をどう乗り越えるか見守ることにしたのです。

(というか、見守る以外に親ができることが無い・・・というのもあります)

個人懇談で先生に状況を伝える

とはいえ、やはり心配だったので4月の個人懇談で担任の先生には娘の様子を伝えました。

 

先生も友達と離ればなれになってしまったことは気になっていたようです。

 

私からは「娘には、いつも同じメンバーでつるむのではなく、新しい友だち、新しい楽しみを見つけ、人間としての幅を広げて欲しい」と先生に伝えました。

 

先生方も交友関係の固定化は気になってたようで、お弁当の席をくじ引きにする、ペアを組む時いつも同じ人とならないよう工夫する等しているようで、安心して任せることができました。

GW明けから気持ちが安定。少しずつ新しい友だちができる。

4月の間はメンタル不安定で、幼稚園に行きたがらなかったり、帰ってからメソメソしている日が結構ありました。

 

様子が変わったのがゴールデンウィーク開け。

 

どうやらクラスの男の子と仲良くなったようです。

それまで幼稚園に親しい男の子はいないようでしたが、クラスに面白いことを言う男の子がいて、それが娘の笑いのツボにはまったよう(笑)

 

新しい世界が広がってよかったな、とちょっと安心しました。

 

そして、その数日後、こんどはクラスの女子グループの中の一人の子と友達になったと喜んで帰ってきました。

 

きっかけは、その子が落としたゴムを拾ってあげたら「ありがとう。友達になろう。」と言ってくれたんだそう。

 

その子と友達になれたのがすっごく嬉しかったみたいで、ニコニコ満面の笑みでした。

 

それからは4月の時のようにメソメソしたり、行きたくないと言うことは無くなりました。

毎日たのしそうに通園しています。

 

先生や娘の話を聞くと、ペアになりたい子と組めなかったり、一緒に遊ぼうと言っても入れてもらえなかったり、そういったイザコザは園内では日常茶飯事のようです。

 

でも、嫌なことがあっても気持ちの切り替えが早くなったと先生がおっしゃってました。

 

4月は自分の思うようにならないと泣いてた娘ですが、最近はうまく行かなくても気持ちを切り替えて幼稚園生活を楽しんでるよう。

 

すごく成長したなと感じます。

 

先日の運動会では、クラスの子と仲良く話したり踊ったりする姿も見れて安心しました。

 

ちなみに、年少時に仲よかった5人とはいまも仲良しで、いまでも一番よく出てくる友達の名前はやっぱりそのメンバーです。

なんだかんだで、その子たちがいちばん気心知れて楽しいようです。

まとめ:子どもの力を信じよう

うちの幼稚園がたまたまなのかしれませんが、年中の仲良しグループはそんな陰湿なものではなかったです。

 

家が近い、親同士が仲がいい、園バスが一緒、習い事が一緒など、何らかのきっかけ、共通点があって特に親しくなってるだけで、他を排除したいとか、そんなブラックな気持ちはないんだと思います。

 

いま友だちがいなくても、何かをきっかけに話してみたら意気投合して、すごく仲良くなることもあるでしょう。

もちろん、話してみたけどなんか違うな・・・と感じてそこまで親しくならないこともあるでしょう。

 

そこは大人の世界とまったく一緒ですよね。

 

我が子のことになるととても心配になってしまうけど、これから先も同じようなことがあったら社会勉強だと思い子どもの社会性を信じ見守ろうと思います。

 

団体生活で自分のポジションを確立していく経験は将来絶対に役立つはず。

 

子どもの絶対的な味方になって、あまり心配しすぎずに、温かく見守りたいなと思いました。

子育てママにおすすめの記事
頭のいい子を育てるための、6歳までの子育てのポイント
頭のいい子は勉強が好き!
子どもが勉強好きになる親の関わり方を教えます。
目的・タイプ別にみる幼児のおすすめ通信教育(フローチャート診断あり)
フローチャートでお子様にぴったりの通信教育を診断してみませんか?
目的別、タイプ別におすすめの教材をご紹介してます。
アラフォー主婦ミュゼに行く!しつこい勧誘はある?100円脱毛のカラクリをレポ
100円で両ワキとVラインがツルツルになるまで脱毛通い放題のミュゼレポ。
100円だけで本当に済まされるの?と不安な方へ、ミュゼの勧誘具合、カラクリを教えます。

adsense


スポンサーリンク

instagram

adsense関連記事



adsense関連記事

-コラム