ママブログCheerful Mother!

札幌/アラフォーママの、子育て、美容、暮らしのブログ。 ”ちあふる” は「陽気な」という意味。

ポピーを「さんけん社」で申し込むメリットデメリット。公式とのちがいはここ!

2019/05/14

ポピー公式とポピー公認さんけん社のちがい

月刊ポピーをこれから申し込もうと思っている方。

どこで申し込もうか迷っている方。

 

ポピーの申し込みは「公式サイト」だけでなく、全国に数百ある全家研公認の「支部」で申し込むこともできます。

そして、支部の中でも割引やサービスが充実していて有名なのが「さんけん社」です。

 

 月刊ポピーは、申し込み先によって「支払い方法」「割引」「ポピー教室などの学習サービス(イベント)」「紹介特典」「入会キャンペーン」などが異なります。 

 

この記事では「月刊ポピーの仕組み」「さんけん社で申し込むメリット・デメリット」「公式サイトで申し込むメリット・デメリット」をご紹介します。

 

「さんけん社がいいか?公式サイトがいいか?」は各家庭で何を重視するかによります。

この記事を読んでいただくと、どちらで申し込むとよりお得かが判断できますので最後まで読んで参考にしてくださいね。

 

なお、ポピーをお得に申し込む方法を簡潔に知りたい方は「【知らなきゃ損!】月刊ポピーのお得な申し込み方法4選」にお得な申し込み方法をまとめているので合わせて読んでください。

 ママブログCheerful Mother!
ママブログCheerful Mother!
札幌/アラフォーママの、子育て、美容、暮らしのブログ。 ”ちあふる” は「陽気な」という意味。

月刊ポピーの仕組み|支払い、割引、特典、サービスは支部によって異なる!

幼児ポピーで学習する姿

月刊ポピーの制作・出版は「新学社」ですが、配送や顧客対応は代理店である「支部」がやっています

 

簡単にいうと、新学社はポピーを作るだけで、顧客対応は支部がメインになっています。

 

各支部はポピー会員に対して支部独自のサービスを提供することができ、例えば、入会キャンペーン、紹介特典、ポピー教室などのお勉強会実施、補足プリントの配布など、各支部で様々なサービスを用意しています。

 

また、ポピーの教材お届け方法(手渡しor郵送)、割引、支払い方法も支部が決めています。

 

なので、 申し込む支部によって、教材のお届け方法や支払い、割引、イベントなどのサービスが異なるわけです。 

送られてくる教材はどこの支部で申し込んでも一緒なのでご安心ください。

全家研ポピー公認支部「さんけん社」

全国に数百ある支部の中でも特に有名なポピー支部が岡山に本社がある「さんけん社」です。

さんけん社のホームページはこちら

 

さんけん社では「12ヶ月一括払い割引」「クレジットカード払いOK」「お試し購読」など、さんけん社独自のサービスをやっており、日本全国どこに住んでいてもさんけん社で申し込めばこのサービスを受けることができます。

 

さんけん社で申し込んだときのイメージ↓

月刊ポピー「さんけん社」の仕組み

さんけん社のメリット

さんけん社の独自サービスとして「一括払い割引」「お試し購読」「クレジットカード払い」などをやっています。

さんけん社で申し込んだ場合のメリットはこちら。

一括払い割引がある

例えば「幼児ポピー 年少(きいどり)」の定価は月額980円ですが、さんけん社では1年分を一括払いすると5%安くなります(月額980円→月額930円)。

もちろん、幼児ポピーだけでなく、小学ポピー、中学ポピーも一括払い割引で5%安くなりお得です。

教材は日本全国送料無料でポスト投函

さんけん社で申し込むと、教材は送料無料で郵送(一部エリアはメール便)で届きます。

実は公式サイトで申し込むと、地域によっては教材が手渡しになります。

手渡しがわずらわしい人は、さんけん社で申し込むといいでしょう。

クレジットカード払いができる

さんけん社ではクレジットカード払いを選ぶことも可能です。

 

ちなみに、我が家は公式サイトで申し込んだので教材は手渡し。支払いは教材と引き換えに現金払いです。

現金払いはわずらわしいので、クレジットカードが選べるのは魅力的だなと思います。

お試し購読(有料)ができる

ポピーを契約する前に無料のおためし見本をもらうことができますが、無料おためし見本だと本誌を抜粋した簡易なものなので、「毎月続けられるか?」「自分の子に合っているか?」ちょっと不安が残るかもしれません。

 

そんな方のために、さんけん社では「お試し購読」といって「数ヶ月だけとりあえずやってみる」というシステムがあります。

 

何ヶ月試すかは自由に決められ1ヶ月だけでもOK!

 

「時間がある夏休みに1ヶ月試してみる」「無料見本だけでは分からなかったので本誌を見たい」なんて方にオススメの制度です。

 

お試し購読のかしこい活用方法、おためしするなら何月号がおすすめかを知りたい方は下の記事にまとめているので参考にしてください。

ポピーのおためしは「無料見本」「お試し購読」の2種類あり。ちがいや申し込み方法を解説

キャンペーンが充実している(図書カード500円分など)

さんけん社の独自キャンペーン

さんけん社の独自キャンペーン

さんけん社独自のキャンペーンが充実しており、例えば、小学ポピーや中学ポピーを期間中に申し込むと毎年500円相当のプレゼントがもらえるキャンペーンをやっていたりします。

 

プレゼントは図書カードなど実用的なもので見逃せませんよ!

さんけん社のホームページはこちら

さんけん社のデメリット

さんけん社で申し込んだ場合のデメリットはこちらです。

対面の学習サポートサービスがない

ポピー支部の中には地域に根ざした活動をしている支部(地域支部)がたくさんあります。

 

地域支部ではそのエリアに住むポピー会員を対象に、ポピー教室(お勉強会)や定期試験対策、補習など、対面での学習サポートを実施していたりします。

 

一方、さんけん社では地域に根ざした活動はしていないため、他支部でやっている対面での学習サポートなどのサービスはありません。

幼児教材(幼児ポピー)は毎月払いができない

さんけん社では幼児ポピーの毎月払いが選択できず、半年または12ヶ月一括払いのどちらかになります。

*1人での購読は12ヶ月一括払いのみ。

*2人以上の購読だと半年または12ヶ月一括払いのどちらかを選択できます。

さんけん社のホームページはこちら

さんけん社 特徴まとめ

「さんけん社」で申し込んだ時のメリット、デメリットはこちらです。

メリットは、

  • 一括払いによる割引がある
  • 決済方法が選べる
  • お試し購読ができる
  • 独自キャンペーンが充実している

デメリットは、

  • ポピー教室、定期試験対策など対面での学習サポートサービスが無い
  • 幼児教材(幼児ポピー)は毎月払いが選択できず、一括払いとなる

 

教材を郵便ポストにいれておいてもらえればいい。

地域との関わり、対面での学習サポートは不要。

 

そんな人には「さんけん社」がオススメです↓

おトクな料金で「教材ポピー」を申し込むなら「さんけん社」

公式サイト(地域支部)

ポピーの公式サイトは新学社の「全家研本部」が運営しており、公式サイトで申し込むとお住いの地域の支部から教材が届きます。

ポピー公式サイトはこちら

 

公式サイトで申し込んだときのイメージ↓

月刊ポピーの支部の仕組み

 

教材のお届け方法(手渡しor郵送)、一括払い割引の有無、支払い方法、イベント、入会キャンペーン、紹介特典等は支部によってちがいます。

 

あなたが住む地域でやっているサービスやキャンペーンを知るには、公式サイトから資料請求(無料おためし見本の申し込み)をするのが確実です。

 

資料請求をすると担当の支部から詳しい資料が届くので、気になる方はこちらより申し込んでください↓

いますぐポピー公式サイトで資料請求(無料おためし見本の申し込み)をする

公式サイト(地域支部)のメリット

地域支部ではその地域に根ざした活動・サービスを提供しており、さんけん社には無い地域支部ならではのメリットがあります。

公式サイト(地域支部)で申し込んだ場合のメリットはこちらです。

先生が対面で勉強を教えてくれる「ポピー教室」をやっている

各地域の支部では、それぞれ独自の学習サービスや勉強会を行ってます。

 

例えば、地域の集会所にポピー会員を集めてお勉強会(ポピー教室)を開いたり、定期試験英検対策、補習など塾に劣らないカリキュラムを提供している支部もあります。

(イベントやサービスは有料のものもあります)

 

その地域の学校、定期試験などに合わせて実施している支部が多く、地域支部だからこそできる細やかなサービスを受けることができます。

 

*ポピー教室の詳しい様子は下の記事を参考にしてください

 

イベントやサービス内容は支部ごとに異るので地域によって当たりハズレはあるかもしれませんが、 学習サポートに力を入れている支部なら無料(または割安な料金)で様々なサービスや補習を受けられ大変おトクです。 

手渡しで教材を届けている支部なら地域情報を得られる

支部によっては教材をポスト投函ではなく、教育モニターが手渡しで届けてるところもあります。(我が家がそうです)

 

教育モニターはポピーを届けるだけでなく、身近な相談役として子育てや学習の悩みを聞いてくれたり、地域の学校情報、受験情報も教えてくれます。

また、教材を届けに来てくれたついでに、新しく刊行される英語教材のお試し利用をさせてくれたこともありました。

 

ただ、モニターさんとの関わりで情報がゲットできる反面、そういった関わりがわずらわしかったり退会しづらいという側面もあるかもしれません。

独自キャンペーン、入会特典がある

地域支部では支部ごとに独自の入会キャンペーンなど、各種キャンペーンをやっています。

お住いの地域のキャペーン情報を知りたい方は、公式サイトより資料請求(無料おためし見本の申し込み)をして確認してみてくださいね↓

ポピー公式サイトはこちら

公式サイト(地域支部)のデメリット

公式サイト(地域支部)で申し込んだ場合のデメリットはこちらです。

支払い方法や一括払い割引の選択ができない地域がある

支払い方法を選べるかどうか、一括払い割引をやっているかどうかは支部によって異なります。

地域によっては支払い方法の選択の余地がなかったり、一括払い割引をやっていないところがあります。

(おまけ)自分の地域の支部の調べ方

ポピーの支部一覧は公開されてません。

 

なので、自分の地域の支部を調べるには公式サイトから資料請求をしましょう。

公式サイトから資料請求すると、担当の支部から詳しい資料が届きます。

 

また、「札幌 月刊ポピー」「港区 月刊ポピー」など、お住いの地域名でネット検索し支部を探すという手もあります。

支部のページを見れば、ある程度その支部のイベントやサービス分かります。

 

ただし、ネットで情報発信していない支部もあるので確実なことを知るにはやはり公式サイトから資料請求するのが確実です↓

いますぐポピー公式サイトで資料請求(無料おためし見本の申し込み)をする

公式サイト 特徴まとめ

ポピー公式サイトで申し込むと、あなたが住む地域の支部が教材のお届けや顧客応対の窓口になります。

メリットは、

  • 地域支部や担当者(教育モニター)との関わりで地域情報を得られる
  • 支部でやっているポピー教室、学習サポートサービスを受けられる

デメリットは、

  • 教育モニターとの関わりがわずらわしい人には不向き
  • 手渡しの場合、ポピーを受け取るために在宅していないといけない
  • 支払い方法や割引が充実していない支部がある

地域支部は地域に根ざし、ポピーの配達・教育相談・母親セミナー・ポピー教室など、きめ細やかな家庭教育への支援を行なっています。

こういった取り組みに賛同できる方、地域との関わりが欲しい方は公式サイトで申し込むといいでしょう。

 

ポピー公式サイトはこちら↓

月刊ポピーの公式ページを見てみる

「公式サイト」「さんけん社」 比較表

ということで、まとめるとこんな感じになります↓

月刊ポピー「公式サイト」「さんけん社」比較表

まとめ:けっきょくどちらがオトク?

幼児ポピー

このポピーの仕組み、あまり知られていないと思います。

 

ちなみに、どちらで申し込んでも届く教材は同じもの。定価も変わりません。

 

これからポピーを申し込もうとお考えの方は、「公式サイト」「さんけん社」の両方で無料おためし見本を申し込み、それぞれでやっているキャンペーンやサービス内容を比較検討してから申し込み先を決めるといいですよ!

 

支部によって入会特典の内容などかなり違うので、比較検討することをおすすめします。

 

両方から資料を取り寄せ比較すれば後悔しないですむので、「公式サイト」「さんけん社」それぞれでおためし見本を申し込んでみてくださいね!

 

無料おためし見本(資料請求)の申し込みはこちら↓

 

▼幼児ポピーを3年継続した効果・感想はこちら↓

▼月刊ポピー英語教材のレビュー↓

 

▼月刊ポピーの入会特典・紹介キャンペーンをもらう方法↓

adsense


スポンサーリンク

adsense関連記事



リンクユニット




リンクユニット




-幼児ポピー, 通信教育