ママブログCheerful Mother!

札幌/アラフォー年子ママの、子育て、お出かけ、ライフハックブログ

知育・教育

幼児の鉛筆デビューはトンボの三角鉛筆が、くもんより分かりやすくておすすめ

トンボ おけいこ鉛筆

我が家ではお勉強の時、6Bの三角鉛筆を使っています。

 

これまではくもんの三角鉛筆を使っていました。

 

ところが、幼稚園で使っているトンボの三角鉛筆を買ってみたところ、こちらの方が持ち方を教えやすくていいかも。

大人の2B鉛筆を与えていた私の失敗談

まだ、こういった子ども用の三角鉛筆があることを知らなかった時、子どもに大人用の2B鉛筆を使わせてました。

 

ところが、大人用の鉛筆だと線がうまく書けないんですよね。

細くて持ちづらいし、芯がかたくてスルスル鉛筆を運べない。

 

線がうまく書けないからだんだん子どもが鉛筆を嫌がるようになり、しまいにはボールペンを愛用するようになってしまいました。

 

ドリルをやるのもボールペン。お絵かきもボールペン(笑)

 

なんでそんなにボールペンが好きなんだろう?と不思議だったんですが、ボールペンはスルスルとインクが出るから力が弱くても書けるんですよね。

 

スルスル書けるから好きだったんです。ボールペンが。

 

そこで初めて筆記具(道具)の大切さに気づき、ネットで調べて子ども用の三角鉛筆を書ってあげました。

 

幼児は筆圧が弱いので芯がかたい鉛筆だと、大人のようにスルスルと書けません。

なので、まずは6Bからスタートしましょう。

6Bだと芯が柔らかくてスルスル線が書けるので、2歳〜3歳の小さな子どもでもたのしく線が引けてお勉強がはかどります。

トンボの三角鉛筆は正しい持ち方を教えやすい

子どもに正しい鉛筆の持ち方を教えるのって難しいですよね。

 

トンボの三角鉛筆は、三角形の各面に「お父さん」「お母さん」「お兄さん」の絵がプリントされてます。

 

お父さん↓

 

お母さん↓

 

お兄さん↓

 

・お父さんの面→親指(お父さん指)

・お母さんの面→人差し指(お母さん指)

・お兄さんの面→中指(お兄さん指)

 

を置くと、正しく鉛筆が持てるようになってるんです。

トンボ 三角鉛筆

 

これが子どもにはとても分かりやすいようで、これまで持ち方がめちゃくちゃだった息子もだんだん正しく持てるようになってきました。

 

また、鉛筆の両はしには「右」「左」が書かれているので

 

・右利きの人→「左」と書いてる方を削って使う

・左利きの人→「右」と書いてる方を削って使う

 

こうすることで、右利きでも左利きでも使える優れものです。

 

くもんの三角鉛筆も形状、太さはほぼ一緒です。

ただ、お父さん、お母さん、お兄さんの絵が無いので、トンボの鉛筆の方が正しい持ち方を意識しながら使えて良いかもしれません。

まとめ:道具は大事。幼児には書きやすい鉛筆を与えよう。

幼児に大人用の細長い鉛筆を渡しても、うまく線を書けないんですね・・・

上手に鉛筆が使えるようになるまでは、子ども用の鉛筆を使わせていきたいなと思いました。

子育てママにおすすめの記事
頭のいい子を育てるための、6歳までの子育てのポイント
頭のいい子は勉強が好き!
子どもが勉強好きになる親の関わり方を教えます。
目的・タイプ別にみる幼児のおすすめ通信教育(フローチャート診断あり)
フローチャートでお子様にぴったりの通信教育を診断してみませんか?
目的別、タイプ別におすすめの教材をご紹介してます。
アラフォー主婦ミュゼに行く!100円脱毛だけで済まされるのか?初回カウンセリングと施術1回目の様子
100円で両ワキとVラインがツルツルになるまで脱毛通い放題のミュゼに行ってきたレポ。
ムダ毛処理から解放されたい人はどうぞ!

adsense


スポンサーリンク

adsense関連記事



adsense関連記事

-知育・教育