ママブログCheerful Mother!

チアフルマザー|陽気な母さんの札幌子育てライフ

子育て

スイミング教室の進度、3歳児と5歳児ではこれだけちがう!

スイミングって何歳から始めるのがいい?

どのぐらいでクロール25M泳げるようになる??

 

我が家は、上が5歳(年中)、下が3歳(年少)のときに姉弟で同時にスイミング教室に入会しました。

 

毎月月末に進級テストがあるのですが、2人とも同じ級からスタートしたのに1年たつころにはかなりの差が。

性格や能力の違いもありますが、3歳児と5歳児ではやはり進度がぜんぜん違います。

 

下の子を見てると「もう少し大きくなってから始めた方が進みが早く効率がよかったかも」と感じることも。

 

この記事では、3歳児と5歳児の進度のちがい、クロール25M泳げるようになるまでの期間、小さいうちから習わせるメリット、デメリットを書いています。

 

スイミング教室への入会を検討中の方、進み具合にヤキモキしている方は、最後まで読んで「こんな例もあるんだ」と参考にしてください。

 

<追記>進みの悪かった下の子は1年半でスイミングやめました。詳しくは下の記事をどうぞ。

3歳児と5歳児ではスイミング教室の進度がかなりちがう

習い始めて1年で、上の子はクロールの息つぎ練習にはいりました。

一方、下の子はようやく伏しうき(けのび)の練習に入ったところです。

 

通っているスイミング教室の級でいうと3つ差がひらいてます。

 

だいたい1つの級を合格するのに早くて2ヶ月、遅いと4〜6ヶ月ぐらいかかるので、下の子がいまの上の子の級まで上がるのにあと半年〜1年はかかると予想されます。

 

▼5歳から始めた上の子:
水慣れからスタートし、クロールの息つぎ練習にいくまで1年。
▼3歳から始めた下の子:
水慣れからスタートし、クロールの息つぎ練習にいくまで1年半〜2年はかかりそう。

 

個人差もあるので一概には言えませんが、始める年齢によってそのぐらい進度の差があると言えます。

 

上の子と下の子を見比べていて思うのが「理解度」が全然ちがうということ。

 

上の子は先生に指導されたことをすぐに理解してやってみるし、進級テストの評価ポイントを理解した上で毎週練習にのぞんでます。

 

一方、下の子は先生に指導された内容を分かってるんだかどうだか。

進級テストの内容も、テストを受けて初めてその級で何が求められてるかを理解している様子。

 

上の子は事前にその級のゴールを理解して練習してるので一発でテストに受かることもありますが、下の子はそもそもゴールを理解していないので一発合格できません。

 

それゆえに、姉弟でどんどん差が開くんですよね。

 

また、幼ければ幼いほど身体を思うように動かせません。

 

例えば、バタ足は膝を曲げずに足の付け根から動かさなければなりませんが、頭でそれを理解していても身体が思うように動かない。

下の子を見てると本人は必死でがんばっているのに上手にできてないことがよくあります。

 

年長〜小学生ぐらいの子ならすぐできるようなことでも、年少の子には難しいことがたくさんあると見学してて思います。

クロール25メートル泳げるまでにかかる時間

水泳を習う上での目標として「クロール25メートル泳げるようになること」を1つの目標にしている方も多いと思います。

 

幼児から水泳を習わせた場合、クロール25M完泳できるようになるまでにどのぐらい時間がかかるのか?

 

水泳教室の様子をみているとこんな感じです。

▼進みが早い子:1年半〜2年

▼普通の子:2年半〜3年

 

自分の子が普通なのか、進みが早いのかは、習わせてみないことには分からないでしょう。

運動神経がいい子でも水泳は苦戦している子もいるし、逆のパターンもいます。

 

そして、我が家の下の子のようにまともに泳げるようになる前にやめてしまう子もいます。

 

*進みの悪かった下の子が1年半でスイミングをやめた話はこちら↓

 

「毎回泣いている子」「なかなか進級できず停滞しがちな子」はクロールができるようになる前にやめてしまう確率が高いな〜と見ていて感じました。

小さいうちから水泳を習わせるメリット

小さいうちから水泳を習わせて良かったと感じるメリットは以下です。

目標に向かってがんばること、精神力がきたえられる

スイミングスクールは毎月進級テストがあり「ゴールに向けて努力する」という経験ができます。

 

子どもには、何事にもあきらめず努力する力をつけさせたいですよね?

 

「はじめはできなくても努力すればできる」

この経験を幼い頃から積めるのがスイミングスクール最大のメリット。

 

もちろんテストに不合格で泣き、自信を喪失する月もありました。

 

でも、それもまたいい経験。

 

落ちて泣いてる我が子を見るのは胸が痛みますが「悔しさをバネに次月がんばる」くじけない心」が育てられ、精神力をきたえることができます。

 

ただ、落ちすぎて自信を喪失し、がんばる意欲を完全に失ってしまうこともあるので、そうなる前にケアは必要だと思います。

達成感を味わえる

テストに合格すると「できた!」「合格した!」と達成感を味わうことができます。

 

その達成感は自分への自信となり、自己肯定感が満たされ、もっともっと頑張ろうという活力・勇気につながります。

 

毎月進級テストがある習い事ってスイミングスクール以外にあまりないですよね。

 

スイミングは進級テストがあるので、子どもが「できた!」を実感しやすく達成感を味わえるのが良いなと感じてます。

入学までに泳げるようになる

上でも書きましたが、うちの教室の場合、幼児がクロール25M泳げるようになるまで一般的に2年半〜3年かかる感じです。

 

つまり、年少から始めれば、小学校入学までにクロール25M泳げるようになる可能性が高いと言えます。

 

入学までに泳げるようになっていれば、小学校の授業に自信をもって臨めるメリットがありますよね。

 

また、水泳は一度泳げるようになれば習うのをやめても泳げなくなることはありません。

(タイムは落ちるかもしれませんが・・・)

 

小学校入学以降は勉強に力をいれたいなら、時間に余裕がある幼児期のうちにスイミングスクールに通わせ水泳スキルを習得するのは効率的かもしれません。

小さいうちから水泳を習わせるデメリット

小さいうちから水泳を習うメリットはありますが、一方でデメリットと感じることも2点ありました。

スキルの獲得に時間がかかる

小さいうちから習わせると、プールの中を歩いたり、バケツの水を頭からかぶったり、いわゆる「水慣れ」からスタートするので、泳ぎの練習に進むまでに数ヶ月かかります。

 

でも、小学生になってから習い始める子は、水慣れは飛び級し、伏しうき(けのび)あたりからスタートする子がほとんどです。

 

また、幼児の場合、泳ぎの練習が始まってからも「ひざを曲げずに足を動かす」とか「力を抜いて浮く」といった基本的なことに数ヶ月かかる子がほとんど。

 

できるだけ短い期間で水泳スキルを獲得したいなら、理解力・運動能力が高くなる年長〜小学生ぐらいで通い始めた方が効率的だと分かりました。

 

一部の才能ある子をのぞき、普通の幼児は進みがとてもゆっくりです。

 

長期間通わせるとそれだけお金(月謝)もかかるので、できるだけ短期間で習得したいならある程度の年齢になってから始めた方がいいでしょう。

向いてない子だと”水泳ぎらい”になる可能性も

マタニティスイミング

もう1つのデメリットが、無理やりやらせると”水泳ぎらい”になる可能性があるということ。

 

無理にやらせてきらいになるのは幼児に限った話ではありませんが、幼児の場合、本人の意志を尊重せず親の意向で習わせているケースも多いと思います。

 

子どもが嫌がっているのに無理して続けさせると、水泳ぎらいになってしまい本末転倒になってしまいます。

 

水泳は進級テストで結果がはっきりでるだけに、向いている子はどんどん進んで自信をつけていく一方、落ちてばかりの子は自信を失いやすい習い事だと感じました。

 

なので、お子さんが水泳を楽しんでやっているかどうかはよく観察した方がいいと思います。

 

これについては私も大いに反省すべき点があったと痛感しました。

 

*進みの悪かった下の子が1年半でスイミングをやめた話はこちら↓

まとめ:スイミングは何歳から始めるのがベスト?

時間はかかるけど小さいうちから習わせ、入学までにある程度泳げるようにしておく
小学校にはいってから習わせ、効率よく水泳スキルを習得する

 

どちらがいいかは保護者の考え方、子どもの性格によると思います。

他の習い事との兼ねあいもあるでしょうし、小学校に入ってからだと勉強時間とのバランスも考える必要があるでしょう。

 

幼いうちから始めるとスキルの習得に時間はかかりますが「目標に向かって努力すること」「達成感」を小さなうちから経験できるというメリットはあります。

 

ただ、もしお子さんが水に顔をつけることを嫌がるようなら、いまはまだ水泳を習わせるタイミングではないのかもしれません。

わざわざお金を払って水慣れに何ヶ月も時間をかけるのはもったいないので、時間をおいて改めてタイミングをうかがった方がスムーズに進むと思います。

 

以上、つらつら書きましたが、自分の子が水泳に向いているかどうかはやらせてみないことには分からないんですよね。

 

なので、まずは体験教室や短期教室でお子さまの向き不向き、やる気を探ってみるのがいちばんだと思います!

 

▼進みの悪かった下の子が1年半でスイミングをやめた話はこちら↓









-子育て
-,

Copyright© ママブログCheerful Mother! , 2019 All Rights Reserved.