Cheerful Mother!

札幌で育児まっただなかの元気ママがおすすめする 便利グッズ・お出かけ情報

メディア・IT・ネット

使える時間とアプリを決めて 子どものiPhoneやりすぎ・イタズラを防ぐ方法

はじめに

子どもに少しの間おとなしくしてもらいたい時、iPhoneの動画やゲームで遊ばせておきたいことってあると思います。

しかし一度遊ばせたが最後。
なかなか返してくれない、iPhoneで遊びたいと何度もせがまれる・・・という困ったことにもなりがちですね。

また、大事な写真やデータを削除されたり、他のアプリを起動してイタズラしないかハラハラします。

そんなiPhoneのやりすぎやイタズラを防げる「アクセスガイド」という便利な機能をご紹介します。

この機能を活用すれば、使える時間とアプリを決めて子どもに遊ばせることができ、節度を持ってiPhoneを育児に活用することができますよ!

アクセスガイドとは?

アクセスガイドとはiOSの機能の1つで、いま起動しているアプリしか使えないようにする機能です。

アクセスガイドをオンにすると、ホームボタンが無効となり、ホーム画面に戻ることができず他のアプリが起動できなくなります。

たとえば、あるゲームアプリで遊ばせたい時、そのゲームアプリを起動してアクセスガイドをオンにすると、その他のアプリを勝手に起動することができなくなるのです。

その際、アプリの使用時間を制限することもできるので、「5分だけこのゲームアプリで遊ばせる」といった使わせ方ができるようになります。

アクセスガイドの基本設定

「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「アクセスガイド」でアクセスガイドをオンにします。

また、同画面にある「パスコードの設定」>「アクセスガイドのパスコードを設定」で4桁のパスコードを設定します。

これで基本設定は終わりです。

アクセスガイドをオンにする

ゲームや動画など子どもに使わせるアプリを起動し、ホームボタンを3回連打(トリプルクリック)します。

アクセスガイド上の画面が出たら、右上の「開始」を押すと「アクセスガイドが開始されました」と表示され機能がオンになります。

これでホームボタンが無効になり、他のアプリを起動できなくなります。

使用時間を制限する方法

さらに使用時間を制限することができます。

アクセスガイドをオンにしている状態でトリプルクリック。4桁のパスコード入力を求められるので、基本設定で決めたものを入力します。

画面左下の「オプション」を押し、「時間制限」をオンにし使用時間を決めます。

アクセスガイド 時間制限

写真3

時間をセットしたら右上の「再開」を押すと、アクセスガイドが再開されカウントダウンが始まります。

写真4

時間がくると「制限時間が終了しました」と表示されアプリが操作できなくなります。ホームボタンも無効の状態なのでこの状態では何もできません。

写真5

アクセスガイドを解除する

子どもがiPhoneを使い終えたらアクセスガイドを解除して、いつもの状態に戻しましょう。

トリプルクリックをしパスコードを入力。

左上の「終了」を押すと解除できます。

おわりに

節度をもって使うことができればとっても便利なiPhone。
賢く使ってママも子どももストレスためずにiPhoneで遊ぶ/遊ばせることができるといいですね!

adsense

スポンサーリンク

関連記事


【あなたへのオススメ記事(*^^*)】

-メディア・IT・ネット