Cheerful Mother!

札幌で育児まっただなかの元気ママがおすすめする 便利グッズ・お出かけ情報

教育・勉強

【幼児ポピーを口コミ】月刊ポピーで勉強習慣が身につき「勉強好き」な子になりました

2017/08/21

幼児ドリル 月刊ポピー

幼児の家庭学習、教材選びに悩みませんか?

幼児ポピーは月額たった980円という安さで、非常に質が高いとてもオススメの教材です。ポピーだけで「数字」「ひらがな」「めいろ」「はさみ&のり」から「勉強習慣の確立」「親子のふれあい」をカバー。

 

小学校前の学習ではベネッセ「こどもちゃれんじ」や「くもん」が有名だと思いますが、わたしとしてはシンプルだけど必要なことは網羅されている「幼児ポピー」を断然おすすめします!

 

我が家はポピーを始めてから学習習慣が身につき、子どもから「いまポピーやりたい!」「今日もポピーやらなきゃ!」と言うようになりました。

 

忙しくて子どもの勉強をみる時間がなく、通信教育に抵抗がある人もご安心ください。

 

幼児ポピーのモットーは「10分よりそい、子どもにはたのしい勉強を」。毎日たった10分でいいので子どもによりそい、ポピーを通じて親子のふれあい時間を作ることが最大の狙いです。

 

たった10分でも子どもによりそいポピーを続けていると「勉強の楽しさ」を感じてもらえ、習慣化することができるんですよね。

 

ぶっちゃけ、我が子に勉強を教えるのってイライラすると思うんです(笑)でも、10分だったら意外となんとかなりますよ。

 

ちなみに、あのプロゴルファーの石川遼選手も小中学校時代に月刊ポピーをやっていたとか!!!

 

ということで、今日は「ポピーの内容」「他教材と比較してポピーが優れている理由」をご紹介します。幼児学習の教材選びにお悩みの方は、ぜひ最後まで読んでみて参考にしてください!

 

*いますぐポピー詳細を知りたい方はこちらをクリック↓
2歳~年長さんまで対応の家庭学習教材【月刊ポピー】。今なら無料見本プレゼント

(写真:月刊ポピー 年少向け「きいどり」4月号)

幼児ポピー「ポピっこ」 基本情報

ポピーは毎月自宅に届く月刊の家庭学習教材です。同様のサービスだと、ベネッセのこどもちゃれんじやドラゼミなどがありますね。

 

びっくりしたのが教材は郵送(ポスト投函)でなく、地域ごとに「教育モニター」と呼ばれる配達担当者がいて直接自宅に届けてくれます。

教育モニターは先輩ママであることが多いようで、わたしのところは中学生と小学生のお子さんがいるママさんが毎月届けてくれます。同じ地域に住んでいるため、ポピーのことに限らず小学校や中学校情報なども気軽に聞いてくださいねと言ってくださり、近所にママ友がいないわたしにはとても心強いです。

 

また、教育モニターの方が学び方教室やイベントなどを主催。先日「ポピー教室」というイベントに行ってきましたが、近所でポピーをやっている子たちが集まり、とても刺激になりました!(→イベント「ポピー教室」の記事はこちら

 

地域社会のつながりが薄くなったいま、近所に知り合いもいなく孤独なママさんも少なくないと思うのでこのような仕組みはいいなぁと実感してます。

 

*いますぐポピー詳細を知りたい方はこちらをクリック↓
2歳~年長さんまで対応の家庭学習教材【月刊ポピー】。今なら無料見本プレゼント

ポピーのいいところ・口コミ

余計なおもちゃが付いてなくシンプル

ポピーにはおもちゃがなく「教材」のみ。一時期ベネッセのこどもちゃれんじもやっていたのですが、こまごましたおもちゃがドンドン溜まっていき扱いに困っていました。

その点、ポピーは余計なものが一切なくワークブックのみです。このワークブックに必要なことがきっちりつまっています。シンプルで無駄がなく、その分コストも抑えられている点がとても気に入ってます。

ポピー1冊で「数字」「ひらがな」「めいろ」「ハサミ&のり」「読み物(絵本)」「季節や行事に関する内容」がつまっている

年少向け「きいどり」は66ページ。内容はこの年齢の子にとって必要な学習要素が幅広くつまっています。

市販のドリルだとそれぞれ買う必要があるので、全てのジャンルをそろえるとけっこうな金額になりますよね。その点ポピーは1冊で全てカバーされているのでこれだけでOK!バランスよくいろんなことに取り組めるのがいいところです。

ちょうどいいボリューム感

我が家ではポピーを週3日ぐらいやっています。

学習習慣をつけるには毎日やるのがベストでしょうが、土日は終日出かけてたり平日も予定がつまっていたりで我が家はこのぐらいが限界な感じです。

このペースで1ヶ月あれば終わるボリュームです。少なすぎても物足りないし、多すぎると大変で続かないし、ちょうどいい量だと感じてます。

月額980円という良心的価格!

やっぱりここがいちばんの魅力でしょう。980円でこの内容なら文句無しです。

他の幼児向け通信教育(ベネッセのこどもちゃれんじ、ドラゼミ等)はたいてい月額2000円以上します。それと比べるとポピーは半額以下なので、正直、実際にモノを見るまで不安を感じる方もいるのではないでしょうか(笑)

 

でも、ご安心ください。ポピーに関して言えば「安かろう悪かろう」ではありません。

この価格を実現できているのは、宣伝広告費をおさえ、有名キャラクターも使用せず、シンプルを追求した結果だと思います。

*いますぐポピー詳細を知りたい方はこちらをクリック↓
2歳~年長さんまで対応の家庭学習教材【月刊ポピー】。今なら無料見本プレゼント

年少向け「きいどり」の中身

こちらが4月号の中身です。4月はワークブックに加えて、「はるだより」という春の花や植物、虫などのポスター、レストランごっこ遊びが付いていました。これ以外に保護者向けの冊子が付いてきます。

幼児ドリル 月刊ポピー

 

ワークブックの目次です。「ちえ」「ことば(ひらがな)」「かず」「しぜん」など、いろんなジャンルがつまっています。

 

めいろ↓

 

線を書く練習↓

 

ひらがな↓

 

数字↓

 

ハサミで切って、のりで貼り付けるというのがすごく多いです↓

 

レストランごっこ遊び。これもハサミとのりの練習になります↓

鉛筆で書いたり、ハサミ&のりを使ったり、シールを貼ったりがバランスよくつまっています。特に、ハサミ&のりはポピーでかなり上達したと実感してます。

保護者向けサポートも充実!「親子の距離感チェック」や「教育相談」

ポピー 診断

ポピーは保護者向けのサポートも、ベネッセ等の他教材と比べてとても充実してると思います。

写真は、年少〜年長の保護者を対象にした「親子の距離感チェック」の診断結果。6月に用紙が送られてきて、保護者が設問に答えます。

設問は「子どもが話しかけてきた時に目を見て聴いてますか?」とか「親子の間で目標を決めて頑張っていることはありますか?」と言った内容に5段階で答えるものです。

回答を送ると、写真のような診断結果が後日送られてきます。

我が家の場合「学びをサポートする力」が平均を下回ってました(汗)もう少し学習面も強化しないとな・・・と気持ちが引き締まりました!

 

距離感チェックの診断以外にも、通年でいつでも子育ての悩みを相談できる「教育相談サービス」もあります。お友達の中にうまく入れない、文字に興味を示さない、園に行きたがらない、いつ頃何を教えたらいいの?など、様々な相談内容に親身に答えてくれるサポート体制が整ってますよ。

*いますぐポピー詳細を知りたい方はこちらをクリック↓
2歳~年長さんまで対応の家庭学習教材【月刊ポピー】。今なら無料見本プレゼント

幼児期の自宅学習は親子のふれあいタイム

ポピーは「勉強の習慣づくり」を目的として作られている家庭学習教材で、特に幼児ポピーでは「親子のふれあい」を大切にしています。

幼児期って子どもが一人で勝手にドリルをやってくれるわけではなく、親が隣で見てあげないといけないですよね。

我が家でも、ポピーを通して子どもとふれあう時間が生まれてます。子どもの勉強を見るのはぶっちゃけめんどうなところも多いですが、毎月教材が送られてくることで親子で一緒にお勉強することが習慣化され、とても有意義な時間になってます。

わたしは子どもと一緒に遊ぶのが苦手でついつい子どもを放ったらかして家事や自分のことをしてしまいがちなのですが、勉強をみてあげるのは思ったほど苦ではなく、ポピーが大切な親子のふれあいタイムを運んでくれました。

 

*いますぐポピー詳細を知りたい方はこちらをクリック↓
2歳~年長さんまで対応の家庭学習教材【月刊ポピー】。今なら無料見本プレゼント

まずは無料見本を取りよせてみよう!

ポピーは安くて最高にコストパフォーマンスがいいオススメの教材です。

ドリル選びに悩んでいる、ちょっとお勉強的なことも始めてみたい、そんな方はサンプルを手にとって中身を見てみてください!もちろん、年少さんだけでなく、年中、年長さん向けのもありますよ(^^)

 

いまなら無料見本プレゼントをやっているので、ぜひこの機会に申し込んでくださいね。

 

ポピー無料見本の申し込みはこちら↓

2歳~年長さんまで対応の家庭学習教材【月刊ポピー】。今なら無料見本プレゼント



adsense

スポンサーリンク

関連記事


【あなたへのオススメ記事(*^^*)】

-教育・勉強