通信教育(幼児)

幼児の通信教育はやったほうがいい?やらなくてもいい??必要性の見きわめ方

ゆっこ

高学歴な専業主婦。小学生の娘と幼稚園の息子がいます。「子供の可能性をグーンと引き出したい!」をモットーにゆるくたのしく勉強や習い事をさせてます。

通信教育の必要性

周りの子は通信教育や塾などやってるのに我が家だけ何もしてなくて不安・・・

通信教育ぐらいやった方がいいのかなと思うけど、効果がよく分からない。

幼児期にそこまでお勉強させる必要があるのか疑問。

 

そんなモヤモヤを抱えていませんか?

 

周りに教育熱心な家庭があったり、通信教育などの教材紹介資料に「幼児期からのお勉強が大事!」と書いてあるのを見ると、ついつい焦ってしまいますよね。

 

ベネッセの2015年調査では習い事をしている幼児の比率は48.6%と約半数。

習い事の種類では「スイミング」が17.2% と最も高く、次に「通信教育」が12.1%となってます。

また「英語など語学教室 11.2%」「受験目的ではない塾 5%」「一括購入教材 3.3%」「受験のための塾 0.5%」となっており、学習系の習い事を合計すると30%以上にもなります。

(参照元:【幼児の生活調査】習い事をしている比率 6歳で約8割に

 

でも、早くからお勉強させる必要って本当にあるのでしょうか?

 

我が家では、上の子が年少、下の子は年年少のときから通信教育(幼児ポピー)をやってますが、

 

幼児の通信教育は学力アップというより、親が子どものお勉強面を客観的に把握するのにとても便利なツール

 

だと感じてます。

 

小学校に入れば学習カリキュラムが決まっており「いつ・どこまで」できればいいか明確になります。また、テストや通信簿を通して子どもの学力を客観的に知ることができますよね。

 

しかし幼児期は「いつ・どこまで」が曖昧で学習指標が無いので、周りの状況や教育情報に振りまわされがちです。

 

通信教育を続けていればもちろん学力アップも期待できますが、学力うんぬん以上に「親が子どもを客観的に理解する」のに役立つと感じます。

 

この記事を読んでいただくと

 

・幼児期に通信教育をやることのメリット

・通信教育をやったほうがいいか、やらない方がいいかの判断

 

がお分かりいただけますので、お悩み中の方はぜひ最後まで読んで参考にしてください。

読み書き計算の習得に、通信教育は必須ではない

通信教育をとる一番の目的は「小学校入学準備」、つまり、ひらがなの読み書きやかんたんな計算の習得だと思います。

 

実際に私も「小学校に入るまでに読み書き計算ぐらいはきちんと身につけさせたい」と思って通信教育を始めました。

 

でも、読み書き計算は特に意識して勉強させなくても自然と出来るようになるんですよね。

 

幼稚園・保育園の掲示物、ロッカーや下駄箱に書いてある名前、街中の看板を見て自然と文字を覚えていきます。

 

遊びや生活の中で数をかぞえる、合計する、分けるをし、数の概念(計算)を学んでいきます。

 

いつまでもオムツをはいてる子がいないのと同じように、時期に個人差はあれど、いつまでも文字が読めない、書けない、カンタンな計算ができない子はいません。

 

読み書き計算の習得が目的なら別に通信教育でなくてもいいでしょう。

 

生活や遊びの中で文字や数字を教えればいいし、それで足りなければドリルを買ってくれば済む話です。

 

では、通信教育の本当のメリットって何だと思いますか?

通信教育のメリットは「子どもの学習面を客観的に知れる」こと

小学校に入ればテストや通信簿で子どもの学力を客観的に知ることができます。

また、学習カリキュラムが決まっているので、今どこまでできればいいか分かりやすいです。

 

しかし、幼児期は明確な学習指標が無く「いつ・どこまで」が曖昧ですよね。

基準が曖昧なので、色々な情報や周りの家庭の方針に振りまわされやすくなります。

 

教育熱心な家庭の話を聞いてて不安になった

SNSで他の子が自分の子より進んでるのを知ってあせった

 

そういうことって多くの人が経験していると思います。

 

一定の基準がないだけに幼児期は他の子と比較して判断しがちです。

 

でも、通信教育をとっているとそれが解決します。

 

通信教育はその年齢・時期に合わせた教材が届くんですよね。

つまり、通信教材を見れば「いまの時期はこれができればOKなんだ」が分かるのです。

 

そして、通信教材を通して子どもの学習面(得意、不得意、好き、無関心)を客観的に知ることができます。

(周りと比べるのでなく)標準的な進度と比べて自分の子が今どのぐらいできてるか知れる。

 

これが通信教育をやっている一番のメリットだと感じます。

 

例えば大手の通信教育だとひらがなを書く練習は年中からスタートします。

でも、現実には年少で書ける子もかなりいますよね。

 

通信教育をやってれば、年少で書ける子が早いだけ。書きは年中からのんびりスタートしてもOKなんだと分かり、周りの状況に下手に振りまわされずに済むというわけです。

子どものことが客観的に分かれば、可能性を伸ばすことができる

通信教育で子どもの学習面(得意、不得意、好き、無関心)が客観的に分かると、子どもの力(可能性)を伸ばす、苦手を克服する、そのために何をしたらいいか明確になります。

 

好きなことや得意なこと、出来ることについてはたくさん褒め、自信をつけさせ自己肯定感を高める。

 

遅れをとってるジャンルがあれば、そこを丁寧に教えたり、優しいレベルのドリルを買ってやってみたり、苦手が好きになるよう色々と工夫をこらすことができるでしょう。

 

通信教育だと学習ジャンルのかたよりがなく1冊でまんべんなく取り組めるので、子どもの性格、好みがよく分かります。

 

また、文字や数字だけでなく、季節や年中行事、工作なども学べる通信教材を選べば、幅広くいろんなことに触れるなかで子どもの新たな可能性を発見することができます。

通信教育を通して、自分の育児・教育に自信が持てる

通信教育のもう1つのメリットが「子どもと向き合うことで、自分の育児・教育に自信が持てる」ということです。

 

自分のことならそれほどでもないのに、子どものこととなるとついつい周りや溢れる情報に流されてしまう。

 

それは、自分の育児や教育のやり方に自信が無いからとも言えます。

 

とはいえ、子育てに正解はないし、いまのやり方が正解かどうかはずっと先まで分からないので、自信が無くて当たり前でしょう。

 

だけど、「こんなんでいいのかなぁ〜」と迷いながら育てるのと、「私はこうする!」と自分軸を持って育てるのでは、子どもへの影響がちがうと思うんです。

 

お母さんが周りに振りまわされて自分軸が無い子育てをしていたら、子どもも自分軸が無い子になってしまうでしょう。

 

自分の子育てに自信を持つには「子どもと向き合うこと」

周りを見るのでなく、自分の子を見てどう伸ばしたらいいか考えることが子育ての基本だと私は思います。

 

通信教育を始めた場合、幼児だとまだ1人で進められないので必然的に親子でやることになりますよね。

また、毎月送られてくるので習慣的に取り組まねばなりません。

 

通信教育をとり親子で習慣的に取り組むことは自然と「子どもと向き合う時間を作る」ことになります。

 

「子どもと向き合う時間を習慣的に作る」という意味で、通信教育はとってもいいツールです。

通信教育が向く人、向かない人

とはいえ、どんな家庭でも通信教育が向くとは思いません。

私が考える、通信教育が向く家庭は以下です。

通信教育が向いている家庭

・子どもと向き合う時間を作りたいと思っている

・周りと比べるのでなく、子どものことを客観的に知りたい

・コツコツと力をつけていきたい

 

子どもと一緒にコツコツ取り組んで、周りに振りまわされずに標準的なペースで小学校入学準備をしたい家庭には通信教育が向いてます。

通信教育が向かない家庭

・子どもと向き合うことがストレスになる

・先取り学習をさせたい

 

子どもと向き合うことに大きなストレスを感じる場合は、通信教育がかえって負担となってしまうのでやめた方がいいでしょう。

また、後述しますが、先取り学習をしたい家庭には通信教育(特に大手の通信教育)だと簡単すぎて満足できないと思うので、先取り学習用の教材や塾が向いていると思います。

教材選びのポイント

幼児ポピー 年中 あかどり

通信教育の教材選びは下の記事に書いてるので、詳しいことはそちらをお読みください。

幼児向け通信教育のレベル比較はこちら

参考
幼児向け通信教育のレベルをランキングで紹介
【幼児 通信教育7社のレベル】ランキングで簡単〜難しいを分かりやすく紹介

幼児向け通信教育ってたくさんあるけど、うちの子のレベルに合う教材ってどれ?   この記事では、幼児向け通信教育 ...

続きを見る

 

かんたんに説明すると、大手通信教育(幼児ポピー、こどもちゃれんじ、Z会幼児コース、ドラゼミ)はコツコツと時間をかけて小学校入学までに必要な学力を身につけていく教材です。

教材レベルやカリキュラムに大きなちがいはないので、お子様の好みや価格で決めるといいでしょう。

 

ただ、上で挙げた通信教材は、成長が早い子、先取り学習をしたい子にはレベルが低いと感じるかもしれません。

そういった子には先取りを目的とした、ちょっとレベルの高い教材をやってみる選択肢もあります。

参考
【幼児の通信教育】先取りが目的なら「七田式」「すてっぷ」「RISU」がおすすめ!

実学年の通信教育をやっているけど内容が優しすぎる。 いまの年齢(学年)に関係なくどんどん先取りして勉強させたい。 &nb ...

続きを見る

 

ただ、個人的には、幼児時期に先取り学習は必要ないと思ってます。

 

先取りする余裕があるなら、たくさん遊ぶ、しつけやお手伝い、カードゲームなど娯楽で知育をする等、子どもの情操教育(自分で感じ、考え、心を豊かにする教育)に時間をかけた方が、総合的に子どもの能力が伸びるのではないでしょうか。

まとめ:幼児の通信教育は、周りに振りまわされず子どもと向き合える便利なツール

幼児期の成長は個人によってバラバラです。

 

オムツマンで全然トイレに興味を示さなかった子がある日突然「パンツはく!」と言い出したように、文字や数字に対してもある日突然興味を持って伸び出すタイミングがあります。

 

年少の時に文字にめざめる子もいれば、年長の終わりまでぜんぜん興味を示さない子もいます。

 

親としては、子どもがいま何に興味を持っているか見極め、それを伸ばしてやる。

幼児期は、それが何よりも大事だと思いませんか?

 

通信教育は子どものことを客観的に知ることができる、便利なツールです。

毎月送られてくるので「先月までぜんぜん興味なかったのに、突然興味を持ち出した!」という気づきもよくあります。

 

子どもと向き合い、子どもの能力を伸ばしたいと考えている方に通信教育はピッタリはまると思います。

 

どの教材を選べばいいか分からない方はこちらの記事を参考にしてくださいね↓

幼児向け通信教育のレベル比較はこちら

参考
幼児向け通信教育のレベルをランキングで紹介
【幼児 通信教育7社のレベル】ランキングで簡単〜難しいを分かりやすく紹介

幼児向け通信教育ってたくさんあるけど、うちの子のレベルに合う教材ってどれ?   この記事では、幼児向け通信教育 ...

続きを見る





同じカテゴリの記事

月刊ポピーの退会方法

2020/9/16

月刊ポピーの退会方法|支部の調べ方、電話番号、返金などを詳しく解説

この記事では、月刊ポピーの退会方法について、支部の調べ方や電話番号、返金などを書いています。   月刊ポピーの退会手続きのポイントはこちら。 月刊ポピーの退会方法 ポイント 2ヶ月前の20日までに支部へ電話連絡する 一括払いの場合、残金は返金してくれる     ・支部って何? ・支部の連絡先ってどこに書いてあるの? ・返金って損しない?   この記事を読むと、上のような疑問がすっきり解決できるので最後まで読んで参考にしてください。   ポピーを退会して別の ...

ReadMore

幼児ポピーの先取り

2020/6/26

【幼児ポピーの先取り受講】こんな子なら大丈夫!目安と注意点、先取りしなかった理由

幼児ポピーは通信教育の中でも進みがゆっくりでやさしめと言われてますよね。   うちの子たちも幼児ポピーを2歳から卒園まで受講しましたが、サクサクスムーズにこなしてました。   こちらもCHECK   そのため「1つ上の学年を先取り受講しようかな?」と考える方もたくさんいると思いますし、実際SNSを見てると先取りしている方をたまに見かけます。   この記事では、4年間幼児ポピーを受講し教材を見続けてきた経験から、幼児ポピーの先取り受講について 2歳で年少(きいどり)を ...

ReadMore

幼児ポピーオプション「しあげのドリるん」口コミ

2020/6/28

幼児ポピー 年長オプション「しあげのドリるん」は小1前半を先取りし入学準備の仕上げにぴったり

我が家では年少のときから幼児ポピーを受講してますが、これまでのまとめ&入学準備の総仕上げに、幼児ポピーの年長向けオプション「しあげのドリるん」を購入しやってみました。 年長の上の子、今日のポピータイムは「しあげのドリるん」 毎月の教材とは別の副教材で、冬休み前に買いました‼️税抜き 1048円 ボリュームも結構あるし、あおどりの総まとめでやりがい十分。 いつのまにか時計がちゃんと読めるようになってて安心しました🤗 pic.twitter.com/z03lAAvVMh — ゆっこ*小1と幼児のお ...

ReadMore

小学校入学準備におすすめの通信教育

2020/9/14

小学校入学準備におすすめの通信教育は?年長の大切な1年を無駄にしない教材の選び方

そろそろ本格的に小学校入学準備を始めたいんだけど、おすすめの通信教育ってどれ?   この記事は、そんな疑問をお持ちの方にむけて書いてます。   この記事について 下記の受講経験をもとに「幼児ポピー」「Z会幼児」「こどもちゃれんじ」「まなびwith」の4社を比較してます。 紙教材の有名どころを網羅しているので、(タブレットではなく)紙の通信教育をご検討の方はぜひ最後まで読んで参考にしてください。 【受講歴】 幼児ポピー:2歳から卒園まで4年間受講 Z会幼児コース:年長1年間受講 こどもち ...

ReadMore

幼児ポピーオプション「なつドリるん」口コミ

2020/6/28

幼児ポピー夏休み増刊号「なつドリるん」(年長向け)は毎月のポピーより難しめでやりがいあり!

幼児ポピーの年長さん向け夏休み増刊号「なつドリるん」を購入してやってみました!   「なつドリるん」は毎月の幼児ポピー(あおどり)の総まとめレベルですが、いつも解いてる幼児ポピーとは出題形式がちがうものが多く、問題に慣れていないこともあり、娘には少し難しく感じたようです。   幼児ポピー年長「あおどり」のレビューはこちら   また、毎月のポピーに比べると文字を書かせる問題が多めで、書き練習がたくさんできます。   小学校入学に向け、もう一段レベルアップした問題をやら ...

ReadMore

幼児ポピー年長の口コミ

2020/6/8

口コミ感想【2020年最新】幼児ポピー年長「あおどり」の受講者がメリット・デメリットを教えます

我が家では2歳児ももちゃんの時から幼児ポピーを受講し、小学生になった今でもポピーで家庭学習に取り組んでいます。   幼児ポピーは毎月わずか980円〜1100円と安い料金なのに、バランスよくいろんなことが学べ、ポピーだけでしっかり小学校入学準備ができるのでおすすめです。   この記事では幼児ポピー年長(あおどり)の内容を詳しく紹介します。   幼児ポピー「あおどり」はこのような方におすすめです。 幼児ポピー「あおどり」はこんな方におすすめ 小学校入学に向け、読み書き計算の基礎を ...

ReadMore

がんばる舎すてっぷの口コミ

2020/6/17

【がんばる舎すてっぷ 口コミ・感想】毎月800円!子どもに合えば安くてとてもいい教材!!

我が家では2歳の時から幼児ポピーで家庭学習を続けていますが(幼児ポピーの感想はこちら)、ポピーだけだと学習量が物足りなくなってきたので、月額800円のプリント教材「がんばる舎 すてっぷ」を試してみました。   この記事ではすてっぷをやってみた感想を紹介します。   結論から言うと、上の子は食いつきが悪く積極的にやってくれませんでした。 一方、下の子はすてっぷの教材が気に入ったようで楽しく勉強しています。   幼児ポピーやこどもちゃれんじ等の通信教育だとカラフルでキャラクターが ...

ReadMore

スマイルゼミ幼児コースの口コミ感想

2020/6/8

【スマイルゼミ幼児の正直な感想】やっぱり勉強はタブレットより紙でしょ!?

先日、近所のデパートでやっていた「スマイルゼミ体験会」に行ってきました。 *スマイルゼミ体験会の開催情報はこちら   この記事では「スマイルゼミ幼児コース」を実際にやってみた感想をお話ししたいと思います。   率直に言うと、昭和生まれな私としては「やっぱり勉強は紙教材のほうがいいな・・・」と感じました。   とはいえ、スマイルゼミには「子どもが一人で勉強を進められる」「動画やアニメーションの解説があるので難しいことも理解しやすい」など、紙教材にはないタブレットならではの魅力も ...

ReadMore

まなびwithの口コミ感想

2020/6/8

口コミ感想【まなびwithは難しい!】幼児ポピーと比較するとハイペースで優等生向き

まなびwithは難しいって聞くけど、うちの子ついていけるかな? まなびwithと幼児ポピー、どちらを選んだらいいかな?   この記事は、上のような疑問をお持ちの方に、幼児ポピーを4年間受講した我が家が「まなびwith」をやってみた感想を正直に教えます。 参考幼児ポピーの口コミ感想はこちら   コロナ対策で小学館が無料で配ってるまなびwithのワークブックが届きました。 まなびwith、かわいいイラストで幼児にも親しみやすい雰囲気だけど、内容はしっかりお勉強って感じ。 子どもじみてなく、 ...

ReadMore

ポピーキッズイングリッシュ口コミ

2020/6/28

ポピーの英語教材っていい?悪い?実際にやってみた感想・口コミ(ポピーキッズイングリッシュ)

先日、幼児ポピーを届けてもらったときに、2019年4月から新しく始まったポピーの英語教材「ポピーキッズイングリッシュ」を先行でモニター利用させてもらいました。 こんな方におすすめ 幼いうちから英語に触れて耳を育てたい 手ごろな料金の英語教材を探している 小学校の英語の授業に向けて準備したい この記事では、ポピーキッズイングリッシュを実際にやってみた感想を正直に書きたいと思います。   率直な感想としては、英語教材は高額なものが多いなか、ポピーキッズイングリッシュは毎月1,680円と手ごろな値段で ...

ReadMore

ドラゼミが終了しまなびwithへ!

2020/6/8

ドラゼミが終了し「まなびwith」に!思考力系の教材とタブレットが特徴

2019年3月でドラゼミが終了し、2019年4月より新しく小学館の通信教育「まなびwith」が始まりました。 *対象年齢は年少〜小学校6年   この記事では新しく始まる「まなびwith」の教材を調べたので、教材内容を詳しく紹介します。   なお「まなびwith」ではただいま無料教材セットを配布しているので、気になる方はこちらから申し込んでくださいね↓ 「まなびwith」の無料教材セットを申し込む   まなびwithと幼児ポピーの比較はこちら 「まなびwith」とは?ドラゼミ終 ...

ReadMore

RISUきっずとは?

2020/6/8

算数のタブレット教材「RISUきっず」とは?カリキュラムや特徴を徹底紹介

幼児向けのタブレット教材「RISUきっず」をご存知ですか?   「RISUきっず」は小学校1年生前半までの算数を幼児のうちに先取り学習できる、本格的なタブレット教材です。   この記事では「RISUきっず」のサービス内容や特徴、料金などを詳しく解説。 また、1週間無料でRISUきっずと使ってみることができるおためし申し込みについてもご紹介してますので、ぜひ最後まで読んでRISUを体験してみてくださいね。 >>いますぐ無料おためしキャンペーンに申し込む<< *無料キャンペーン申し込みには ...

ReadMore

2019年4月幼児ポピーリニューアル

2020/6/8

【幼児ポピー】2019年4月に教材リニューアル!年中・年長は1100円に値上げです

2019年4月号より「月刊幼児ポピー」が新しくなりました!   特に年中用「あかどり」と年長用「あおどり」が大きくリニューアルされ、それに伴い、料金が毎月980円だったのが1,100円に改定されました。 *2歳児用「ももちゃん」と年少用「きいどり」はこれまで通り毎月980円です。   この記事では、2019年4月の幼児ポピーリニューアル内容を詳しくみていきたいと思います。 幼児ポピーとは? 幼児ポピー「ポピっこ」は親子のふれあいを通じ、ふだんの生活からいろいろなことを学ぶきっかけづくり ...

ReadMore

RISU算数の料金を分かりやすく説明

2020/6/8

【クーポンあり】RISU算数の料金は高くない!学校の授業と同等なら2,480円ポッキリです

RISU算数の料金が複雑でわからない 毎月の支払いを安く済ませる方法を知りたい   この記事はそんな方のために、RISU算数の料金を分かりやすく解説し、安くおさえるためのポイントを教えます。   *幼児向けのRISUきっず、中学受験基礎コースの料金解説もあります。   RISU算数(小学生) ココがポイント RISU算数は利用状況に応じて利用料が加算されますが、学校の授業と同等のペースで進めれば毎月2,480円だけで済みます。 →毎月1ステージ(75〜100問)ずつこなすペー ...

ReadMore

RISU算数のプライムサービス

2020/6/8

タブレット教材 RISUの新サービス!オーディオブックが3ヶ月無料

算数のタブレット学習教材「RISUきっず」「RISU算数」の会員向けに、さまざまなサービスがお得に利用できるプライムサービスが始まりました。   RISUのプライムサービスは、子育てのすきま時間に本が音で聞けるオーディオブックが3ヶ月無料になったり、RISU会員限定のOisixトライアルキットが試せるなど、会員家族の学び・食・健康・探求に役立つサービスがお得に利用できます。   RISUきっず・RISU算数で子どもの算数力がアップするだけでなく、家族に役立つ各種サービスがお得に利用でき ...

ReadMore

ポピーキッズイングリッシュのレベル選び

2020/6/8

【ポピー英語】ポピーキッズイングリッシュのレベル選び、カリキュラムを詳しく紹介(ポピペン)

2019年4月より、月刊ポピーで年長〜小学校2年生向けの英語の通信教育が始まりました。   教材名は「ポピーキッズイングリッシュ(ポピー Kids English)」   「ポピペン」と呼ばれるタッチペンを使って学習を進めていき、小学校3年生から始まる英語の授業にスムーズに取り組めるよう自宅で先取り学習ができる教材です。   料金は毎月わずか1,680円ととてもリーズナブル。   教材はレベル1〜レベル3までの3段階に分かれており、小学校4年生までに習う単語や表現が ...

ReadMore

幼児ポピー・小学ポピーの入会特典と友だち紹介プレゼント

2020/9/18

限定情報あり!月刊ポピーの入会特典・友達紹介・年払い割引まとめ

この記事は月刊ポピーの入会特典、紹介キャンペーン、年払い割引など、お得に入会する方法をまとめた記事です。   公式サイトに載ってないことも書いてるので、損をしないためにもじっくり読んでください♪   ▼教材の口コミや感想はこちら 幼児ポピーの口コミ感想 小学ポピーの口コミ感想 ポピーキッズイングリッシュの口コミ感想   いきなり結論。 ポピーにお得に入会する方法をまとめます。 ポピーにお得に入会するには? 【重要】公式サイトに載ってない特典やキャンペーンをチェックする! 幼児 ...

ReadMore

月刊ポピーのお試し

2020/9/18

【ポピーのお試し購読】1ヶ月だけの有料体験で日常に組み込めるか確認しよう

月刊ポピーの教材ってどんな感じ? うちの子にポピーが合うかどうか見極めたい。   そんな方は、月刊ポピーのお試し購読(有料体験)がおすすめ。   1ヶ月だけ受講できるので、毎日の生活に組み込めるか確かめてから入会を決められますよ♪   ▼教材の口コミや感想はこちら 幼児ポピーの口コミ感想 小学ポピーの口コミ感想 ポピーキッズイングリッシュの口コミ感想   ーーー ポピーには無料のお試し教材がありますが、無料版だと簡易的なものなので、きちんと継続できるか判断が難しいこ ...

ReadMore

ポピーキッズイングリッシュスタート

2020/6/8

2019年4月に月刊ポピーで英語教材がスタート【ポピー Kids English】で「聞く」「話す」の基礎を養おう

我が家が愛用している通信教育「月刊幼児ポピー」で、年長〜小学校2年生向けの英語教材が新しく刊行します。 ポピー英語教材は2019年4月開始、名称は「ポピー Kids English」です。   教材スタートはまだ先になりますが、おためし見本(無料)はすでに受付を開始してますよ!   この記事では来春スタートする「ポピー Kids English」をご紹介します。   #実際に使ってみた感想、口コミをアップしました↓ 英語の通信教育「ポピー Kids English」教材内容 ...

ReadMore

2020/6/26

【幼児の通信教育】先取りが目的なら「七田式」「すてっぷ」「RISU」がおすすめ!

実学年の通信教育をやっているけど内容が優しすぎる。 いまの年齢(学年)に関係なくどんどん先取りして勉強させたい。   そんなお悩みはありませんか? 通信教育を始めるにあたり、実学年の教材だと内容が優しいので1つ上の学年を取ろうと考えている方もいると思います。   ただ、学年制の通信教育は生活(上の子は下の子の面倒をみる等)や行事(入園式、卒園式等)の要素も含まれており、学年にあったストーリー性を持たせているので、実際の学年の教材を使うのがベストだと感じています。   そこで、 ...

ReadMore

▼▼▼見逃し厳禁情報▼▼▼

モバイルヘッダー

教材無料プレゼント情報

 




おすすめコンテンツ

  • この記事を書いた人

ゆっこ

高学歴な専業主婦。小学生の娘と幼稚園の息子がいます。「子供の可能性をグーンと引き出したい!」をモットーにゆるくたのしく勉強や習い事をさせてます。

-通信教育(幼児)

© 2020 ママベン