ママブログCheerful Mother!

札幌で育児まっただなかの主婦がおすすめする 便利グッズ・お出かけ情報

幼児教育

知らなきゃ損!ポピー公式サイトと代理店さんけん社、申込はどっちがトク?

2017/11/06

幼児ポピー 公式

月刊ポピーの教材配達や料金の仕組み、ご存知ですか?

 

月刊ポピーの「幼児ポピー」や「小学ポピー」「中学ポピー」を申し込む前に ”ポピーの仕組み” を知っていると、もっと安く契約することができます。

 

こう書くとブラックな裏技があるの?!と思うかもしれませんが、そうではなくちゃんとした正規申し込みなのでご安心ください。

 

実はポピーの申し込みは、「公式サイトで申し込む」「ポピー代理店で申し込む」と窓口が複数あります。

 

この記事では「ポピーの仕組み」「公式サイトのメリット・デメリット」「代理店のメリット・デメリット」をご紹介します。

 

各家庭で求めるものがちがうと思いますので「公式サイトがいいか?代理店がいいか?」はこの記事を読んで判断してください。

 

ちなみに、幼児ポピーは月額980円と他社の半額以下なのに、内容がとても充実していてオススメの学習教材です。

詳しくは下の記事に書いているので幼児ポピーを検討中の方は合わせて読んでいただけるとうれしいです。

*今すぐ月刊ポピーの公式ページを見てみる!

月刊ポピーの教材配達・料金の仕組み

月刊ポピーの制作・出版は「新学社」がやってますが、配送や顧客対応は主に「代理店」がやっています

カンタンに言うと、新学社はポピーを作るだけ。営業活動や顧客対応は代理店がメインです。

 

そして代理店は、代理店独自のサービスをポピー会員に提供することができます

 

なので、

    あなたがどこでポピーを申し込むかによってサービスが微妙に異なってきます。

 

たとえば、ポピー代理店で有名な「さんけん社」で申し込むと、公式サイトには無い「12ヶ月一括払いで割引」「お試し購読」など、さんけん社独自のサービスがあります。

 

ということで「公式サイト」と「代理店」それぞれのメリット・デメリット。どちらで申し込んだらいいかを次から説明していきます。

どちらがいいかは一概には言えず、個々の事情や求めるものによって変わります。

 

なので、続きをじっくり読んで各家庭にあった選択をしてくださいね!!!

*月刊ポピーの公式ページを見てみる

公式サイトのメリット・デメリット

幼児ポピーを公式サイトから申し込むと、お住いの地区の支部から教材が届きます。

支部もポピー代理店。支部ごとに独自サービス・イベントがある

支部はポピーが直接運営しているのでなく、「代理店」です。

 

それぞれの支部で独自サービスをやっており、例えば、近くの会館でポピー会員を集めてお勉強会(ポピー教室)を開いたり、定期試験英検対策などをやっているところもあります。

また無料イベントだけでなく、有料で学習塾と同等のサービスを提供している支部もあるようです。

 

支部のサービスは支部ごとによって異り、お住いの地域(=支部)によって公式サイトで申し込んでも受けられるサービスがちがってきます。

教育モニターによる手渡しでポピーを届けている支部も

支部によってはポピーをポスト投函ではなく、教育モニターが自宅に直接届けにくるところもあります。(我が家がそうです)

教育モニターはポピーを届けるだけでなく、身近な相談役として子育てや学習の悩みを聞いてくれます。

モニターさんと関わりができることで地域情報が入ったり相談できたりする反面、そういった関わりがわずらわしかったり、退会しづらいという側面もあるかもしれません。

自分の地域の支部の調べ方

ポピーの支部一覧は公開されてません。お住いの地域名でネット検索して支部を探してみるといいでしょう。

支部のページを見れば、ある程度その支部のイベントやサービスがわかります。直接支部に問い合わせてイベントなどの情報を聞くのもいいかもしれません。

公式サイトで申し込んだ場合のメリット・デメリット(まとめ)

ポピー公式サイトで申し込むと、自動的にその地域の支部が教材のお届けや顧客応対の窓口になります。

メリットは、

  • 教育モニターとの関わりで地域情報を得られる
  • その地域でやっているポピーのイベントに参加できる

デメリットは、

  • 教育モニターとの関わりがわずらわしい人には不向き
  • 手渡しの支部の場合、ポピーを受け取るために在宅していないといけない

ポピー支部は地域に根ざし、ポピーの配達・教育相談・母親セミナー・ポピー教室など、きめ細やかな家庭教育への支援を行なっています。

こういった取り組みに賛同できる方、少しでも地域と深く関わりたい方には公式サイトで申し込むといいと思います。

*ポピー公式サイトはこちら↓
月刊ポピーの公式ページを見てみる

代理店(さんけん社)のメリット・デメリット

上で書いたとおり、公式サイトで申し込んだ場合に教材を届けてくれる「支部」も代理店の一種です。

支部が地域の会員に対してポピーを提供しているのに対し、全国にポピーを提供してる代理店があります。

 

全国対応の代理店でいちばん有名なのが「さんけん社」

 

「さんけん社」では独自サービスとして、「12ヶ月一括払いによる割引」「お試し購読」があります。

代理店で申し込むいちばんのメリットは「一括払い割引」

たとえば「幼児ポピー」の定価は月額980円です公式サイトで申し込むとこの料金が適用になります。

しかし「さんけん社」では1年分を一括払いすると、なんと、毎月50円も安くなり「月額930円」に!!!

同様に小学ポピー、中学ポピーも一括払いにすると安くなります。

クレジットカード払いができる

「さんけん社」の場合は、クレジットカード払いも可能です。

我が家は公式サイトで申し込み、支部のモニターの方が直接届けてくださるので教材と引き換えの「現金払い」です。わたし的には現金払いがわずらわしいので、クレジットカードが選べるのは魅力的だと感じます。

お試し購読(有料)ができる

定期購読する前にサンプルを見たい場合、公式サイトだと「無料見本」しかありません。

無料見本は本誌を抜粋した簡易なものなので、無料見本だけでは「毎月続けられるか?」「自分の子に合っているか?」ちょっと不安が残るかもしれません。

そこで「さんけん社」では、「お試し購読」といって「数ヶ月だけとりあえずやってみる」ことができます。

 

何ヶ月試すかは自由に決められ1ヶ月だけでもOK!

「時間がある夏休みに1ヶ月試してみる」「無料見本だけでは分からなかったので本誌を見たい」なんて方にはとてもオススメの制度です。

イベントはなく、お届けもポスト投函

「さんけん社」には支部の教育モニターのようなサービスはなく、教材のお届けもポスト投函(メール便や宅配便)になるようです。

また、地域に根ざしたイベントやポピー教室もありません。

代理店(さんけん社)で申し込んだ場合のメリット・デメリット(まとめ)

「さんけん社」で申し込むと、教材はポスト投函で地域に根ざしたつながりやイベントはない。

つまり、ベネッセのこどもチャレンジに近い感じになりますね

メリットは、

  • 一括払いによる割引がある
  • 決済方法が選べる
  • お試し購読ができる

デメリットは

  • 地域の教育モニターとの関わりが無い
  • ポピー教室などのイベントが無い

教材を郵便ポストにいれておいてもらえればいい。

それ以上の関わりは不要、とにかく安く!という人には「さんけん社」が合っているでしょう。

 

*ポピーを「さんけん社」で申し込むにはこちら↓
おトクな料金で「教材ポピー」を申し込むなら「さんけん社」

まとめ。けっきょくどちらがオトク?

いかがでしたか?

 

このポピーの仕組み、あまり知られていないと思います。

実はわたしもこのことは何も知らず、なんの迷いもなく公式サイトから申し込みました。

 

結果的には、ポピー教室にも参加できたし公式サイトで申し込んで後悔はしてません(^^)

 

「公式サイト」「代理店(さんけん社)」

どちらで申し込んでも届く教材は同じもので定価自体は変わりません。

 

ポピー検討中の方は、まずお住いの地域に支部があるか確認し、支部独自のサービスを調べてみるといいと思います。

 

支部で積極的にイベントや独自サービスをやっていて、それにメリットを感じる方は迷わず公式サイトで申し込むのがいいでしょう。

 

一方、「地域イベントは不要」「支部の教育モニターとの関わりがわずらわしい」「一括払い割引希望」「お試し購読したい」「クレジットカード払いしたい」、そんな人はさんけん社がオススメです。

 

月刊ポピーはとてもオススメの学習教材です。

まだ無料見本を申し込んだことがない人は、まず無料見本を手にとってみてください!

実際に中身を見れば、すごくコストパフォーマンスがいいこと、子どもが夢中になることが実感できると思います。

 

無料見本の申し込みはこちら↓

 

この記事が月刊ポピー検討中の方にお役に立てたら幸いです。

 





合わせて読みたい!

【4社比較】幼児教材おすすめはコレ。子どもと遊ぶのが苦手なママこそ通信教育!

adsense

スポンサーリンク

関連記事(adsense)


【人気記事】

-幼児教育

ちあふるまざーのオススメ記事☆

クリスマス プリキュア 1
クリスマスプレゼントにプリキュア!「長く使える」おすすめグッズ6選

今年も残すところ3ヶ月をきり、そろそろクリスマスが気になる時期。   ...

2
【4社比較】幼児教材おすすめはコレ。子どもと遊ぶのが苦手なママこそ通信教育!

我が家では「ひらがな」や「かず」のお勉強に「幼児ポピー」をとっています。 幼児ポ ...

母乳育児 母乳不足 3
母乳がにじむ程度から【完母】になるまでにやった6つのこと|母乳不足解消方法

母乳が全然でない・・・・ おっぱい足りてなさそうだな・・・   ”母乳 ...