ママブログCheerful Mother!

札幌/アラフォーママの、子育て、美容、暮らしのブログ。 ”ちあふる” は「陽気な」という意味。

2歳向け通信教育の内容と特徴を比較(ポピー、すてっぷ、こどもちゃれんじ、福音館)

我が家の下の子は2歳(年年少)の時から通信教育の幼児ポピーをやっています。

 

多くの通信教育は3歳児(年少)からですが、この記事では就園前から何かやりたいと探している方のために2歳からできる通信教育を紹介。

各社の教材内容と特徴を解説します。

 

ざっくり言うと、

・生活習慣や基本的なことを身につける→幼児ポピー

・たのしく知育→こどもちゃれんじ

・お勉強→がんばる舎

・絵本や読み聞かせが好き→福音館

がオススメ。

 

2歳だとまだ出来ることも少ないし「勉強、勉強!」という年齢でもないので通信教育をやること自体に意味があるのか疑問を持つ人もいるでしょう。

 

記事の最後の方で、実際に2歳で通信教育をやってみた感想も書いてますので最後まで読んで教材選びの参考にしてくださいね。

2歳でできる通信教育

2歳児対象の教材がある通信教育をご紹介します。

幼児ポピー2歳児「ももちゃん」

幼児ポピー 2歳児 ももちゃん

我が家もやっていた幼児ポピーには2歳児、つまり、年少の1つ下の学年(=年年少)を対象とした「ももちゃん」という教材があります。

 

幼児ポピー「ももちゃん」は4月号から始まり毎月教材が届くタイプの通信教育。料金は月額980円です。

 

「ももちゃん」の内容は、生活習慣や季節行事の学習、しつけ、シール貼り、親子で身体を動かして遊ぶ等が中心で、お勉強っぽい内容、知育系の内容はほとんどありません。

「人づくり」の土台として「こころ」「あたま」「からだ」の基盤を培うことを目的としている教材です。

 

よって、ガリガリ早期教育をしたい人には向きません。

 

未就園のうちから親子で学ぶ習慣を身につけ年少以降の本格的な学習に備える教材です。

 

「ももちゃん」の教材内容、1年間やってみた効果は下の記事に書いているので参考にしてください。

幼児ポピーの公式ページはこちら

ベネッセ こどもちゃれんじ

こどもちゃれんじは0歳児から教材がある学年制の通信教育です。

 

2歳だと「こどもちゃれんじ ぷち」「こどもちゃれんじ ぽけっと」のどちらかに該当します。

*来年度年少になる子(=いま年年少の子)は「こどもちゃれんじ ぽけっと」

*再来年度年少になる子は「こどもちゃれんじ ぷち」

 

年年少対象の教材を比べると、幼児ポピーのももちゃんより、こどもちゃれんじぽけっとの方が知育色が強いです。

ひらがなを読みあげるタッチペンがあったり、英語も少しずつ身につけられる内容になってます。

 

値段は毎月2,036円(ぽけっと、毎月払い)と安くないですが、子どもが喜びそうなおもちゃの付録やDVDなど教材が充実しています。

 

未就園で子どもと過ごす時間が長い方には、色々な教材があるのは時間つぶしにもなりますよね。

 

おもちゃが欲しい、楽しみながら学びたい人におすすめです。

こどもちゃれんじの公式ページはこちら

がんばる舎 すてっぷ

がんばる舎 すてっぷ

毎月700円の格安プリント教材「がんばる舎」に2歳児向けの教材(すてっぷ1)があります。

 

がんばる舎の幼児向け教材(すてっぷ)は、すてっぷ1(2歳児程度)〜すてっぷ7(小学校2年生程度)の7コースに別れており、お子様のレベルに応じて、どのコースから始めるか選ぶことができます。

 

各コースはNo.1からNo.12まであり、12ヶ月で終わります。

○月号といった月制度ではなく、いつから始めてもそのコースのNo.1から教材が届くシステムです。

 

2歳だと「すてっぷ1」に該当しますが、幼児ポピーやこどもちゃれんじに比べるとかなり難しいです。

おそらく全然できない子もいると思います。。。

*すてっぷ1の教材サンプルはこちら→すてっぷ1教材サンプル

 

幼児ポピーやこどもちゃれんじは「楽しむ」といった面が強い教材ですが、がんばる舎は「the お勉強」です。

付録はなく、カラフルなイラストもありません。

 

子どもにしっかりと勉強を教え学力をつけさせたい人向きです。

 

なお、基本は毎月1ヶ月分の教材が届くのですが、プリントをまとめて出してもらうこともでき、まとめ出しを使うことでどんどん先取りしていくことも可能です。

がんばる舎の公式ページはこちら

福音館 こどものとも

福音館 こどものとも

こちらは通信教育とはちょっと違うのですが、福音館の絵本が毎月届く「こどものとも」もお勧めです。

 

福音館といえば「ぐりとぐら」「はじめてのおつかい」「ちょっとだけ」など、たくさんの名作を出している有名な出版社ですよね。

 

その出版社の良質な絵本が毎月わずか420円、年間定期購読で5,040円で届きます。

 

0,1,2歳向けの絵本は文字が少ないので、子どもがひらがなを読めるようになった時の読書用にもピッタリです。

 

絵本好きな子に育って欲しいと思っている方はご利用してみてはいかがでしょうか?

自分で絵本を選ぶのが苦手な人にもおすすめですよ。

こどものとも 0,1,2歳向けの公式ページはこちら

実際に2歳から通信教育をやってみた感想

冒頭でも書きましたが、我が家では下の子が2歳の時から幼児ポピーをやっています。

2歳で通信教育をやってみた感想はこちら。

通信教育に親子で一緒に取り組む時間が子どもの心の栄養になる

ママと一緒に机に向かいお勉強をすることをとても楽しんでくれます。

幼児ポピーは内容的に難しくないので、純粋に楽しめたというのもあるかもしれません。

 

ママに見てもらえる、ママが向き合ってくれている。

 

これが子どもにとってはとても嬉しくて、心の栄養になるんだということを実感しました。

 

もしかしたら通信教育でなくても、ママと一緒にたのしくできるなら子どもはなんでもいいのかもしれません。

でも、通信教育のおかげで親としても「時間を作ろう」というきっかけになったのが良かったです。

机に向かうことが習慣化されるのが良い

正直、学んでいる内容は大したレベルではありません。

あいさつや生活習慣なんて通信教育をやらなくても自然と身につくことばかりです。

 

「そこにお金をかける必要があるのか?」と私も疑問を持ち続けていましたが、毎月教材が送られてくることで机に向かうことが習慣化されます。

子どもと向き合う時間を習慣的にとることになります。

 

この「習慣化」というのが通信教育のいいところ。

 

すっかりポピーが大好きになり、毎月届くのを心待ちにしています。

小さいうちに「通信教育(お勉強)をやることが当たり前」になってくれたのが良かったと感じます。

まとめ:教材は「何を目的にするか」で決めましょう

2歳向けの通信教育は会社によって目的がまったく違います。

 

ざっくり言うと、

・生活習慣や基本的なことを身につける→幼児ポピー

・たのしく知育→こどもちゃれんじ

・お勉強→がんばる舎

・読書の週間化→福音館

となります。

 

教材を選ぶさいは、何を目的に通信教育をやりたいのかをはっきりさせるといいですよ!

 

また、年少以降になれば教材の選択肢が増えます。

年少以降の教材選びについては下の記事を参考にしてくださいね。

 

実年齢に関係なくどんどん難しい問題にチャレンジさせたいとお考えの方はこちらをどうぞ。

 

そもそも通信教育ってやる必要あるの?と疑問がある方はこちらの記事をどうぞ!

 

この記事がお役に立てれば幸いです。

▼フォローしてね!twitterで札幌子育てライフをつぶやいてます

adsense


スポンサーリンク

adsense関連記事



リンクユニット




リンクユニット




-教材比較・まとめ, 通信教育