Cheerful Mother!

札幌で育児まっただなかの元気ママがおすすめする 便利グッズ・お出かけ情報

妊娠・出産 日赤医療センター(広尾)

フリースタイル出産しました!日赤医療センター 第二子出産レポートブログ

2015/09/28

日赤医療センター

先日第二子を出産しました。
病院は2年前の第一子出産でもお世話になった、広尾にある日赤医療センター。

2度目で、間もあまりあいていないので、病院の方針や妊婦検診・入院生活・設備については前回とほとんど変わってなく、勝手がわかっていたので安心して出産に臨めました。

スポンサーリンク

陣痛〜入院まで

その日は朝から10分間隔で痛みがきていました。

でも、まだまだ全然耐えられるレベル。出産にはほど遠い感じ。

ただ、前日の検診で子宮口もかなり開き、赤ちゃんもだいぶ下がっているので何かあったら早めに来院するよう言われていた私。病院に行くか迷うレベルの痛みでしたが、念のため病院にむかうことに。
万が一このままお産になったら体力が必要だと思い、昼食をしっかり食べ、上の子と夫は自宅待機をしてもらい、1人でタクシーで行きました。

病院到着後、分娩室エリアにある診察室に通されて尿検査、血圧、検温。そのあとNSTで陣痛と赤ちゃんの様子をモニター。

1時間ぐらいモニターしたところ、まだ前駆陣痛レベルなので一旦帰宅したほうがいいか、入院したほうがいいか、微妙なトコロと助産師さん2名が悩んでいました。

しかし、内診をすると前日の検診時よりもさらに開き、赤ちゃんも一段と下がっていたので、帰宅は危険とドクターに診断され入院することに。

ここまでは10分間隔で痛みも強かったり弱かったりと、不規則な感じだったのですが・・・。

お部屋を準備してくるねと待たされている間に突然5分間隔の強い陣痛に襲われ、戻ってきた助産師さんも様子が急変した私を見てびっくり!

けっきょく用意してくれた部屋には行かず分娩室に直行となりました。

フリースタイル出産!会陰切開なし!!姿勢は四つん這い!!!

日赤はフリースタイル出産といって、ママが好きな体勢で産むことができます。

分娩台で仰向けになって産むのと比べると母体や胎児に負担が少なく、より自然に出産できると言われています。

第一子の時、フリースタイルに興味はあったのですが、なにせ初産でいきみ方が下手だったためフリースタイルどころではなく仰向けで出産した私。

前回のことがあったので、今回も仰向けだろうな〜と漠然と思っていました。

ところが・・・。

私は陣痛の痛みが腰にくるのですが、「腰が痛いなら四つん這いがラクだよ」と助産師さんが分娩台の上にバランスボールを持ってきてくれ、そのボールの上に四つん這いでおおいかぶさって痛みを逃すことに。

すると、「じゃあこのまま四つん這いで産んじゃおうか!」と助産師さん。

「え?もういきんでいいの??早くない?!」

「っていうか、四つん這いで産むってどうやって???」

一瞬、仰向けで産みたいですって申し出ようか迷いましたが、とりあえず助産師さんの言う通りにやってみよう。ダメそうなら仰向けに変えてもらおうと思い、助産師さんの指示のもと何度かいきんでみました。

そのうちコツをつかみ、自分でも赤ちゃんがおりてくるのが分かるぐらいに力強くいきめるように。

最後は自分の股の下に赤ちゃんがズルっと出て来ました。

まさに「産み落とした」ってやつです。

赤ちゃんが4キロ近いビッグベビーだったのですが、強い陣痛から2時間というスピードで、ほぼ無傷で産めたのは、四つん這いだったからだと思います。

会陰切開も前回はしましたが、今回はしないで済みました!

重力の方向に力をいれればいいのでいきみやすいし、赤ちゃんも重力の力を借りることができるので降りてきやすいのかな?

それに、無理な姿勢でないので(仰向けに比べると)傷もできにくいんだと思います。

後日、お産を担当してくれた助産師さんが、「赤ちゃんが大きかったので仰向けだったらもっと時間かかってたと思うよ〜」と言っていました。

あのとき、素直に助産師さんの指示に従って良かったな、やっぱりプロってすごいな・・・と心の底から安堵しました。

大病院だとどうしても画一的なオペレーションになりがちなイメージですが、日赤はかなりの分娩数がある大病院にもかかわらずフリースタイルを実施しているところをみると、スタッフ数やスタッフレベルにとても余裕のある病院なんだろうなぁと感じました。

フリースタイルというとまだまだ助産院や自宅出産が一般的ですが、最近では病院でも取り入れているところがあるようなので、興味のある方は産院を選ぶときに確認してみるといいと思います。

部屋

日赤 出産

今回も追加料金なしの4人部屋にしました。

前回は通路側でしたが、今回はラッキーなことに窓側でした。

当たりまえですが窓側も通路側も広さは同じ。

ただ、窓のところに荷物を置けるし、カーテンを開けると渋谷方面の景色が広がって見え日当たりもとても良く、開放感があって、通路側にくらべてかなり広く感じました。

収納棚の前に赤ちゃんのコットをおき、反対側のベッドサイドにTV&冷蔵庫、椅子が一脚。

また、ドーナッツクッションと授乳クッションも各ベッドに置いてあります。

ちなみに、今回はほぼ無傷だったので出産後すぐからドーナッツクッションなしで座ることができました。

こちらがベッドからの眺望です。渋谷のヒカリエやセルリアンタワーが見えました。

日赤 出産

TVと冷蔵庫は有料

日赤 出産

ベッド横にあるTVと冷蔵庫は有料です。

TV&冷蔵庫共通のプリペイドカード(1枚1000円)を買い、カードを差し込むと使用できます。

5日間の入院で冷蔵庫はずっと使いっぱなし、TVは毎朝15分間NHKの朝ドラを視聴しましたが、カード1枚でギリギリ足りました。


長くなったので食事や入院生活、出産費用については次の記事で!

スポンサーリンク

関連記事


【あなたへのオススメ記事(*^^*)】

-妊娠・出産, 日赤医療センター(広尾)