Cheerful Mother!

札幌で育児まっただなかの元気ママがおすすめする 便利グッズ・お出かけ情報

旅行

3連休の大混雑ディズニーランドを子連れでまったり楽しみました

IMG_0025大人も子どもも夢の世界にトリップできるディズニーランド。

子どもに生のミッキーを見せたくて、小さな子どもを連れて行く家庭も多いでしょう。

 

でも、気になるのがその混雑ぶり。

最近では平日でも慢性的に混んでいて、アトラクションは60分待ちは当たり前の印象です。(昔は平日だとほとんどが20分待ちぐらいで乗れた気がするんですけどね・・・)

 

大人だけで行ってもかなりの体力と忍耐が必要なのに、小さな子どもを連れてほんとうに楽しめるの?と不安で踏み出せない人も多いのではないでしょうか。

 

私も大きな不安を抱えながら、それでも自分自身がディズニーランドに行きたいというのもあって、春休みの3連休という大混雑が予想される日に、1歳ともうすぐ3歳になる2人の子どもを連れて家族4人でディズニーランドに突撃。

 

そして、、、思っていた以上に楽しめました。

 

ということで我が家のディズニーランド レポです。

事前準備

私自身はディズニーランドには何度も行ったことがあり、また、上の子を産んでからも10ヶ月のときと2歳前のときと、2回ほど子連れで行ったことがあります。

ただ、今回は下の子も増えたので、これまでの経験も踏まえて以下を準備していきました。

食料・おやつ・飲み物

ディズニーランド内でもペットボトルのドリンクや、おやつ、フードを調達することはできますが、売り場を見つけるのに時間がかかったり、行列ができてたりで、欲しいと思ってもすぐに手に入れられないことが多いです。

子連れだと、食料を手に入れるのに30分もかかるのってかなり酷ですよね・・・。子どもはそんなに待てないですから・・・。

ということで、ぐずったときや、お腹すいた〜攻撃のために、あらかじめ食料やおやつ、飲み物は調達してから中に入りました。

ベビーカー

自宅から下の子用にベビーカーを1台持って行き、さらに上の子用にもベビーカーを借り、2台体制で臨みました。

ディズニーランドに入ってすぐのところでベビーカーを借りられるので、必要な人は借りましょう。(レンタル代は1日1000円でした)

子どもが乗らなくても、荷物をかけたりできるので便利です。アトラクション乗り場やレストラン等には必ずベビーカー置き場があるし、ランド内はバリアフリーなので問題ないです。

 

ただ、ちょっと不便なのはお土産やさんなどで混んでいると邪魔かな・・・っていうぐらいでした。

 

長時間滞在するとなるとお昼寝する子も多いと思うので、小さい子を連れて行くならあったほうが絶対に便利だと思います。

夕飯の準備

我が家は夕方には帰ると決めていたので、あらかじめ夕飯の準備をしていきました。

帰る時間にもよりますが、大人だけなら外食して帰れば済むものの、子どもは帰るころにはクタクタで廃人となっているので外食するのも大変。家に帰ってすぐに食べれるように準備していきました。

まずはスーパードゥーパー・ジャンピンタイム

IMG_0037

9時過ぎに到着した我が家。

まずはスーパードゥーパー・ジャンピンタイムの1回目(10時開始)に向かいました。

 

これは、ミッキーやミニーが出てくる小さい子向けのショーなのですが、鑑賞エリア内では子どもたちは立ちながら鑑賞することができ、最後にはキャラクターたちがエリア内に降りてきて触れ合いながら一緒に踊れるという、かなりかなりスペシャルなショーです。

 

ミッキー、ミニー、チップ、デール、ドナルドと触れ合いながら一緒に踊れるなんて、ランド内でもかなりプレミア度の高いアトラクションだと思います。

 

ただ、触れ合えるのは子どもだけで、残念ながら大人は参加できませんが。。。

 

で、のんびりやの我が家は10時開始のところ、9時半ごろに会場に到着。すでに鑑賞エリアは満員のため入れませんでした。1時間前には並ばないとダメっぽいですね・・・。

プラザパビリオン・レストランで鑑賞することに

鑑賞エリアに入れなかった我が家。立ち見するしかないかなぁと思っていたのですが、ステージの真後ろにはプラザパビリオンレストランが。

 

レストランにはテラス席があり、テラスの一番ステージ寄りの席なら絶好の眺めなのでは?!と気付きました。

 

レストランの開店時間はショー開始と同じ10時。

 

いちかばちかの賭けで、レストランに並んでみました。

 

といっても、レストランに並んでいたお客さんは誰もいなかったのですが・・・。

 

で、レストランの開店とともにドリンクを注文してテラス席を確保し、写真のような眺めでショーを見ました。

 

子どもでも椅子に座ってショーが観れるぐらいで、じゅうぶんに楽しめました。多分、立ち見で見るよりは、こっちの方が絶対に良いと思います。

 

ということで、この作戦おすすめです(笑)

 

ただ、初回の10時のショーなら、レストラン開店前に並べばほぼ確実に良い席が取れますが、それ以降のショーだとレストランも混んでくるので席を選ぶのが難しく、この作戦は実行できないと思います。

ランチは予約して、リロのルアウ&ファン

IMG_0021

スーパードゥーパーのショーの後は、シンデレラ城の前で写真を撮ったり、お土産物屋さんをのぞいたりとまったり楽しみました。

 

そして、この日のハイライトは「リロのルアウ&ファン」。

 

満席でも、前日にキャンセルが出て予約できるかも?!

我が家は天気なども気にしているので、ディズニーランドに行く日は直前に決めます。

 

なので、事前予約の必要なランチショーやディナーショーは満席で無理・・・と諦めていたのですが、たまたま前日にサイトを見てみたら空きがあったのです。

 

おそらくキャンセルが出たんでしょうね。

前日の21時まではキャンセル料がかからないようなので、前日にキャンセルする人もいるようです。満席で予約できなかった人は、前日にもう一度確認してみるとラッキーが起きるかもしれませんよ。

B席でも大満足!

S席・A席・B席の3種類があるなか、取れたのはB席。

 

前にS席のディナーショーに行ったことがあったので、それよりもグレードが落ちるのは覚悟していたのですが・・・。

 

意外にも、十分に楽しめました。

 

というか、これなら、これからはB席にしよう!って思えるぐらい十分なクオリティでした。

 

B席からの眺めはこんな感じ。ステージを斜め横から見るのですが、1段高いところからなのでとても観やすくて、我が家にはこれでも十分でした。

IMG_0029

 

食事内容

キャラクターがまわってきたり、子どもにご飯を食べさせたりと、ゆっくり食事するというわけにはいかず、写真もだいぶ撮り忘れてしまったのですが、一部食事内容をご紹介します。

 

な、な、な、なんと、ソフトドリンク飲み放題!ドリンクメニューはこちらです。

IMG_0023

 

前菜はこちら。メインは鶏もものソテーでした(写真撮り忘れ・・・)。

IMG_0022

 

 

デザートもつきます!スティッチのチョコがかわいかった〜。

IMG_0035

 

お子様メニューは、ビーフシチュー。

IMG_0032

 

子どもが喜ぶ、ミッキーのゆで卵つき。

IMG_0034

キャラクター全員がテーブルに挨拶に来て、写真が撮れる!

このランチショー、最大の魅力は、全キャラクターがテーブルに回ってきてくれ、ゆっくりと写真が撮れること!

 

ミッキー、ミニー、チップ、デール、リロ、スティッチの6人が順番に来てくれました。

 

カメラ必須です。会場内が暗めなので、できれば一眼レフなどの高機能のカメラで、ISO感度をあげて・・・と設定をバッチリ整えて、キャラクターがくるのを待つといいですよ。

コストパフォーマンスはかなり良いと思います

このランチショー、いくらだと思います?!

 

今回、大人2人と子どものランチ1人分で、合計10,800円でした(B席)。

 

ドリンク飲み放題で、全キャラクターが来てくれてゆっくり写真が撮れて、そしてゆったりと食べながら飲みながらショーが観れる。

 

しかも予約制なので待ち時間なし!!!

 

たったの10,800円でこのパフォーマンスって、かなりお得だと思いました。

 

これは絶対に絶対にオススメです。

 

子どもに、生ミッキーとハグして写真を撮るっていう体験をさせてあげられます。

ショータイムには、ステージに上がってキャラクターたちとフラダンスも踊れます。

 

本当にたのしいひとときでした。

 

もうすぐ3歳の娘は、「明日もディズニーランド行く〜」って笑顔で言ってました・・・(笑)

子連れでもディズニーランドは楽しめる!

ランチショーが終わるとちょうど昼のパレードが始まるところだったので、遠くからパレードを観察。

パレードを見終えて、帰路に向かいました。

 

けっきょく、乗り物はひとつも乗りませんでした(笑)

 

今回はランチショーを前日に予約できるという幸運に恵まれたのもあって、乗り物に乗らなくても十分に楽しめました。

 

でも、ランチショーが無かったら・・・たぶんここまで楽しめなかったんじゃないかなぁ。

 

ということで、子連れで行くならすいている日に行ってアトラクションを楽しむか、お金はかかるけどランチショーなどを予約してのんびり楽しむか、というのが大人も子どももストレスなく楽しめるのではないでしょうか?

 

 

子連れだと、大人だけで行く時のように、行列に並んだり、パレードが始まるまで長時間待ったり・・・っていうのが難しいですよね。

 

欲張らずに、でも、楽しもう!っていう気持ちを忘れずに、

焦らずにのんびり楽しみに行くのが、笑顔で帰ってこれる秘訣だと思いました。

スポンサーリンク

関連記事


【あなたへのオススメ記事(*^^*)】

-旅行